車がすべてEV(電気自動車)になったら本当にCO2は減るの?

目安時間:約 8分

 

2040年までにイギリスやフランスが、ガソリン/ディーゼル車の販売を禁止にすると発表しました。

 

EV(電気自動車)だけにすることで、二酸化炭素(CO)の排出量を減らして、環境にやさしい社会をつくることを目的としています。

 

とはいっても、EVは電気を使って走りますが、その電気は、原子力発電所や火力発電所などで作った電気を使います。

 

火力発電所で電気を作ればCOなどが排出されてしまいますが、それでもEVのほうが環境にやさしいのでしょうか?

 

そこで、『車がすべてEVになったら、本当にCOは減るの?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 私の住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

車をすべてEVにしたら、原発(原子力発電所)を2倍に増やす必要がある

フランスやイギリスをはじめ、今、多くの国でガソリンエンジン/ディーゼルエンジンからEV(電気自動車)へシフトしつつあります。

 

EVへのシフトは環境のためなのですが、EVを走らせる電力は発電所で作った電気なので、COを減らすためには発電方法が重要になってきます。

 

・太陽光発電

・風力発電

・水力発電

 

などのような、自然の力で発電する方法なら、COや排気ガスは発生しません。

 

 

また、原子力発電は、核分裂のエネルギーを利用して発電するので、COを排出しません。(ただし、使用済み核燃料が作られたり、原発の安全性の問題があったりします)

 

そのため、COや排出ガスだけで見れば、原子力発電とEVの導入をすすめれば、大幅に減らすことができます。

 

 

2040年までにすべての車をEVにすると宣言したフランスは、原子力発電がかなり普及しています。

 

なんと発電する電力の70~80%が、原子力発電なんです。

 

フランスは、EV化ができれば、90%近くCOを減らすことができるといっているんですよ。

 

 

 

ただし、すべての車をEVにする計画には問題があります。

 

すべての車をEVにするには、原子力発電所をたくさん作る必要があるんです。

 

 

日本にある原子力発電所の発電能力は、1基あたり100万kWです。(1時間当たりの発電量は、100万kWh)

 

たとえば、1km走るのに160Wh、1時間に60km走って10kWを消費するEVがあるとします。

 

すると原発1基で動かせるEVの数は、1時間あたり10万台となります。

 

 

今、日本には約7700万台の車があります。

 

1台あたりの平均稼働時間を2.4時間とすると、1時間あたりでは770万台の車が動いていることになります。

 

原発1基で10万台/hのEVを動かす電力を作ることができるので、770万台/hの車を動かすには、77基の原発が必要になるんです。

 

 

日本で走るクルマをすべてEVにしたら、単純計算で原発が77基も必要で、(2017年9月現在で、)日本で動いている原発は42基なので、2倍近くまで増やす必要がある計算になるんです。

 

 

EVよりもハイブリッドカーのほうがCOの排出量が少ないことも

先ほど日本のクルマをすべてEVにしたら、原発を2倍に増やす必要があるとお話ししましたね。

 

けれど、近年は、原発を減らしていこうという流れなので、増やすのは現実的ではありません。

 

となると、EVを走らせる電力は、火力発電で作ることになります。

 

 

電力会社いわく、COの排出量は、

 

・石油を使った火力発電は700g/1kWh

・石炭を使った火力発電は900g/1kWh

 

となるそうです。

 

となると、先ほど例に出した1時間に60km走って10kWを消費するEVは、7~9kgのCOを出すことになります。

 

 

プリウスのCO排出量は、カタログでは60g/kmです。

 

カタログより実走行のほうが悪化することがほとんどなので、実走行なら100g/kg排出すると仮定すると、プリウスが60km走ると6kgのCOを排出することになります。

 

 

 

これまでの計算をまとめると、EVやプリウスが60km走るとCO2の排出量は、

 

●石油の火力発電のEV:7kg

●石炭の火力発電のEV:9kg

●プリウス:6kg

 

となります。

 

なんと、EVよりもプリウスのほうが、COの排出量が少ないんです。

 

あくまでも計算上の話なので、実際は違ってくることもありますが、EVよりもハイブリッドカーのほうがCOの排出量が少なくなる可能性があるんです。

 

 

全てをバランスよく進化させることが大切

計算上では、総合的に考えると、EVよりもプリウスのほうがCOの排出量が少なくなる可能性があるとお話ししました。

 

プリウスよりも燃費の悪い車の場合は、COの排出量が増えるので、EVのほうがCOの排出量が少なくなります。

 

 

けれど、これまでの計算を見ると、無理にすべての車をEVにしなくても、ハイブリッドカーなど環境にやさしいクルマ全般OKにしたほうがよさそうですよね。

 

すべての車をEVにするなら、

 

・原発以外の環境にやさしい発電システム(風力、太陽光、水力など)を増やす

・火力発電の性能を上げる

・火力発電のCOや排気ガスを減らす

 

など、発電する側をもっと環境に対応したものにしていくことが大切です。

 

 

すべての車をEVにするのではなく、車、発電方法など、すべてをバランスよく進化させるのが一番よさそうですね。

 

今後、世界的にどのような流れになっていくか、注目していきましょう。

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法
サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ