日本でダウンサイジングターボが普及しない理由は、ガソリンにある

目安時間:約 7分

グローバルな世の中になって、日本で販売されている車は、いろいろな国で売られていることも多いです。

 

ただ、日本仕様と、他の国仕様では、同じ車でもエンジン性能が違うことがあります。

 

エンジン性能が違う理由はいろいろありますが、その国で販売されているガソリンが違うことも理由のひとつなんです。

 

近年、ヨーロッパを中心に“ダウンサイジングターボ”が流行っていますが、日本ではいまいち流行りませんよね。

 

日本でダウンサイジングターボがいまいち流行らないのは、日本のガソリンが影響しているんです。

 

そこで、『日本でダウンサイジングターボが普及しない理由は、ガソリン(オクタン価)にある』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

オクタン価が低いと、ターボエンジンの一番良いところを引き出せない

今年(2017年)の夏に、新型シビックが日本で発売される予定になっています。

 

新型シビックはすでに北米で発売されていて、アメリカ仕様のシビックのエンジンスペックは、176ps/22・4kgmとなっています。

 

このエンジンは、ノーマルエンジン(ターボなしエンジン)に換算すれば、2300ccに相当する出力となっています。

 

 

実は、新型シビックのエンジンは日本で販売されいているステップワゴンにも搭載されていて、スペックは、

 

・ガソリンはレギュラー仕様

・150ps/20.7kgm

 

となっています。

 

ノーマルエンジン(ターボなしエンジン)に換算すれば、2000ccに相当する出力になってしまっているんです。

 

 

同じエンジンなのに、なぜスペックが違うのでしょうか?

 

その理由は、ガソリンの種類なんです。

 

 

日本はレギュラー仕様でないと売りにくいので、ステップワゴンのエンジンは、90オクタン(レギュラー)対応となっています。

 

一方、アメリカで販売されているガソリンは、日本でいえば95オクタンくらいです。

 

なので、アメリカで販売されているシビックは、95オクタンを前提に作られているんです。

 

※日本とアメリカ、ヨーロッパのガソリンは、こんなにも違う

輸入車の燃料はハイオク指定。理由はオクタン価の違い|車の規定値3

 

 

90オクタンと95オクタンだとあまり変わらないように感じますが、90オクタンと95オクタンだとエンジン性能はかなり違ってくるんです。

 

とくに、熱効率を追求しているダウンサイジングターボは、大きく違ってきます。

 

90オクタンだと、高負荷のときにエンジンがノッキングを起こしてしまうので、点火時期を遅らせる必要があります。

 

一方、95オクタンならノッキングしにくくなるので、エンジンの一番おいしいところ(効率がよいところ)を引き出すことができるんです。

 

ステップワゴンは、レギュラーガソリンに対応させるために、エンジン出力を150ps/20.7kgmに絞られているというわけなんです。

 

 

日本の道路状況&ガソリンを考えると、ダウンサイジングターボはメリットが小さい!?

一方、燃費に関しては、150ps仕様も176ps仕様もカタログ燃費(JC08モード燃費)に大きく差はありません。

 

なのでハイオク対応にしても、燃費だけ考えればメリットはないように感じますよね。

 

けれど、アクセルを大きく踏むような走り方をすると、ハイオク仕様は燃費が良くなるんです。

 

実用燃費で10%よくなれば、ガソリン価格が高くても、価格面でメリットが出てきます。

 

そのため、アメリカやヨーロッパで、ダウンサイジングターボが人気となっているんです。

 

 

ステップワゴンに搭載されている1500ccターボエンジンは、出力もトルクもライバル車(2000ccノンターボ)とほぼ同じ。

 

燃費は、少し負けてしまっています。

 

しかも、ダウンサイジングターボは、タービンやインタークーラー、直噴式を使うことでエンジン自体の価格が高くなってしまいます。

 

価格が高いのに、燃費がイマイチで、パワーも同じなら、2000ccノーマルエンジンを使ったほうがいいですよね。

 

ダウンサイジングターボを搭載したステップワゴンが、ライバル車に負けてしまっているのは、このような面もあるんです。

 

※ダウンサイジングターボは、ノーマルエンジンと比べて10万円くらい高くなってしまいます

ダウンサイジングターボのメリット・デメリット。燃費などがUP

 

 

日本は平均走行速度が低いので、ダウンサイジングターボエンジンにハイオクを入れて走るよりも、排気量が大きなノーマルエンジンのほうがメリット大きいです。

 

今後も平均速度が大幅にアップすることはない可能性が高いので、ダウンサイジングターボが普及するのはちょっと難しと考えられるんです。

 

ガソリンの違いは、こんなにもクルマに大きな影響があるんですね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ