ハイブリッドカーの価格分をガソリン代で取り戻すには、何km走ればいい?

エコ意識が高い人が増え、ハイブリッドカーや電気自動車など環境にやさしい車が増えています。

 

けれど、同じ車種でも、ガソリンエンジン仕様とハイブリッド仕様では、価格に差が出てきます。

 

車種によっては、100万円以上もハイブリッドの方が高い場合もあります。

 

では、どのくらいの距離を走れば、ハイブリッド分の価格を取り戻せるのでしょうか?

 

ハイブリッドカーの元を取るには、何km走ればいい?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える無料サービス

 

  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスなら、愛車を数十万円以上も高く売れる可能性があり。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

ハイブリッドとガソリンでは、同じグレードでも装備に違いがでることも

ハイブリッドカー(HV)は、ガソリン車と比べて、最低でもモーター、駆動用電池、制御機能が加わります。

 

その分、価格が高くなります。

 

10馬力以上のモーターを搭載しているハイブリッドカーは、ガソリンエンジン車に対して、少なくても20万円以上は高くなってしまいます。

 

 

ハイブリッドカーはガソリンエンジン車よりも加速が良いというメリットがありますが、価格も大切ですよね。

 

損得勘定に影響するのは、主にガソリンエンジン車との車両本体価格の差と、燃費の差です。

 

なので、ハイブリッドカーが得になるのは、

 

・車両本体価格の差が小さい

・ガソリンエンジン車との燃費差が大きい

・燃料代の価格が高い

 

ときです。

 

 

また、同じ車種で同じグレードでも、ハイブリッドとガソリンで装備が違うこともあります。

 

ハイブリッド仕様だけLEDライトを標準装備にするなど、装備を充実させることもあります

 

エコカー減税も関係してきて、ハイブリッド仕様は免税、ガソリン仕様は減税対象外の車種は、さらに価格差が小さくなります。

 

排気量が1500cc以下のハイブリッドカーは、価格差を燃料代で取り戻すのはむずかしい

1500cc以下の車種は、ガソリンエンジン仕様でも燃費競争に巻き込まれ、かなり燃費が良いです。

 

そのため、ハイブリッド仕様とガソリンエンジン仕様では、燃費差やエコカー減税額の差が小さいです。

 

この影響により、1500c以下のハイブリッドカーは、価格上昇分を燃料代で取り戻しにくいんです。

 

 

一方、排気量が1800cc以上の車種は、燃料代で差額分を取り戻しやすいです。

 

走行距離が12万km以下で取り戻せる車種も多いんです。

 

というのも、排気量が大きな車は、コンパクトカーほど燃費に関心がありません。

 

するとハイブリッド仕様とガソリン仕様の燃費差が大きくなり、燃料代で価格差分を取り戻しやすくなるんです。

 

 

さらに、エコカー減税がハイブリッド仕様は免税、ガソリンエンジン仕様は対象外となれば、総額での差がさらに小さくなります。

 

燃費数値の差とエコカー減税により、短い距離で価格差分を取り戻せるんです。

 

 

このように、1500cc以下のハイブリッドカーは燃料代で取り戻しにくく、1800cc以上の車種は取り戻しやすいです。

 

 

ハイブリッドカーとガソリンエンジン車の損益分岐点

それでは、カー雑誌『ベストカー』が特集していた、ハイブリッドカーとガソリン車の価格差を、燃料代で取り戻すための走行距離を紹介しますね。

 

走行距離は、

 

・実燃費はJC08モード燃費×0・85(カタログ燃費の85%)

・レギュラーガソリンの価格は、130円/L

・ハイブリッドカーの価格換算額は、装備の違いを補正して算出

 

から算出しています。

 

トヨタ・ヴィッツ

【ガソリン】

・グレード:1.3U

・車両価格:179万8200円

・JC08モード燃費:25.0km/L

 

 

【ハイブリッド】

・グレード:U

・車両価格:208万7640円

・JC08モード燃費:34.4km/L

 

必要な走行距離

16万km(1万km/年だと16年かかります)

 

 

装備差を補正すると、ヴィッツのガソリン車とハイブリッドカーの差は、約26万円になります。

 

価格差はそれほど大きくありませんが、ガソリン車も燃費が優れています。

 

取り戻すためには、16万kmも走る必要があります。

 

トヨタ・シエンタ

【ガソリン】

・グレード:X

・車両価格:181万6363円

・JC08モード燃費:20.2km/L

 

 

【ハイブリッド】

・グレード:X

・車両価格:222万6763円

・JC08モード燃費:27.2km/L

 

必要な走行距離

16万km(1万km/年だと16年かかります)

 

 

シエンタは、装備差を補正すると、約35万円の価格差となります。

 

けれど、ガソリン車も燃費が良いので、差額を取り戻すためには16万kmの走行が必要になってきます。

 

 

ヴィッツやシエンタのハイブリッドの価格差を燃料代で取り戻すためには、これだけの走行が必要なります。

 

価格差を取り戻すのは、なかなか難しいようですね。

 

次回も続きとして、『ハイブリッドカーの元を取るには、何km走ればいい?』についてお話ししますね。

車買取査定サービス ランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。査定額を競合させて、愛車を高く売りたい人にピッタリのサービスです。

 

楽天 無料愛車一括査定

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらうことができます。東証一部上場企業の楽天が運営しているので安心です。

 

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

・電話は1社からだけ

・査定もたった1回だけ

・お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれる

 

という、オークション形式の車買取査定サービスです。全国の5,000社以上の車屋が競って入札するので、あなたの車が高く売れる可能性大です。ただし、最低落札価格以上の入札があった場合は、必ず売る必要があります。

 

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ