都心のJPNタクシーは、ボディカラーが濃い藍色ばかりなのはなぜ?

これまでタクシーといえば、クラウンセダン、クラウンコンフォート、コンフォートの3車種が多かったです。

 

けれど、2017年10月に、トヨタ自動車は、新しいモデルのタクシー専用車「JPNタクシー」(ジャパンタクシー)を販売しました。

 

 

発売から1年経って、都心では、JPNタクシーを見る機会が増えましたが、ボディカラーは、濃い藍色(あいいろ)ばかり。

 

JPNタクシーのボディカラーは、

 

    • 深い藍色をベースとした新規開発色「深藍(こいあい)〈8Y4〉」
    • 黒色の「ブラック〈202〉」
    • 白色の「スーパーホワイトII〈040〉」

 

の3色あるのですが、なぜ、濃い藍色(あいいろ)ばかりみるのでしょうか?

 

そこで、『JPNタクシーのボディカラーは、濃い藍色(あいいろ)ばかりだけどなぜ?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

JPNタクシーのボディカラーが濃い藍色(あいいろ)ばかりなのは、トヨタの意向

JPNタクシーは、タクシー専用の車種です。

 

クラシカルな感じの外観を持つ、トールワゴン型(背の高い)となってます。

 

こちらが、JPNタクシーです。

↓↓↓

トヨタ JPNタクシー

(画像の出典:ウィキペディア

 

 

先ほどお話ししましたが、JPNタクシーのボディカラーには、

 

    • 深い藍色をベースとした新規開発色「深藍(こいあい)〈8Y4〉」
    • 黒色の「ブラック〈202〉」
    • 白色の「スーパーホワイトII〈040〉」

 

の3色がありますが、なぜか都心で見かけるのは「深藍」ばかりです。

 

なぜ、「深藍」ばかりなのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が、ハイヤータクシー協会(東京都千代田区)に調査したところ、トヨタ自動車の意向からだったんです。

 

――なぜJPNタクシーは、藍色ばかりなのでしょうか?

 

「トヨタで販売しているボディカラーが3色あり、そのなかでも『藍色』を普及させたいという要望をトヨタから受けました。ですので、東京の協会に関しては、その意向に沿って『藍色』のタクシーを導入するようにしました。このボディカラーに統一することで、新型車が浸透していることを示すアイコン(象徴)にもなると考え、東京のタクシー会社各社にも協力をお願いした次第です」

(引用元:ベストカー)

 

このように、トヨタ自動車は「深藍(こいあい)をはやらせたい!」という考えがあり、ハイヤータクシー協会が「了解です~。じゃあ、深藍(こいあい)を導入しますね~」となったために、都心では深藍(こいあい)のJPNタクシーばかり走っているんです。

 

 

「深藍(こいあい)」は、(トヨタ自動車いわく)日本から生まれた色で、日本を代象徴する色として古くから人々の暮らしを彩っていたそうです。

 

日本の多くの人に愛され、海外からは「ジャパンブルー」と言われている伝統的な色に、おもてなしの心を表現しています。

 

「深藍(こいあい)」は、日常の利用はもちろんのこと、ビジネスや冠婚葬祭まで幅広く対応できる色でもあります。

 

日本を象徴する色であり、アイコンにもしたいという考えから、トヨタ自動車は「深藍(こいあい)」を押しているんです。

 

JPNタクシーが濃い藍色ばかりの理由

 

オリンピックが終わっても、JPNタクシーのボディカラーは、濃い藍色(あいいろ)が増える

現在、東京都心のJPNタクシーは「深藍(こいあい)」がメインとなっていますが、今後、白や黒などのボディカラーのJPNタクシーは増えるのでしょうか?

 

ハイヤータクシー協会によると、今後も深藍(濃い藍色)のJPNタクシーが増えていく予定なんです。

 

――今後、各社のグループカラーに変更されることはあるのでしょうか?

 

「現在は『藍色』のボディに、2020年開催のオリンピック・パラリンピックのロゴの組み合わせになっています。オリンピック終了後も、ロゴは変わりますが『藍色』で引き続き各社に協力をお願いしたいと考えています。導入の前段階では、各社のグループカラーにしたいというお話もありましたが、ボディカラーは統一していただき、行灯などで各社の特色を出してもらうようにしています」

(引用元:ベストカー)

 

オリンピックまでは、


・深藍(濃い藍色)

・オリンピック&パラリンピックのロゴ

・行灯はタクシー会社ごとに自由

という組み合わせ。

 

オリンピックが終わったあとも、


・深藍(濃い藍色)

・行灯はタクシー会社ごとに自由

となるようです。

 

タクシー会社としては、ボディカラーで特色を出したかったようですが、まずは、深藍で統一していくということなんです。

 

オリンピックが終わっても、濃い藍色のJPNタクシーが増える予定です

 

JPNタクシーは、オリンピックまでに1万台以上が走る予定になっている

東京都には、7月末の時点で、約3300台のJPNタクシーが納入されています。

 

東京都内には、約5~6万台のタクシーが走っていて、日中に走っているタクシーは約3万台だそうです。

 

2020年の東京オリンピックまでに1万台が納入される予定なので、オリンピックの時には、3台に1台くらいが「深藍(こいあい)」のJPNタクシーになるんです。

 

 

3分の1がJPNタクシーになったら、タクシーとそうじゃない車との区別はすぐにつくようになりそうですね。

 

一方で、これまで東京無線なら「緑&黄色」というボディカラーなので、行灯だけタクシー会社ごとに特色を出しても、いまいち会社の区別がつきにくいと私は思います。

 

オリンピックまでは、「深藍(こいあい)」で統一するとしても、オリンピックが終わった後はボディカラーは自由にしてくれたほうが、ユーザーとしてはうれしいと思うのは私だけでしょうか。

 

 

トヨタ自動車さんには、タクシー会社さんからの意見を聞いて、ぜひもう一度、JPNタクシーのボディカラーについて再検討してほしいですね。

 

オリンピックの時には、3台に1台がJPNタクシーに

 

JPNタクシーの特徴

JPNタクシーは、

 

1.お年寄りやハンデのある人の優しいタクシー

2.環境にやさしく安全なタクシー

3.東京オリンピックに向け観光振興にひと役買うための一目でわかるタクシー

 

の3つを目指して作られている、トヨタ自動車の新しいタクシーです。

 

 

JPNタクシーは、室内空間が広くとられていて、これまでタクシーとして使われてきたコンフォートと比べると、

 

・前後席間距離は+155mm

・室内高は+75mm

・フロア高ー50mm

 

となり、お客さんが快適に乗ることができる広さとなっているんです。

 

 

さらに、助手席側と運転席側の後席のドアが違うのもJPNタクシーの特徴です。

 

後席の運転席側のは普通の横開きのドアなのですが、後席の助手席側はスライドドアになっているんです。

 

左右非対称のドアになっているのは、飛び出しの危険性を考えているからなんですよ。

 

 

このように、JPNタクシーには、これまでのタクシーにはない、いろいろな工夫が取り入れられているんです。

 

詳しくは、こちらの記事をごらんください。

 

※JPNタクシーの燃費は、これまでのタクシーの約2倍くらいが目標

トヨタ新開発のタクシー専用車「JPN TAXI」は、快適&優しい車

 

JPNタクシーは、これまでのタクシーにはない工夫がいっぱい

 

まとめ

JPNタクシーのボディカラーが「深藍(こいあい)」(濃い藍色)なのは、トヨタ自動車の意向からでした。

 

タクシーを利用するユーザーとしては、ボディカラーでどの会社が分かったほうが便利ですが、とりあえずは、様子見という感じですね。

 

将来的に、白や黒のJPNタクシーは、「ラッキーカラーのタクシーだ!」となるかもしれませんね(笑)

 

 

ちなみに、タクシー業界は、たくさんの隠語が使われます。

 

タクシー業界をはじめ、車業界の隠語を知りたい人は、こちらの記事に書かれているので見てみてくださいね。

 

※タクシー業界で使われる「わかめ」ってどんな意味かしってますか?

車業界の隠語。自動車メーカーやタクシーは、どんな言葉を使っている?

 

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ