車のミッションの段数は多い方がいいの?ATは10速、MTは7速まで登場

目安時間:約 6分

車の進化は目覚ましいものがあり、毎年、新技術がどんどん発表されます。

 

ミッションも進化がすさまじく、ATは10速まで、MTも7速まで多段化が進んでいます。

 

では、ATやMTは、段数は多いほどいいのでしょうか?それとも、少ない方がいいのでしょうか?

 

『ミッションの段数は多い方がいい?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ATは、10速ATの方がいい?それとも、6速ATで十分?

車のミッションには、CVTやDCTなど、新しいタイプのものが登場しています。

 

※DCT(デュアルクラッチトランスミッション)は究極のセミオートマチックトランスミッション

車のDCTのメリット・デメリットとは?究極のAMTです

 

けれど、昔からあるATもどんどん進化しています。

 

 

近年のATは、エンジンの美味しいゾーン(回転数)を上手く使うために、7速、8速、9速と多段化が進み、10速まで登場しています。

 

すでに6速ATだと明らかに足りないんです。

 

というのも、日本のJC08モードをはじめ、世界の燃費計測モードの街中走行を想定したパターンは、60km/h以下の中心となっています。

 

すると、6速ATだと、1速から4速くらいまでしか使えず、本来は、もっと細かな変速を行って燃費を向上させたいところです。

 

それが8速ならば5速まで使え、10速ATだと6速まで使用可能になり、燃費向上ができるというわけなんです。

 

 

一方で、ATが多段化すると、シフトダウンのときにタイムラグが出てしまうというデメリットもあります。

 

トヨタの8速ATなどは、70km/hの8速で走っているときに、アクセルを思いっきり踏むと2速まで落ちるのですが、このとき、8速から2速まで直接入りません。

 

途中のギアを2回くらい経由しなくてはならず、タイムラグが発生してしまうんです。

 

 

また、エンジンとのマッチングが良く、制御が緻密にできれば、10速ATまで多段化せず、6速ATで十分という意見もあります。

 

排気量が2L以上のエンジンや、低回転から太いトルクを発生するディーゼルエンジンなら、6速ATでも気持ちの良い走りをしてくれます。

 

 

このように、ATの段数は多いほどいいという意見と、6速ATでも十分という意見があります。

 

ただ、ATの段数が多い方が、燃費が良くなりますし、高級感もありますよね。

 

9速以上のATを搭載したクルマ(日本仕様)
車種 メーカー
10速AT レクサス LC500 アイシン
9速AT レンジローバー イヴォーク ZF
メルセデスベンツ C220d

GLC

CLS 550

ダイムラー
メルセデス・マイバッハ S 550
フィアット 500X ZF
ジープ チェロキー

レネゲード

ZF

(引用元:ベストカー)

 

 

MTは、7速MTの方がいい?それとも、6速MTで十分?

ATは多段化が進んでいますが、MTは、今でも6速が一般的です。

 

MTは、マニュアルで操作するので、あまり段数が多いと使い勝手が悪いからです。

 

 

けれど、ダウンサイジングターボなどは、7速の方が良いんです。

 

最近はデュアルクラッチやシングルクラッチを用いた2ペダル式MT(セミAT)が増えている。こういったクルマには6段より7段変速の方がありがたがられるだろう。高度化したATと互角の勝負を挑むことが可能になる

 

また、小排気量車やダウンサイジングターボは、よりクロスしたギア比を設定できるから7速MTのほうが歓迎されるはずだ。クルージング時の7速は、燃費向上のオーバードライブギアとして割り切った設定にしやすい。静粛性も向上する。

(引用元:ベストカー)

 

また、7速MT車だと、特別扱いもされるので優越感にも浸れますね。

 

 

ただ、一方で、マツダの常務執行役員でSKYACTIVの生みの親である人見さんいわく、

「そんなことせんでも、エンジン側で効率のいいゾーンを広げりゃいいんですよ」

(引用元:ベストカー)

という考え方もあるんです。

 

たしかに、実際に走っていて不自由がなければ、普通のドライバーなら6速MTで十分ですよね。

 

7速MT搭載車(日本仕様)
車種 メーカー
ポルシェ 911カレラ

911カレラS

ZF
シボレー コルベット Z06 トレメック

(引用元:ベストカー)

 

 

今後、ATやMTは、どこまで多段化するのか楽しみですね。

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ