新型車の販売目標台数が数百台でも、ビジネスが成立する理由は?

目安時間:約 7分

新型車が発売されると、自動車メーカーは『月間販売目標台数』を発表します。

 

この月間販売目標台数が、3000台/月や8000台/月なら、「そうか、そこが目標なんだね」と思うくらいです。

 

けれど、これが300台/月とかだと、「大赤字じゃないんだろうか?」と感じますよね。

 

そこでカー雑誌『ベストカー』が、「新型車の月販目標台数って300台程度で成り立つものなの?」について調査していましたので紹介しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

意外と多い月間販売目標台数が数百台の新型車

月間販売目標台数が300台/月が1車種なら、たまたまその車が、特別なんだろうで済ませることも可能です。

 

ですが、意外に月間販売目標台数が数百台という新型車は多いんです。

 

例えば、2014年11月に発売された新型レジェンドは、月間販売目標台数は300台/月。さらに2014年10月に発売されたレクサスRCは、なんと月間販売目標台数はたった80台/月なんです。

 

確かに、レクサスRCは、600万円以上する高級車です。

 

けれど、それにしても80台/月で大丈夫なのでしょうか?

 

 

ちなみに、最近発売された新型車で、月間販売目標台数が1000台/月の車を以下に紹介しておきますね。

 

 

車名 月間販売目標台数 デビュー日
レクサスRC F 30台 2014年10月23日
レクサスRC 80台 2014年10月23日
WRX STI 250台 2014年8月25日
レジェンド 300台 2014年11月10日
スカイライン 400台 2013年11月11日
WRX S4 400台 2014年8月25日
ティアナ 520台 2014年1月20日

 

 

 

月間販売目標台数が数百台でもやっていける理由は3つ

通常、月数百台の販売台数では、ビジネスとして成り立ちません。ですが、実は、3つの理由から、ビジネスとして成立しているんです。

 

 

ホンダで開発責任者を歴任してきた繁浩太郎さんは、以下のように話しています。

 

少し長いですが、『ベストカー』から引用させていただきます。

メーカーにとっては月間販売目標台数も大切ですが、償却台数という言葉があります。売却台数は企画時に開発、生産、販売、それから収益などの事業計画から実販売台数の予想も含めて計画されます。もちろん収益は「+」で考えられています。ただその「+」はなにをもって「+」になるかというと、ちょっと微妙です。

 

極端な考え方をするとAという機種の単体で収益が「+」とならなくても、その商品で来店を誘引し、ほかの機種がたくさん売れれば、トータルとして「+」になるという考え方もあるので難しいです。

 

またさらに、Aという機種の償却台数を100台/月としても1年で1200台。これを10年売れば1万2000台。これくらいの販売地域が5つほどあれば、6万台になります。また、Aという機種が新機種だとしても、他機種の流用、共用部品がそのなかにあれば、そのぶん償却費用は減ります。つまり、どれくらいの地域でどの程度のスパンでどれほどの投資をして事業をするかは、カーメーカーの意思によりさまざまだということです。

 

また、月間販売目標台数でいうと、極端な例えですが1000台/月と発表しておいて、販売を開始して500/月だと、お客さんも「Aは売れてないんだ」となり、その後販売の勢いがなくなるかもしれません。それより200台/月と発表して500台/月売れれば、「予定の倍以上売れている」と発表され、お客さんは「Aは予定より売ているらしい、どんな商品なんだ?」となり、勢いがつくことも考えられるというわけ。

(引用元:ベストカー)

 

ようするに、日本だけでで見ると販売台数が少なくても、世界で販売台数が見込めるならビジネスとして成立する

 

もしくは、その車種では爆発的な販売台数が期待できなくても、注目を浴びることで、ディーラーの来店数が増え、他機種が売れればOKなので、ビジネスとして成立するということのようです。

 

 

確かに、スカイラインの国内の月間販売目標台数は400台/月ですが、インフィニティQ50として販売される北米などを合わせると、年間約5万台販売しているんです。

 

ティアナも同様で、アルティマとして販売される北米では約24万4000台も販売し、中国では約7万5000台販売しています。国内の月間販売目標台数は520台/月ですが、世界レベルで見ると、約37万台も販売しているんです。

 

これを見ると、ビジネスとして十分成り立つことが分かりますね。

 

 

また、(言葉は悪いですが)客寄せパンダとしては、日産・GT-Rやホンダ・NSXは、まさにこれに当てはまりますよね。

 

 

このように、月間販売目標台数が数百台でも、さまざまな理由から、ビジネスとして成り立っているというわけなんです。

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ