ダイハツ、スバル、三菱の2016年度の新型車情報。XVのフルモデルチェンジも

目安時間:約 6分

2016年もすでに数ヶ月が経ち、各自動車メーカーも新型車をどんどん販売しています。

 

もちろん、今後も、多くの登録車や軽自動車の新型車の発売、モデルチェンジが行われます。

 

そこで、各自動車メーカーの『2016年度の新型車情報』を紹介してます。(ニューモデル情報は、カー雑誌『ザ・マイカー』を参考にしています)

 

※2016年度は、マツダやスズキも新型車が目白押し

トヨタ・レクサスの2016年度の新型車情報。C-HRの発売も

 

日産、ホンダの2016年度の新型車情報。GT-Rの2017年モデル登場

 

マツダ・スズキの2016年度の新型車情報。新SUVのCX-4登場も

 

今回はその続きとして、ダイハツ、スバル、三菱の2016年度の新型車情報についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ダイハツ車の2016年度の新型車情報

ダイハツは、

 

・8月にムーヴコンテのフルモデルチェンジ

・11月に新型コンパクトトールワゴンの発売

・12月にミラシリーズのフルモデルチェンジ

 

が行われます。

 

 

ムーブコンテは、フルモデルチェンジによりプラットフォームなどが一新されます。

 

パワートレーンは、基本的にムーヴと同じですが、燃費が少し向上します。

 

 

新型コンパクトトールワゴンは、スズキ・ソリオの対抗モデルで、トヨタへOEM供給します。

 

 

ミラシリーズは、ミラとミライースを統合して、「新型ミラ」として商品ラインナップを強化します。

 

ボディは、次世代5ドアハッチバックを採用し、シャープな感じになります。

 

超ハイテン材を採用して100kg程度軽量化しますが、ボディ剛性は高めます。

 

もちろん、安全パッケージのスマートアシストⅡを設定した車種も設定します。

 

この新型ミラで、5ドアハッチバック1位を目指します。

 

 

スバル車の2016年度の新型車情報

スバルは、

 

・10月にBRZのマイナーチェンジ

・11月にインプレッサシリーズのフルモデルチェンジ

・2017年2月にXVのフルモデルチェンジ

 

が行われます。

 

 

BRZは、内外装のデザイン変更を行いつつ、足回りを強化を行い、ポテンシャルアップを図ります。

 

 

インプレッサシリーズは、コンセプトはそのままに、外観のデザインをシャープな感じに変更します。

 

エンジンは、5ドアハッチバックのスポーツ、4ドアセダンのG4とも、ノンターボ水平対向4気筒の1600cc&2000cc、2000ccハイブリッドの3つが用意されます。

 

 

XVは、これまでのようなインプレッサモデルの派生ではなく、完全な独立モデルとなります。

 

それにより、クロスオーバー色の強いSUV仕立てとなります。

 

パワートレーンは、2000ccのノンターボ&同ハイブリッドを搭載する予定です。

 

 

この他に、年末辺りにトレジアの後続モデルとして、ダイハツから新型コンパクトトールワゴンのOEM供給を受ける可能性があります。

 

それにより、トヨタとの共同開発モデルだった従来のトレジア(トヨタブランドではラクティス)は、年末前に生産中止となる見込みです。

 

 

三菱車の2016年度の新型車情報

三菱は、

 

・2016年は、イヤーモデルの切り替えで一部改良のみ

・2017年は、アウトランダー、RVR、パジェロ、デリカD:5、ミラージュのフルモデルチェンジ

 

が行われます。

 

一方、日産との合弁会社であるNMKVは、第3の軽自動車の開発プロジェクトが動いているようです。

 

ただ、現在、三菱とNMKVは、燃費偽装問題で大きく揺れています。

 

計画が大幅に変更される可能性も大きいので、三菱車を購入する予定の人は、こまめに情報をチェックしてください。

 

 

2016年度のダイハツ、スバル、三菱の新型車予定はこのようになっています。

 

新しい車が発売されたり、モデルチェンジが行われたりすると、ワクワクしてきますね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ