新車購入時の疑問2。どのグレードの選び方は?ディーラーに行くとき予約は必要?

目安時間:約 7分

車を購入するときは、さまざまな疑問や悩みが出てきますよね。

 

そんな疑問や悩みにお答えしていきますね。

 

今回は、

 

・リセールバリューの意味とは?

・どのグレードを選べばいいの?

・ディーラーに行くときに予約は必要?

・モデルチェンジってどういう意味?

 

についてです。

 

 

ちなみに、前回の記事(汚れや傷が目立ちにくいボディーカラーは?新車が安く変える時期はあるの?)はこちらです。

 

興味のある方は読んでみてください。

新車購入時の疑問。安く買える時期は?傷や汚れが目立たない色は?

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

リセールバリューの意味とは?

カー雑誌や新車購入に関する記事を読むと『リセールバリュー』という言葉がたびたびでてきますよね。

 

このリセールバリューの意味は、『再販価値(転売価値)』で、簡単にいえば、下取りに出した時や買取店などに売却するときの価値のことです。(数年後にどれだけの価値・価格が期待できるかという意味も)

 

 

新車は、基本的に購入した瞬間から価値が下がっていきます。

 

そして、新車価格から

 

・下降率が低いものをリセールバリューが良い

・下降率が高いものをリセールバリューが悪い

 

といいます。

 

 

車を購入するときは、自分が好きな車種やグレード、ボディカラーなどを買うのが一番です。

 

ですが、数年で乗り換えることを考えている人は、リセールバリューを考慮した車選びをするといいですよ。

 

 

ちなみに、『リセールバリュー』という言葉自体は、中古車買取大手ガリバーの登録商標なんです。

 

 

どのグレードを選べばいいの?

新車を購入するときに迷うことといえば『グレード』ですよね。

 

グレードが数種類しかなければ簡単なのですが、ものすごい数のある車種の場合は、どうしても迷ってしまいます。

 

そのような時は、自分がほしいと思っている装備を書きだし、その装備が付いているグレードを選ぶといいですよ。

 

 

ただし、300万円以下の車の場合は、最低グレードだけは避けた方がいいといわれています。

 

というのも、300万円以下の車の最低グレードは、社用車用という目的で作られているものが多いです。

 

なので、日常使いする場合だと、快適装備に難がある場合があるんです。

 

※詳しくはこちらをご覧ください

車のグレードの選び方。最低グレードは避けた方が無難

 

 

どうしてもグレード選びが迷う場合は、営業マンにアドバイスを受けてみるのもオススメです。

 

ただし、リセールバリューを考えるなら、グレードは高ければ高いほどgoodです。

 

 

ディーラーに行くときに予約は必要?

女性などディーラーに行くのに慣れていない人は、初めて行くときは敷居が高く感じますよね。

 

そのため、「ディーラーに行くときは予約が必要なのでは?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

 

 

ディーラーに初めて行くときは、予約の必要はありません。かる~い気持ちで行ってもOKです。

 

ディーラとしてもお客様が来てくれることは嬉しいことなので、ウェルカム状態で対応してくれますよ。

 

 

といっても、どうしても敷居が高いと感じる人は、土日に行くといいですよ。

 

土日はお客さんが多いので、入りやすい雰囲気になっています。

 

 

モデルチェンジってどういう意味?

モデルチェンジとは、簡単にいえば新型に変わることです。

 

 

モデルチェンジの中には、『フルモデルチェンジ』と『マイナーチェンジ』があり、

 

フルモデルチェンジ:車名はそのままで、形やメカニズムなどがほぼ完全に変わること。新車発売から4~6年目に行われることが多い

 

マイナーチェンジ:デザインや一部改良をすること。概ね新車が発売されてから2~3年目に行なわれることが多い

 

となっています。

 

 

ちなみに、今売られている車のことを『現行型』といいます。

 

また、最初に発売されたものを『初代〇〇』(〇〇は車種名)、フルモデルチェンジが行われるたびに『2代目〇〇』『3代目〇〇』…と呼ばれることもあります。

 

 

このように、車に関してさまざまな疑問が出てきますよね。

 

これからも少しずつ疑問にお答えしていきますね。

 

次回は、

 

・納車のときの注意点は?

・ディーラーに行くときに子どもを連れていっても大丈夫?

・下取り査定の前に傷や凹みは直した方がいい?

・予約購入のメリットって何?

 

についてお話しますね。

納車での注意点は?予約購入のメリットとは?新車購入時の疑問3

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ