営業マンの駐車誘導には深い意味が。商談で知ったかぶりはNG|新車販売での都市伝説3

目安時間:約 6分

新車を購入するときは、営業マンと時間をかけて商談を行います。

 

商談では、対面交渉をするため、お客によって購入条件が違ってきます。

 

そのため新車販売の世界には、いくつか“都市伝説”といえるようなものがあるんです。

 

そこで、複数回にわたり『新車販売の世界の都市伝説10個』を紹介しています。

 

今回も、続きとして、

 

・セールスマンの駐車誘導には深い意味がある

・知ったかぶりで商談を進めても好条件は獲得できない

・子供は値引きアップの重要ツールになる

・セールスマンは、奥さんを味方にしようとしてくる

 

についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、これまでに紹介した都市伝説については、こちらをご覧ください

 

※営業マンは、自分が売った車は光って見えます

新車販売の都市伝説。営業マンは売った車が分かる。商談は「夜打ち朝駆け」が効果的

 

※商談は、自分の力で行うことが好条件を引き出すコツ

商談で知人の同席は、値引き拡大には逆効果。新車販売の都市伝説2

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

セールスマンの駐車誘導には深い意味がある

ディーラーに行って駐車場に車を停めようとすると、営業マンが走ってきて誘導してくれますよね。

 

主に若手営業マンが、誘導してくれることが多いです。

 

 

この駐車誘導は、顧客満足度の向上以外にも深い意味があり、“ホット客”(近々、新車購入を予定している客)かどうかを判断しているんです。

 

すでに新車を購入したお客ではなく、新規訪問客ならば駐車誘導した車は、下取り車になるかもしれません。

 

そこで、誘導しながら車検の有効期限を確認したり、さりげなく車内を見て他のディーラーの書類の袋があるかなどを見たりして、ホット客かどうかを見極めているんですよ。

 

このように、駐車誘導は、営業マンが新規顧客を見つけるチャンスの場なんです。

 

ただ、最近の若手営業マンは、この意味を分からずにルーティンワークと思っていることもあるようです。

 

 

知ったかぶりで商談を進めても好条件は獲得できない

新車を購入するときは、商談の前に情報収集をしっかり行うことは大切です。

 

けれど、商談のときに業界用語も交えながら、“事情通”アピールを強調して、上から目線の交渉を行うのはNGです。

 

営業マンが、最も嫌がる商談のパターンなんです。

 

情報量も多く、業界の事情に詳しいこと自体はなんの問題もない、ただその活用法に問題があるようだ。「セールスマンは新車販売のプロです。そのプロの腰を折るような“知ったかぶり”で攻めるのではなく、業界事情がよくわからいような素振りをベースに、蓄積した情報を小出しに商談に織り交ぜると、セールスマンも警戒し、そのピリピリ感が値引きにも好影響を与えるようです」。

(引用元:CARトップ)

 

知ったかぶりをして上から目線で交渉するよりも、何も知らないふりをして攻める方が、好条件が出やすいということなんです。

 

 

子供は値引きアップの重要ツールになる

昔から“子供をダシに使う”といわれます。

 

新車販売の世界では、お客だけでなく営業マンも子供を“重要なセールスツール”として活用しているんです。

 

お客側としては、商談の最終段階で本命車種の値引き条件が伸び悩んでいるときに、「子供は気に入っているんだけどね…」などとセールスマンに話を振れば、最後の値引きを勝ち取る可能性は高くなります。

 

一方、セールスマンも、「お孫さんのウケもいいと喜ばれるお客様も多いです」とか、「お子様の車内での着替えも楽です」などと、子育てに優しい車とアピールしてくることも多いので、油断しないでくださいね。

 

 

セールスマンは、奥さんを味方にしようとしてくる

昔から新車販売の世界では、「まずは奥さんを落とせ」と教えられます。

 

というのも、旦那は、すでに新車を買えるという嬉しさから前のめり状態なので、問題はないからです。

 

ただ財布の紐を握っているのは奥さんのことが多く、しかも、女性は男性ほど車に思い入れがないので、単純に値段で購入の可否を判断

します。

 

さらに、納車後のメンテナンスなどで奥さんと関わることは多く、ここで良好な関係をキープできれば、次も新車を買ってくれるケースも多いからなんです。

 

そのため、商談では、奥さんがリードして進めることで値引きアップが狙えることもあります。

 

 

新車販売の世界には、このような都市伝説があります。

 

対面販売が基本だからこそ、都市伝説のようなものがたくさんあるんでしょうね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ