スバル系とマツダ系新車ディーラーの特徴&商談で大幅値引きを引き出すコツ

目安時間:約 6分

新車を購入するところといえばディーラーです。

 

ディーラーは、各自動車メーカーの看板を掲げて新車を販売しています。

 

けれどメーカーが違えば、店舗の様子や経営方針もかなり違ってきます。

 

そこでこれまでに、トヨタ系ディーラーなど各自動車メーカーごとの新車ディーラーの特徴と、商談でのポイントについてお話ししています。

 

※トヨタの新車を買うときは、同士競合をメインに

トヨタ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すポイント

 

※販売店同士を競わせる同士競合がポイントです

日産系とホンダ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すコツ

 

今回も続きとして、『スバル系ディーラーとマツダ系ディーラーの特徴と好条件を引き出すポイント』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

スバル系ディーラーは、車好きの営業マンが多い

これまでスバルといえば、車好きが集まる“マニアチックな自動車メーカー”というイメージがありました。

 

けれど、アイサイトによりマニアチックなイメージは薄まり、一般の人にも親しまれるようになってきました。

 

 

ディーラーなどの販売店の数は相変わらず少ないですが、一方で、週末になるとたくさんのお客がいて賑わっています。

 

現在、スバルは海外での販売が好調なので、納車まで時間がかかってしまうのがネックとなっています。

 

 

スバルのセールスマンは、車が大好き(とくにスバル車が好き)な人が多いので、商品知識の高さは日本メーカーでは随一です。

 

しかも、セールストークも上手いんですよ。

 

スバル系列ディーラーで、お得に新車を購入するための商談でのポイント

納車までに時間がかかるほど人気が高いスバル車ですが、時間がかかる代わりに車両本体値引きは大盤振る舞いとなっています。

 

さらに、通年でカーナビなどの用品特価キャンペーンも行われていて、値引き条件はかなり拡大しています。

 

 

値引き拡大には、キャラの似ているマツダ車とライバル車競合を行うのが効果的です。

 

 

再販ネットワークの関係から、下取り査定額はいまいちなので、車買取専門店で査定を受けてみるといいですよ。

 

また、下取り査定額アップを狙うためにも、車買取店で査定を受けるのはおすすめです。

 

※愛車を高く売りたいなら、車買取店の査定を受けることは大切です

下取り車の査定アップ法。買取と競合して価格の上乗せを狙おう

 

三か条

 

・セールスマンの商品知識は秀逸

・納期かかるけど値引きは拡大しやすい

・下取り車は買い取り店へという手も

(引用元:CARトップ)

 

 

マツダ系ディーラーは、値引きを抑えた販売を展開中

マツダ系ディーラーは、マツダ店が中心ですが、アンフィニ店やオートザム店もいまだに残っています。

 

一方で、都心部を中心に、メーカー直資系ディーラーも増えてきているんです。

 

最近では、新コンセプトの店舗(通称“黒ディーラー”)への改装が進んでいます

 

 

マツダは、かつては大幅値引きをして乱売していましたが、今はイメージを払拭するために、値引きを抑えた販売展開をしています。

 

フェアのときも紅白の横断幕もなく、品の良い店舗展開を行っています。

 

ただ、現場の営業マンいわく、「少し物足りない」という感じを受けているようです。

 

マツダ系列ディーラーで、お得に新車を購入するための商談でのポイント

メーカー直資系ディーラーと、メーカーと代理店契約を結んでいるディーラーの両方がある地域は、同士競合が可能なので、積極的に行うといいですよ。

 

けれど、メーカー直資系ディーラーだけの地域は、同士競合ができないので注意です。

 

 

マツダは、車両本体値引きが抑え気味となっている代わりに、オプション値引きや下取り査定額のアップが積極的に行われています

 

ただ、値引き交渉に消極的なケースもあり、接客対応も含めて不満の声を聞くことも。

 

セールマンの当たり外れも目立つので、注意してください。

 

外れの営業マンに当たったら、店長に言って変えてもらうか、ディーラーを変えるといいですよ。(変えた先のディーラーで、前の店舗の営業マンが悪かったといえば大丈夫です)

 

三か条

 

・メーカー直資系ディーラー勢力拡大

・車両本体値引き拡大には消極的

・セールスマンの当たりはずれが大きい

(引用元:CARトップ)

 

 

このようにディーラーは、メーカーごとに特徴が大きく違います。

 

次回は、三菱系やレクサス系ディーラーについてお話ししますね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ