新車購入時の値引き交渉は車両本体ではなくなった《商談スタイルの今昔2》

目安時間:約 4分

個人情報保護法の施行により、新車購入の商談スタイルは大きく変わりました。

 

その一つが、前回お話しした『値引き交渉をする時のライバル車との競合』でした。

 

※個人情報保護法による新車購入時のスタイルの変化と、ライバル車との競合についてはこちらをご覧ください

新車購入の交渉スタイルの今昔。競合は本命+ライバル3車

 

 

そのほかにも、新車購入時のスタイルで昔と変わった部分がありますので紹介しますね。

 

今回は、

 

・値引き交渉のメインは、車両本体ではなくなった

・無理な本体値引きを迫るお客には他店を勧めることも

 

についてです。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 私の住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

値引き交渉のメインは、車両本体ではなくなった

新車を購入するときは、ほとんどの人が車両本体の値引き交渉をしますよね。

 

このとき、粘れば粘るほど、車両本体の値引きがアップすると昔はいわれていました。

 

 

ですが、近年は、新車の価格は、車両本体価格から『メーカー希望小売価格』へ変わり、車両価格中のディーラーの利益は大幅に減ってしまいました。

 

車両価格中のディーラーの利益が減ったということは、車両の値引き余力も大幅に減ったということ。

(車両本体の値引きは、販売店の利益分から捻出されています)

 

なので、新車を購入するときは、車用本体の値引きよりも、オプション・諸費用の値引きや今乗っている車を高く売却するなどに力を入れた方がいいんです。

 

※愛車を高く売るポイントは、下取り査定の前に複数の買取店に査定を受けること

新車をお得に購入するコツ。下取りと買取査定の比較がポイント

 

 

ちなみに、一般的に、オプションは、販売価格の20%くらいまで値引き可能といわれていますよ。

 

 

無理な本体値引きを迫るお客には他店を勧めることも

バブル経済の頃のように車が売れた時代は、車両の値引きを赤字ギリギリまで行なっても、販売台数で利益をカバーできました。

 

けれど、現代のように車が売れにくい状況では、薄利多売な方法は厳しくなってきました。

 

そこで、近年では、営業マンの実績評価は、販売台数ではなく台当たりの粗利で評価するディーラーが多くなってきているんです。

 

簡単にいえば、『1台ずつ確実に利益をたくさん出している社員が優秀』という評価方法になってきているんです。

 

そのため、昔のように無理な値引きや要求をしてくるお客には、「あちらの販売店へどうぞ」という感じで暗に他店へ行くようにする営業マンも少なくないんです。

 

このようなことからも、無理に車両本体の値引きにこだわらず、オプションや今乗っている愛車を高く売却する方にも力を入れた方がいいんです。

 

 

このように、新車購入時の商談スタイルは、昔と大きく変わりました。

 

時代の流れに沿った商談を行って、お得に車を購入してくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法
サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ