2014年年間販売台数ランキング。車種別&メーカーごとに比較

2015年に入ってもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしてます。

 

そのような中、2014年の国産全車種の年間販売台数ランキングが発表されましたので紹介しますね。

 

また、2014年といえば、4月から消費税が8%に増税されましたが、その影響はどうだったのでしょうか。合わせて紹介しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える無料サービス

 

  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスなら、愛車を数十万円以上も高く売れる可能性があり。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

2014年 車種別 年間販売台数ランキング

それでは、早速、2014年の車種別年間販売台数ランキングを見てみましょう。

 

軽自動車、登録車(軽自動車以上のサイズの車のこと)を合わせたランキングとなります。

(紹介するのは、TOP25までにします)

 

【2014年 車種別 年間販売台数ランキング】

順位車名’14年累計販売台数前年比平均月販売台数前年順位
1位アクア23万3209台88.9%1万9434台
2位タント23万2692台171.5%1万9391台
3位ワゴンR17万5369台94.2%1万4614台
4位N-BOX16万4875台79.3%1万3740台
5位N-WGN14万6717台13年11月登場1万2226台83
6位スペーシア12万1086台113.0%1万0091台
7位フィットハイブリッド11万8044台172.4%9837台16
8位ムーヴ11万3015台64.8%9418台
9位ノート10万6765台72.3%8897台
10位ハスラー10万4233台14年1月登場8686台
11位ミライース10万3629台97.1%8636台10
12位プリウス10万1920台58.0%8493台
13位デイズ8万9564台113.6%7464台15
14位ヴィッツ8万9496台92.5%7458台13
15位フィット8万1775台96.5%6815台14
16位デイズルークス8万1050台14年2月登場6754台
17位セレナ7万6909台79.8%6409台12
18位ヴェゼルハイブリッド7万6601台13年12月登場6383台
19位プリウスα7万6520台73.6%6377台11
20位ヴォクシー7万1560台14年1月登場5963台27
21位アルト7万0145台102.9%5845台17
22位エクストレイル5万3736台13年12月登場4478台41
23位パッソ4万9770台73.6%4148台26
24位デミオ4万8564台14年10月FMC4047台24
25位カローラフィールダーハイブリッド4万4340台207.2%3695台53

(引用元:ベストカー)

 

 

2014年の年間販売台数ランキングは、このようになりました。

 

なんといっても注目なのが、1位のトヨタ・アクアの3年連続1位。やはり、200万円以下でハイブリッドカーが買えるということと、国産車トップタイの低燃費が人気の秘密なんでしょうね。

 

そして、もう一つ注目なのが、2位から6位まですべて軽自動車というところ。

 

とくに、スーパーハイト系の軽自動車の売れっぷりが好調で、2位のタントは、1位のアクアに匹敵する勢いのセールスでした。

 

近年は、以前にもまして軽自動車の需要が増え、新車販売台数の約40%が軽自動車を占めています。

 

この調子で、今後も軽自動車の需要は増えていくんでしょうね。

 

※軽自動車の存在感は、今後も増してくる可能性大
マイルドハイブリッドのワゴンR登場で、軽自動車も燃費競争突入

 

 

メーカー別年間販売台数の順位は変動なし。けれど…

つぎに、メーカー別の年間販売台数を見てみましょう。

 

【国産全メーカー年間販売台数】

順位メーカー’14年販売台数’13年販売台数前年比シェア
1位トヨタ153万6949台156万6873台98.1%29.4%
2位ホンダ84万8707台76万3325台111.2%16.2%
3位スズキ78万7031台70万0215台112.4%15.1%
4位ダイハツ70万8179台66万2690台106.9%13.5%
5位日産64万6971台64万3204台100.6%12.4%
6位マツダ22万4359台22万8089台98.4%4.3%
7位スバル16万9552台18万0824台93.8%3.2%
8位三菱11万9485台12万6586台94.4%2.3%
9位いすゞ7万4556台6万3264台117.8%1.4%
10位日野5万7422台4万8189台119.2%1.1%
11位三菱ふそう4万2509台3万6731台115.7%0.8%
12位UDトラック1万1072台9284台119.3%0.2%

(引用元:ベストカー)

 

 

各社の順位は前年から変化はありませんでした。

 

けれど、ホンダやスズキ、ダイハツが販売台数を伸ばしている中、1位のトヨタは、前年よりも約3万台も販売台数を減らす結果となりました。

 

ちなみに、9位以下のトラック各社は、軒並み15%以上アップという好調ぶりでした。

 

 

消費税が8%に増税された影響はどのくらいあった?

2014年4月から消費税が8%に増税されましたが、その影響はどのくらいあったのでしょうか。

 

1月~3月は駆け込み需要があったため、2014年全体の販売台数は約3%の増でした。

 

けれど、駆け込み需要が終わった後からは、やはり販売台数は落ち込んでいるんです。

 

【消費税増税前後の販売台数比較表】

2014年4~9月2013年4~9月前期比
登録乗用車130万0049台133万5646台97.3%
軽乗用車81万0912台81万8684台99.1%
乗用車計211万0961台215万4330台98.0%

(引用元:ベストカー)

 

 

このように、乗用車も軽自動車も全体としても、消費税増税によって販売台数は減少しています。

 

 

ただし、軽自動車の落ち込みは約0.9%と少なめです。増税されて家計の負担が増えたからこそ、維持費が安い軽自動車に流れていく人が増えたんでしょうね。

 

今後も、軽自動車へ乗り換えをする人は、増えていくことでしょうね。

 

2015年は、販売台数が増えるのでしょうか?それとも減るのでしょうか?また、どの車種が人気となるのでしょうか。要注目ですね。

 

 

次回は、各カテゴリー別のランキングを紹介しますね。

車のカテゴリー別2014年間販売台数ランキング。ハイブリッドカーの1位は…

車買取査定サービス ランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。査定額を競合させて、愛車を高く売りたい人にピッタリのサービスです。

 

楽天 無料愛車一括査定

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらうことができます。東証一部上場企業の楽天が運営しているので安心です。

 

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

・電話は1社からだけ

・査定もたった1回だけ

・お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれる

 

という、オークション形式の車買取査定サービスです。全国の5,000社以上の車屋が競って入札するので、あなたの車が高く売れる可能性大です。ただし、最低落札価格以上の入札があった場合は、必ず売る必要があります。

 

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ