2016年年間販売台数ランキング。車種別&メーカーごとに比較

目安時間:約 9分

2017年に入り、もうすぐ2ヶ月が過ぎようとしています。

 

そのような中、2016年の国産車全車種の年間販売台数ランキングが発表されました。

 

そこで、『2016年 年間販売台数ランキング』を紹介しますね。

 

2016年は、3年連続でトップとなっていたアクア(トヨタ)の王座が奪還され、あの人気車種が1位になりました。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

2016年 車種別の年間販売台数ランキング

国産車204車種の2016年の年間販売台数ランキングは、以下のようになりました。

 

軽自動車、登録車(軽自動車以上のサイズの車のこと)を合わせたランキングとなっています。(紹介するのは、TOP30までにしますね)

 

【2016年 車種別 年間販売台数ランキング】

順位 車名 ’16年累計販売台数 前年比 前年順位
プリウス 22万840台 1626.2% 73
アクア 16万8208台 78.0%
N-BOX 16万6074台 178.7%
タント 15万4932台 160.4%
ハスラー 8万5296台 116.6%
N-WGN 8万4670台 107.9%
スペーシア 8万1654台 118.9% 12
ワゴンR 8万49台 96.3%
シエンタ 7万8180台 223.1% 31
10 ヴィッツ 7万1909台 92.7%
11 ヴォクシー 6万8460台 101.5% 13
12 キャスト 6万5999台 260.3% 46
13 ムーヴ 6万5307台 71.2%
14 アルト 6万4117台 103.1% 16
15 パッソ 5万8912台 129.6% 24
16 ミライ―ス 5万7748台 83.6% 11
17 デミオ 5万7312台 78.9% 10
18 デイズルークス 5万4398台 82.0% 14
19 フィット 5万3388台 98.4% 18
20 ステップワゴン(スパーダ含む) 5万2509台 97.8% 19
21 フィットハイブリッド 5万2158台 81.3% 15
22 デイズ 5万1329台 84.5% 17
23 ヴェゼルハイブリッド 4万9711台 104.6% 23
24 ソリオ 4万8814台 293.1% 63
25 シエンタハイブリッド 4万7650台 165.1% 38
26 ヴェルファイア 4万1970台 98.2% 26
27 エクストレイル 3万8576台 105.1% 28
28 シャトルハイブリッド 3万5540台 122.4% 37
29 アルトラパン 3万4989台 97.4% 29
30 ハリアー 3万3210台 74.2% 25

(引用元:ベストカー)

 

 

2016年の年間販売台数ランキングは、このようになりました。

 

注目は、3年連続で1位だったアクア(トヨタ)が2位になり、プリウスが1位を奪還したことです。

 

しかも、1位と2位の差は、5万2632台という大差です。

 

新型プリウスの人気ぶりが良くわかりますね。

 

 

さらに、9位にシエンタ、10位にヴィッツと、トヨタ車がトップ10に4台もランクインしています。

 

軽自動車は、トップ10中に6台も登場しています。

 

よくみると、トップ10は、トヨタ車と軽自動車で占められているんです。

 

 

新車販売台数は、前年度と比べて微減。メーカー別のシェアは変動なし

次に、新車販売台数が増えているのか、減っているのか見てみましょう。

 

2016年 2015年 対前年比
国内総販売台数 497万260台 504万6510台 98.5%
乗用車総販売台数 444万518台 450万360台 98.7%

※当該年の1~12月の登録車・軽自動車を合算した数値。このなかには国内で販売された輸入車の販売台数も含まれている

(引用元:ベストカー)

 

 

2012年から2105年まで4年連続で500万台を超えていましたが、2016年の新車販売台数は、大台の500万台を切ってしまいました

 

この原因は、軽自動車の販売台数の減少です。

 

2015年4月1日から、軽自動車税が増税されました。

 

増税により軽自動車の販売台数は減少しましたが、それでも2015年は151万1404台を販売していました。

 

けれど、2016年は、軽自動車の販売台数がさらに減少し、134万4967台になってしまったんです。

 

これにより、2016年の新車販売台数は、500万台を割ってしまったというわけなんです。

 

 

2016年のメーカー別の年間販売台数。シェアは変動なし

つぎに、2016年のメーカー別の年間販売台数を見てみましょう。

 

国内全メーカー年間販売台数
順位 メーカー 2016年販売台数 2015年販売台数 前年比
1位 トヨタ 155万6092台 149万7298台 103.9%
2位 ホンダ 68万6379台 72万6928台 94.4%
3位 日産 48万2353台 58万9099台 81.9%
4位 スズキ 47万2379台 63万6360台 74.2%
5位 ダイハツ 44万6745台 61万396台 73.2%
6位 マツダ 19万2238台 24万5437台 78.3%
7位 スバル 14万1349台 16万2254台 87.1%
8位 いすゞ 8万1128台 7万4730台 108.6%
9位 三菱 6万8325台 10万2009台 67.0%
10位 日野 6万3310台 6万1173台 103.5%
11位 三菱ふそう 4万5210台 4万4230台 102.2%
12位 UDトラック 1万529台 1万1001台 95.7%

※日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会の公表データのもとに作成。上記台数は特殊車。トレーラーを除くすべての登録車と軽自動車の合計台数

(引用元:ベストカー)

 

 

2016年の自動車メーカ―別の販売台数は、このようになりました。

 

トヨタが販売台数を伸ばしたものの、他のメーカーは、販売台数が減少している傾向になりました。

 

特に3位以下の日産、スズキ、ダイハツ、マツダ、三菱の減少率が大きいのが目立ちますね。

 

これら自動車メーカーが、2017年は販売台数を増やせるか注目です。

 

 

次回は、各カテゴリー別のランキングを紹介しますね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ