灼熱の夏の暑さから車を守る7つのメンテナンスのポイント

厳しい暑さが続く日々、愛車は快適な空間を提供してくれていますよね。

 

快適な空間の愛車も、炎天下にさらされ続けると大きなダメージを受けてしまいます。

 

暑い夏だからこそ発生しやすいトラブルも。

 

 

大切な愛車をトラブルなく、きれいな状態で長持ちさせるためには、メンテナンスは必須です。

 

そこで、『愛車を灼熱の暑さから守るメンテナンスのポイント』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

バッテリーを気を付けよう。暑さは要注意

エンジンをかけるために、スターターモーターを回すのに必要な「バッテリー」。

 

最近の車は、エンジンをかけるだけじゃなく、電機系の部品やパーツにも電気(バッテリー)が使われています。

 

そのため、バッテリーの重要度はとても高く、負担も大きくなっています。

 

バッテリーは車にとって大切な部品なのに、ダメになっているのに気づくのは、エンジンがかからなくなってからということが多いです。

 

 

トラブルなく車に乗り続けるためには、バッテリーのメンテナンスはとても重要なんですよ。

 

 

バッテリーは温度変化に弱く、特に低温状態ではその機能が著しく低下してしまうため、冬にバッテリーが上がるトラブルが多いです。

 

そして、冬場と同様にバッテリー上がりのトラブルが多いのが、『真夏の暑い時期』なんです。

 

 

なぜ、気温が高い夏でもバッテリートラブルが多いんでしょうか?

 

 

真夏は車のエアコンを付けっぱなしにしますよね。

 

すると、消費電力が、バッテリーの発電容量を上回ってしまうからなんです。

 

特に、電力消費が多いにもかかわらず、エンジンがあまり回転していない「渋滞時」には、バッテリーの負担がかなり大きくなりトラブルが起きやすくなるんです。

 

 

ちなみに、車のエアコンは、電力を使うといっても家庭用エアコンなどとは異なり、システムの中核であるコンプレッサーは、エンジンの動力として回されるため、基本的には電力を必要としません。

 

何に電力を消費するのかというと、エアコンのコンデンサーを冷却するファンや、ルーバーから送風されるプロモーターが電力を消費するんですよ。

 

夏も冬もバッテリーへの負担は大きい

 

夏のバッテリー上がりを防ぐメンテメンテナンス

夏場のバッテリートラブルを防ぐには、定期的(2~3年ごと)な交換、または、充電するのが最適な方法です。

 

 

また、「バッテリー&オルタネーターチェッカー」を使って、普段からバッテリーの状態を把握しておくのもおすすめです。

 

本格的なバッテリーの性能チェックは、ボンネットを開けてバッテリーにテスターを繋いで電圧を測ったり、バッテリー液を抜いて比重を測ったりしなくてはならず、こまめにチェックするのは面倒ですよね。

 

しかし、バッテリー&オルタネーターチェッカーは、車内のアクセサリーソケット(シガーソケット)に差し込むだけで、簡単にバッテリーの充電状態や、オルタネーターの状態がチェックできるんです。

 

バッテリー&オルタネーターチェッカーの価格は、1000円くらいで購入できます。

 

車内にいながら、バッテリーの状態を確認できるなんてかなり便利ですよね。

 

 

ほかにも、エアコンの風量を控えめにして電力消費を抑えることで、バッテリー上がりのリスクを大幅に下げることができます。

 

バッテリー上がりを防ぐためにも、ある程度車内が冷えたら、エアコンの風量を下げるようにしてくださいね。

 

バッテリーのメンテナンスのポイント

 

 

車のボディも人の肌と同じ。ワックスなどでコーテイングして保護しよう

最近の車は、ボディに使われている鉄板の材質がよくなり、下処理から塗装までの技術も進化しているため、ボディの保護にそれほど神経質になる必要はありません。

 

反対に、ボディを磨きすぎると、大なり小なり塗装を傷めてしまうことがあります。

 

 

そこで、できるだけ不必要な負担をかけない環境作りや、使い方をするのがボディや塗装を守るのにおすすめです。

 

 

塗装の劣化を防ぐために気を付けたいことは、まずは、『駐車環境』です。

 

理想的な駐車場は、風や雨、直射日光を避けられる屋内の駐車場やガレージに駐車することです。

 

ですが、これは個々の事情もあってなかなか難しいですよね。

 

屋内は無理でも、簡易的な屋根がある駐車場に停めるだけでも、塗装の劣化を防ぐことができます。

 

 

また、酸性雨も塗装の劣化を起こしてしまうので、雨の中を走ってきたら水滴を拭くだけでも塗装を守ることができますよ。

 

 

青空駐車の場合は、『コーティング』をするのがおすすめです。

 

プロにコーティングをしてもらうと何万円もかかってしまいますが、洗車したあとに市販のコーティング剤でボディを保護だけでも十分です。

 

 

市販のコーティングも簡単なものが多くなりましたが、それでも真夏に行うのは本当に大変です。

 

そこでおすすめなのが、「ソフト99スムースエッグ ハイドロフラッシュ」です。

 

車を洗ってボディが濡れたままでも、そのままスプレーして吹き上げればいいので簡単なんです。

 

少しの手間でボディを保護できるので、洗車のときにはぜひ行ってくださいね。

 

 

また、夏場に高速道路を走行すると、小さな虫がヘッドライトやフロントガラスに張り付きますよね。

 

ヘッドライトなどについた虫の死骸を、そのままにしておくのはよくないので、水拭きまたはケミカル剤を使ってきれいにしてくださいね。

 

車のボディをきれいに保ちたいなら、コーティングがおすすめ

 

夏場は、エンジンのオーバーヒート要注意

エンジンの素材の変化やエンジンオイルの性能向上、部品の進化により、昔に比べてめっきり少なくなったのが「エンジンのオーバーヒート」です。

 

しかし、メンテナンスを怠っていたり、不意の突発的なトラブルに見舞われたりするとオーバーヒートが起こる可能性は十分にあります。

 

 

オーバーヒートとは、エンジンの温度が熱くなりすぎた状態のことです。

 

エンジンは、通常、冷却水によって熱くならないように冷やされていますが、この冷却水が不足すると、エンジンが冷やされず障害が生じてしまうんです。

 

オーバーヒートになってしまうと、走行できないだけでなく、最悪、エンジンが故障し、エンジンを載せ替えしなければいけなくなります。

 

エンジンの載せ替えとなったら、何十万円という出費です(´;ω;`)

 

 

というわけで、オーバーヒートさせないようなメンテナンスは大切です。

 

 

メンテナンスとしては、普段から冷却水(LLC)の量をチェックすることです。

 

冷却水のチェックは、エンジンが冷えた状態でリザーバータンクに適量が入っているかを確かめてください。

 

冷却水(LLC)確認は、キャップを外して行う人もいますが、グリーンやピンクの色がついているので、リザーバータンクの外観からも確認できます。

 

 

ちなみに、冷却水が少なくなっている場合、安易に水を足すのはNG。

 

冷却水には、適切な濃度があるからです。

 

冷却水を足すときは、薄めずそのまま使えるものを買ってきて使用してくださいね。(量販店などで買えますよ)

 

 

また、頻繁に冷却水(LLC)が減ってしまう場合は、どこかにトラブル発生している可能性が高いです。

 

水が入っているのに、オーバーヒートを起こす場合は、ウォーターポンプや冷却用に電動ファンが故障しているかもしれないので、整備工場で確認してもらってくださいね。

 

オーバーヒートからエンジンを守るメンテナンスのポイント

 

 

内外装を紫外線による劣化から守ろう

軽量化や加工のしやすさから、車の部品には樹脂が使われることが多くなっています。

 

とくに、内装には、たくさんの樹脂パーツが使われていますね。

 

けれど、人間の肌が紫外線に弱いように、樹脂部品も紫外線によって変色したり、ボロボロに劣化したりしてしまうんです。

 

 

樹脂部品を紫外線から守る対策は、

 

    • 雨風が防げるガレージに駐車する
    • 駐車場に屋根がない場合はボディカバーをかける

 

などが効果的です。

 

車に乗らないときだけでも、カバーをかけるなどして、紫外線から車を守ってください。

 

 

車の外装パーツで紫外線の影響が受けやすいのが、「未塗装部品」です。

 

ボディは、塗装によって守られていますが、樹脂パーツはノーガードなので紫外線で白化しやすいです。

 

最近は、樹脂パーツ専用のコート剤があるので、ボディ用と分けて使用すると守ることができますよ。

 

 

ヘッドライトカバーも未塗装なので、紫外線によって白化しやすくなっています。

 

ヘッドライトカバーが、黄ばんでいたりくすんでいたりすると、照度が落ちてしまう上に、見た目が古びた車になってしまいます。

 

量販店には、くすみや黄ばみ取り用のヘッドライトクリーナーが販売されているので、こまめに清掃してください。

 

ただ、ヘッドライトクリーナーだけだと、またすぐにくすんできてしまうので、コーティング剤が含まれているものや、磨いた後にコーテイング処理するほうがいいですよ。

 

 

ちなみに、ヘッドライトは、照度が足りないと車検に通らないことがあります。

 

心配な場合は、プロに任せて磨いてもらってくださいね。

 

 

 

内装は、車内に紫外線が注ぎ込まないように、サンシェードを使うか、ボディカバーをかけると守ることができます。

 

カバーをすることで、紫外線によるダッシュボードのひび割れを防ぐことができますよ。

 

 

車の内外装を紫外線から守ろう

 

 

悪臭の原因?エアコンフィルターの交換を行おう

真夏の車内では、エアコンは欠かせないものですよね。

 

そんな、エアコンから悪臭が漂ってきたら、ドライブも台無しですよね。

 

 

エアコンから異臭がした場合は、まずエアコンフィルターが汚れている可能性が高いです。

 

エアコンフィルターは、外気導入の際に車外の粉塵を取り除く役割も持っているため、何年も使っているとかなり汚れます。

 

汚れが異臭となって臭うんです。

 

 

基本的に、フィルターは清掃ではなく交換になります。

 

量販店では、オイル交換をお願いすると、「エアコンのフィルターも見ておきましょうか?」などと声をかけられることもあるので、お願いするのも一つの手です。

 

 

自分で交換する場合は、自動車用のエアコンフィルターを取り寄せなければなりません。

 

昔は、車検証を持って自動車部品店に行って購入しなくてはいけませんでしたが、今はネット通販でも手に入るようになりました。

 

エアコンフィルターは、一般的な工具を使って交換できるので、装着場所が確認できれば交換は簡単です。

 

 

また、フィルターだけでなく、冷媒(れいばい)が入っているエバポレーターの汚れが、異臭の原因になっている場合もあります。

 

エバポレーターの汚れは、一般的な自動車用エアコンクリーナーで洗浄できます。

 

 

フィルターも交換してエバポレーターも洗浄したのに、まだ異臭がするときは、ダクト内にこびりついた汚れが原因となっている場合があります。

 

エアコンダクトの内部の汚れは、素人では手に負えないため、プロに頼むのが最善です。

 

清掃だけならそれほどお金はかかりませんよ。

 

 

エアコンから悪臭がしたら、フィルターの交換を

 

タイヤは乗る前に確認すること

車のメンテナンスで、超大切なのが「タイヤ」です。

 

ボディの汚れや室内の状態を気にする人はいますが、タイヤに関しては意外と無頓着な人が多いです。

 

そのため、タイヤのパンクなどのトラブルはかなり多いんです。

 

タイヤの空気圧が適正ではないまま高速道路などを長時間走行してしまうと、タイヤがバースト(破裂)して大事故を起こす可能性があるので気を付けてくださいね。

 

 

タイヤのメンテナンスは、まず車に乗り込む前にボディの周りを一周して、タイヤに空気が入っているか確認する習慣をつけるのがベストです。

 

また、安いものでいいのでエアゲージ(夕イヤの空気圧を測定する計器)を買っておいて、定期的にチェックするのもおすすめです。

 

 

タイヤの空気は、自動車タイヤの空気入れがあれば自分を空気を入れることができますが、ガソリンスタンドで給油したついでに入れてもらうこともできます。

 

セルフのガソリンスタンドでもタイヤの空気圧を入れる設備はあります。

 

無料で使えますので、月に1度はタイヤに空気を入れてくださいね。(使い方がわからなければ、スタッフに聞けば優しく教えてくれますよ)

 

 

完全に抜けている場合は、パンクしている可能性があるので、ゆっくり走ってガソリンスタンドやタイヤショップで見てもらってください。

 

 

 

また、タイヤは溝が少なくなると、スリップを起こしやすくなります。

 

摩耗チェックをしてスリップサインが出ている場合は、タイヤの交換が必要です。

 

残溝1.6mmを下回ると、車検に通らなくなるので注意してくださいね。

 

 

タイヤの溝は、ウエット路での排水性を確保するものでもあります。

 

タイヤの溝が少ないと、水たまりなどでハイドロプレーニング現象がおきてコントロールが不能になることがあります。

 

夏には、ゲリラ豪雨がよく発生しますので、突然に雨でも困らないようにこまめにタイヤのチェックを行ってくださいね。

 

タイヤの空気圧は、こまめにチェックを

 

ボディを錆(サビ)から守ろう

夏は、海に出かける機会が増えますが、海水や潮風は、車に塩害を与える危険があります。

 

最近の車は、ボディが強くなっているので、とくに波が打ち寄せる砂浜を走らなければ、基本的には錆(サビ)びる心配はありません。

 

それでも、海に遊びに行ったら、下回りを含めて洗車をしておけば安心です。

 

 

予防的な方法としては、市販の防錆スプレーなどを下回りに吹いておくのがおすすめです。

 

ちなみに、防錆は量販店で施工してもらうと、結構な金額がかかってしまいます。

 

自分で徹底的に行うには、ジャッキアップしてリジッドラック(車体を固定し安定させるためのツール)にかけなくてはいけませんし、防錆剤を吸い込まないように安全対策をしっかり行わないといけません。

 

大がかりな作業になりますが、場所や時間、環境が許すならば、自分でやる方がお得です。

 

 

塩害は夏だけでなく、冬の雪道の塩化カルシウムでも起こる被害です。

 

錆でボディが傷んでしまう前に防錆対策してくださいね。

 

海に遊びに行ったら、ボディをサビから守るために洗車を

 

 

まとめ

大切な愛車と長く付き合うには、メンテナンスがとても大切です。

 

近年の猛暑で車が劣化しないように、日ごろから気を付けてくださいね。

 

こまめにメンテナンスをすれば、長い間、きれいを守ることができますし、トラブルも減るので最終的な出費も減らすことができますよ。

 

 

また、たまにしか乗らない人も、こまめにメンテナンスすると、車の良い状態を保つことができますよ。

 

※あまり車に乗らい人のメンテナンスのポイント

休みの日しか車に乗らない人の、車の調子の維持と維持費の節約方法

 

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ