新車購入の契約したあとキャンセルできる?違約金は発生しない?

新車は高い買い物なので、購入後に後悔しないようしっかり考えて買うか買わないかを決めますよね。

 

けれど、契約をしたあとに、

 

「あてにしていたボーナスが支給されなくなった」

「驚く値引き額に勢い余って契約したけど、やっぱり考え直したい」

 

など、さまざまな理由でキャンセルしたいと言いだす人は少なからずいます。

 

 

では実際のところ、新車の購入契約を交わした後に、契約をキャンセルすることはできるのでしょうか?

 

新車契約のキャンセルは可能?ペナルティはある?』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

車はクーリングオフ対象外。でも約款に沿えばキャンセル可

バックや時計などの商品を購入したり、エステやスポーツジムなどのサービスの契約を行ったりした場合、普通は何の理由もなく契約を解除することはできませんよね。

 

でも、「家に帰って冷静に考えたら必要なかった」「ほんとはいらないのに業者に強引に契約させられて断れなかった」なんてこともよくあります。

 

このような「必要はなかったけど、買ってしまった(加入してしまった)」という人のために、「クリーングオフ」という制度があります。

 

クーリングオフとは、『契約した後、一定期間内であれば、理由を問わず無条件で契約の解除をできる制度』で、訪問販売や勧誘販売など不意打ち性のある販売方法から消費者を保護するためにつくられた制度です。

 

 

では、クーリングオフは、新車を購入する契約にも使えるのでしょうか?

 

 

結論からいうと“新車購入の契約はクーリングオフの対象外”です。

 

車は高額な買い物なので、消費者自らが店舗に足を運び、内容を納得した上で契約を結ぶものと考えられているので対象外なんです。

 

 

では、新車購入の契約のキャンセルは、できないのでしょうか?

 

結論からいえば、新車もキャンセルすることができます。

 

 

新車を購入する場合、「新車注文書」という書面にサインと捺印を押して契約が成立します。

 

この注文書の裏には、細かい字で「約款」(やっかん。あらかじめディーラーが決めた契約時の約束事のこと)が記載されていて、キャンセルに関する記述も記載されています。

 

約款に沿って申請を行えば、新車契約をキャンセルすることができるんです。

 

 

ですが、約款などの文書内容は、結構難しく書かれているため、読んでもなかなか理解できない人も多いですよね。

 

そのため、注文書にサインする前に、営業マンに確認することがとても大切なんです。

 

車はクーリングオフ対象外。でも新車も契約をキャンセルできる

 

車の登録が完了していなければ、無条件でキャンセルできる

注文書の約款よると、「基本的にある時点までは無条件でキャンセルに応じる」となっています。

 

そのため、契約をキャンセルしても、申込金などの車両代金などの一部も返却されますし、違約金などの支払いもない場合が多いです。

 

 

「キャンセルを申し出たら営業マンはしつこく契約継続を迫ってくるんじゃないか?」

「キャンセルしたら、違約金などのペナルティがあるんじゃないの?」

 

と心配になりますよね。

 

 

安心してください。

 

登録業務が動き出す前までのキャンセルなら、ペナルティ(違約金)は発生しないんです。

 

 

営業マンは販売のプロとして、商談を通じてお客の状況をしっかり判断しています。

 

契約を交わすときは、「この客はキャンセルはしない」と、キャンセル発生のリスクがほとんどないと判断して契約を行います。

 

そのため、キャンセルが発生した場合には、お客に責任を問うことはなく、判断を誤ったとして営業マンにだけペナルティが課せるだけなんです。

 

新車も契約を違約金なしでキャンセルできる

 

 

営業マンからの「キャンセルを考え直してくれませんか…」の覚悟は必要

営業マンは、キャンセルとなった車両の再販先を探さなくてはいけなく、再販できない場合は、営業所の在庫車となるので人事考課へ影響することになります。

 

そのため、お客側にペナルティはないとっても、キャンセルを言うときに、営業マンから「なんとかキャンセルは避けられないか」というお願いは必ずあるということだけは覚悟しておいてくださいね。

 

 

ちなみに、営業マンにキャンセルしないように頼まれたからといって、「もう少し値引きしてくれたら・・」などの駆け引きを持ちかけるのは、絶対にやめてください。

 

話がややこしくなるだけです。

 

 

また、無条件でキャンセルができるといっても、車庫証明の申請などの登録業務が動きだしてしまった後のキャンセルは、それまでにかかった当該費用は支払わなくてはいけないので注意してくださいね。

 

 

車の登録完了後は、無条件でのキャンセルはできない

これまでに、「基本的にある時点までは無条件でキャンセルできる」とお話ししましたね。

 

「なんだ、無条件でキャンセルできるんだ」と安心した人も多いと思います。

 

しかし、キャンセルの条件には「ある時点まで」という重要なポイントです。

 

「ある時点」を過ぎてしまうとキャンセルできなくなるんです。

 

 

ある時点とは、「契約が成立した時点」のことをいい、注文書に判子を押した時点を指すのではなく、次のうちのいずれかのうち、一番早い日となります。

 

    • 車の登録が完了した日(ナンバープレートが取得された日)
    • 架装(特別な部品を装着する事など)に着手した日
    • 車の引渡しが行われた日

 

どれか一つでも当てはまると、契約が成立し無条件でのキャンセルができなくなるんです。

 

これは、現金一括で購入する時や、自社割賦(銀行のローンなど)の場合で、新車販売店の自動車ローンを利用した場合は、ローン契約の内容次第となりますので注意してください。

 

 

新車販売店によっては、契約成立後でもキャンセルに応じてくれる場合もありますが、各種手続きに要した費用とキャンセル料は負担しなければなりませんので、出費は覚悟してくださいね。

 

 

ただし、キャンセル理由が「注文した内容と納車された車両が違う」など、販売店側に落ち度があった場合は話が別です。

 

納車前に購入者が亡くなってしまった場合は、無条件でキャンセルはできないようですが、営業マンが相談に乗ってくれるのでできるだけ早く連絡してくださいね。

 

 

新車を登録した後は、キャンセルできない。違約金が発生する

 

 

販売店側は、キャンセルを防ぐ対策をしている

一方で、新車販売店もせっかく契約を交わしたのに、簡単にキャンセルされてはたまりませんよね。

 

そこで、販売店側も、キャンセルをできるだけ防ぐような対策も行われているんです。

 

 

例えば、キャンセルを抑制する意味で、

 

・契約時に最低1万円程度の「申込み金」

・契約後1週間以内に関連諸税を含む「販売諸費用(約40万円程度)」

 

の入金を契約時にお客に申し入れします。

 

 

まとまったお金を早めに払ってもらうことで、安易なキャンセルの抑止を行っているんです。

 

ほかにも、契約と同時に「契約に関する同意書」のような書面に署名を求める新車販売店も増えています。

 

 

新車のキャンセルは、基本的に注文書の約款に従て行われますが、新車販売店も客商売なので、キャンセルの対応についてはケースバイケースとなります。

 

それでも、面倒な話になるのは避けられないので、しっかり考えて契約することが大切なんです。

 

販売店もキャンセルされない対策をしています

 

 

正式発表前の事前予約受注のキャンセルはできる?

最近の新型車は、発売前に派手なティザーキャンペーン(事前告知)が行われるようになりました。

 

そして、ディザーキャンペーンが始まるタイミングで、発売前に予約して購入する「予約購入」が開始されます。

 

 

では、予約購入の段階でのキャンセルは可能なんでしょうか?

 

 

事前予約の段階では、正式な車両本体価格などの詳細な情報がない中で購入を決めるため、キャンセルはもちろん可能です。

 

新車の販売店も、新型車の購入予約をしてもらったお客には、価格などが正式に決まりメーカーと受注発注処理ができる段階になると、改めてお客に購入の意思を確認します。

 

確認の段階で購入の意思がなければ、無条件でキャンセルすることができるんです。

 

一般的に予約購入を行うとき、予約申込金を支払うことが多いんですが、この申込金も全額返金されます。

 

 

事前販売予約は、もともとお得意様を中心に細々と行っていたものなんですが、最近の派手なディザーキャンペーンにより、予約購入をするお客が増えています。

 

新車販売店は、予約と正式受注といった具合に、二度手間、三度手間となっているようで、販売現場からは対応に困るという声もあるんですよ。

 

正式発表前の予約注文はキャンセルできます

 

まとめ

新車を購入するとき、「契約や成立する前」の段階なら無条件でキャンセルすることができます。

 

しかし、契約が成立すると、無条件キャンセルはできなくなってしまいます。

 

どんな理由でもキャンセルしたいと思ったら、ぐすぐず悩んでいないで1日も早く新車販売店に申し出てくださいね。

 

また、営業マンとの関係が少しでも悪くならないために、納得のいくまでよく話し合うことも大切です。

 

というか、キャンセルしなくてもいいように、車を購入するときは、試乗をして乗り比べ、営業マンからしっかり説明を聞いて、これでもかというくらい検討してから契約してくださいね。

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ