末期モデル車は購入するタイミングで値引き額が違ってくる。お得に買うコツ

目安時間:約 6分

新車を購入するときは、できるだけ安く買いたいですよね。

 

ですが、お得に買うためには、何も考えずにディーラーを訪れるのはNGです。

 

大きく損をしてしまう可能性があるんです。

 

そこで、『新車をお得に購入するためのポイント』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

末期モデルは、オーダーストップがかかる直前に購入すると値引きが拡大する

モデルチェンジが発表されると、現在売られている車は“末期モデル”になります。

 

末期モデルは、値引きが拡大するといわれているため、それを狙って購入する人もいるんです。

 

もちろん、販売店側も新型車が登場する前に末期モデルをできるだけ販売したいと思っているので、値引きは拡大傾向にあります。

 

ですが、モデルチェンジ前の在庫車なら、必ずしも大幅値引きが獲得できるわけではないんです。

 

 

新車の値引きは、「Aさんは大幅値引きしたけれど、Bさんはそこそこの値引きで済んだ」というように、全体で利益のバランスがとられています。

 

新型車がデビューした後のモデルチェンジ前の在庫車は、1台1台で利益を確保しなく手はいけないので、どうしても値引き額自体が渋めになってしまうんです。

 

 

そこで、大事になってくるのは、どの時点で新車販売店と交渉するかなんです。

 

 

 

では、末期モデルの購入は、いつが狙い目なんでしょうか?

 

じつは、末期モデルの値引きが最も大きくなるのは、“オーダーストップ直前”なんです。

 

 

一般的に、車の製造工場では、生産ラインの調整ために新型車がデビューする1ヵ月くらい前に現行型の生産を終了させます。

 

そのため、それより少し前には、新車販売店の受注がストップするんです。

 

このオーダーストップ直前は、販売店も最後の追い込みを行うため値引きが拡大しやすくなります。

 

あらかじめ、オーダーストップの時期を確認し、商談を行うのがポイントなんですよ。

 

 

ただ最近は、発表日と発売日に開きがあるケースが多くなっています。

 

自動車専門雑誌などで、次期型について書かれるようになったら、そろそろオーダーストップがかかる時期です。

 

販売店でスケジュール確認するのがおすすめですよ。

 

 

事故車を代替するときは、修理しないでそのままの状態で売却するほうが得

事故車は、「修理して乗り続ける」と「売却して買い換える」のとどっちが得なのか悩む人も多いです。

 

事故といっても破損状況はさまざまなので、バンパーを破損して数万円で直るようなら、わざわざ乗り換える必要はありませんよね。

 

 

ですが、エンジンが破損した場合などは、かなりの高額費用が掛かるため、買い替えという選択肢も出てきます。

 

新しい車に買い替えるか、修理して乗り続きるかの選択に迫られた場合は、「直さずに買い換える」のが賢い選択なんですよ。

 

 

「買い換えるなら、修理してから売却するほうがいいんじゃない」と思う人もいると思いますが、それは間違いです。

 

なぜなら、修理してから査定を受けても、修理費用以上の査定額がでることはないからです。

 

つまり、代替するつもりなら修理しないで売却するほうが得なんです。

 

 

新車の購入予算は、柔軟性を持って考えることが大切

新車を購入するときは、まず「購入予算」を考えることが大切です。

 

車の情報雑誌などでも、「購入予算をしっかり組むのが大切」とよく書かれています。

 

 

しかし、購入予算は必ず守らなければならないわけではなく、商談を行う上での目安として設定するくらいでいいんです。

 

 

ちなみに、商談の目安だからといって、初回商談から営業マンに予算を伝えるのは“NG”です。

 

予算を伝えてしまうと、それ以上は値引きが拡大しなくなるからです。

 

 

また、初回商談で自分の設定した予算に近い条件が提示されたとしても、すぐには決断しないでください。

 

初回商談での値引き額はまだまだ余力が残っていますので、次の商談で少し無理めな最終予算を提示すれば、期待以上の大幅値引きを獲得することができるんです。

 

新車購入の商談時に焦りは禁物ですよ。

 

 

このように、お得に新車を購入するためには、気を付けたいポイントがいくつかあります。

 

ポイントを押さえて、お得に車を購入してくださいね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ