大排気量と小排気量どっちがいい?支払いは現金?ローン?新車購入で迷う二択2

新車を購入するときは、少しでもお得に購入したいと誰でも思いますよね。

 

車は高い買い物だからこそ、購入するときに「どっちがいいんだろう?」と迷うことも多いです。

 

そこで、前回、お得に新車を購入するために、『新車を購入するときのどっちがいいの?どっちが得なの?』についてお話ししました。

 

※軽自動車とコンパクトカー、買うならどっちがいい?

新車を購入するときに迷う2択。どっちがいいの?得なの?

 

 

今回も続きとして、

 

・大排気量車と小排気量車は、どっちがいい?

・フルオプションと、必要なオプションだけをつけるのはどっちがいい?

・支払いは、現金?ローン?

 

についてお話ししますね。

 

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える無料サービス

 

  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスなら、愛車を数十万円以上も高く売れる可能性があり。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

大排気量車と小排気量車は、どっちがいい?

同じ車でも、違う排気量が設定されていることは多いです。

 

たとえば、ヴィッツ(トヨタ)なら、1500cc、1300cc、1000ccがあります。

 

では、車を購入するとき、大排気量のエンジンを選んだほうがいいのでしょうか?

 

小排気量のエンジンを選んだほうがいいのでしょうか?

 

 

リーマンショック前の世界的に景気が良いときは、より多気筒であったり、大排気量であったりするエンジンを積んだ車のほうが人気が高く、下取り査定額も高かったです。

 

けれど、リーマンショック以降は、環境保護や維持費の節約志向が高まって、ヨーロッパ車を中心にダウンサイジング化が進んで、小排気量のモデルの方が人気になっているんです。

 

たとえば、2500cc直4エンジンと、3500ccV6エンジンがラインアップされているミニバンがあるとすると、同年式車での値落ち(下取り査定額の値落ち)は、圧倒的に2500cc直4エンジン搭載モデルのほうが遅いことも多いんです。

 

このように近年は、環境や燃費性能を重視する傾向があるので、小排気量エンジンのほうが有利なんです。

 

 

フルオプションと、必要なオプションだけをつけるのはどっちがいい?

昔はフルオプションで高級車を購入する人は、少なくありませんでした。

 

また、中古車屋さんで、プライスボード(販売価格が書いてあるボード)に、“フルオプション車”と書かれていることもありました。

 

近年でもミニバンでオプションの装着率が高く、カーナビ+リアエンタテインメントシステムなど、ミニバンならではのオプションもあります。

 

 

オプションをたくさんつければつけるほど、商談で用品値引きは大きくなります。

 

けれど、用品値引きを増やすために、必要性のないオプションやあまり使わないオプションをつけるのは、もったいないですし、意味がありません。

 

必要なオプションだけを選択して、そこから値引きを引き出すのが、賢い新車購入ですよ。

 

リセールバリューや値引きを意識しすぎて必要のないオプションをつけるのは避けてくださいね。

 

 

支払いは、現金?ローン?

新車を買うときに、現金一括で払うか、ローンで払うか迷うことは多いです。

 

ローンを利用するかどうかは、個人の懐事情や考え方があるので、一概にどちらがよいとはいいにくいです。

 

けれど、残価設定ローンの登場で、今は、ローンに対する考え方が多様化してきています。

 

 

残価設定ローンにより、完済を前提としないで、支払い途中で下取り査定額で残価整理をして、新車へ乗り換えるという人も多くなりました。

 

また、新車を一括払いで購入するための資金はあるのですが、手元に少し残しておきたいので、あえてローンを組むという人もいます。

 

ローンを組むかどうかは、自分のマネーライフに合わせて判断してくださいね。

 

 

ただ、残価設定ローンは、月々の支払いが軽くなるというメリットがありますが、一方で、残価にまで金利がかかってくるなどのデメリットもあります。

 

残価設定ローンにするか、通常ローンにするかは、しっかり考えてくださいね。

 

※残価設定ローンには、車に愛着を持たない人にピッタリのローンです

残価設定ローンのメリット・デメリット。追加支払いの発生に注意

 

 

このように車を購入するときは、「どっちがいいんだろう?」と迷うことは多いですよね。

 

次回も、『新車を購入するときに迷う2択。どっちがいいの?得なの?』の続きをお話ししますね。

車買取査定サービス ランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。査定額を競合させて、愛車を高く売りたい人にピッタリのサービスです。

 

楽天 無料愛車一括査定

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらうことができます。東証一部上場企業の楽天が運営しているので安心です。

 

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

・電話は1社からだけ

・査定もたった1回だけ

・お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれる

 

という、オークション形式の車買取査定サービスです。全国の5,000社以上の車屋が競って入札するので、あなたの車が高く売れる可能性大です。ただし、最低落札価格以上の入札があった場合は、必ず売る必要があります。

 

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ