車の売買の際の「修復歴」とは?もらい事故をされたら事故減価額証明書を

「家の駐車場でバンパーを傷つけて修理したことがあるけど、修復歴あり(事故車)になるの?」など、クルマを売却するときに不安になる人は多いですよね。

 

クルマを売却するとき、修復歴(事故歴)があるかないかで、査定額が大きく違ってきます。

 

修復歴の有無で、売却額が数十万円以上も変わることも。

 

 

では、バンパーなどを傷つけたり、凹ませたりして修理した場合、“修復歴あり”となるのでしょうか?

 

クルマの修復歴とは? もらい事故をしたら、事故減価額証明書をとろう』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

修復歴(事故歴)の定義は、骨格にあり

最近は、修復歴車という言葉を聞くことが増えましたが、昔は、“事故車”と言われていました。

 

ただ、“事故車”という言葉は、あくまでも俗称(正式出ない呼び方)で、正式には『修復歴車』といいます。

 

事故をしても、これからお話しする“事故車の定義”に当てはまらなければ、修復歴にはならないので覚えておいてくださいね。

 

 

ちなみに、事故車という言葉は正式な呼び方ではないといいましたが、一般の人は修復歴車という言葉にピンとこないことがあります。

 

なので、査定士さんのなかには、あえて事故車という人もいるんですよ。

 

 

 

事故車の定義は、明確に決まっていて、JAAI(一般財団法人 日本自動車査定協会)によると、「交通事故やその他災害により、自動車の骨格等に欠陥が生じたもの、またはその修復歴があるもの」となっています。(ただし、法律で決まっているわけではありません)

 

具体的には、

 

①フレーム (サイドメンバー)

②クロスメンバー

③インサイドパネル

④ピラー

⑤ダッシュパネル

⑥ルーフパネル

⑦フロア

⑧トランクフロア

⑨ラジエータコアサポート

 

にキズや修復したあとがあると、修復歴車(事故車)になってしまいます。

 

ただし、骨格は、溶接接合されている部分だけなので、ネジ止め部分は骨格にはなりません。

 

事故車の定義

 

事故車の定義

(画像は、JAAI(一般財団法人 日本自動車査定協会)様からお借りしました)

 

 

修復歴の定義は、このように決まっています。

 

なので、バンパーを傷つけて直したり、ドアを凹ませて交換したりしても、骨格に影響がなければ修復歴車にはならないんですよ。

 

 

ちなみに、中古車の査定は、国家資格ではないので、JAAIなど査定士の資格がなくても、中古車の査定を行うことはできます。

 

「出張査定にくる人などは、営業マン」ということは多いんですよ。

 

修復歴(事故歴)の定義は、骨格にあり

 

バックパネルの交換・修理は、定義では修復歴にならないけれど、オークション会場によっては修復歴になることも

修復歴の定義にはバックパネルが入っていないので、バックパネルの交換や修理は、修復歴にはなりません。

 

ただし、オークション会場によっては、修復歴あつかいになるので注意です。

 

 

バックパネルの交換・修理は、修復歴(事故歴)になることも

(バックパネルは、赤丸の部分です)

 

 

バックパネルの交換をするということは、トランクフロアなどと溶接をし直す必要があります。

 

バックパネルを修復するくらいにぶつけたり、事故したりしたときは、ほかの骨格部分に影響がでていることも多いです。

 

そのため、バックパネルの交換・修復をした場合、オークション会場によっては“修復歴あり”となる場合があります。

バックパネルの交換・修理は、オークション会場によっては修復歴(事故歴)になることがあります

“修復歴”と“修理歴”は違います

修復歴には定義があり、中古車買取店などは、この定義に従って査定を行います。

 

そのため、以下のような場合は、修復歴(事故歴)にはなりません。

 

修理”歴”がつくだけなので、査定には影響はないんです。

 

    • 縁石でバンパーをこすって直した ⇒ 修復歴にならない
    • フロントガラスを交換した(直した) ⇒ 修復歴にならない
    • ドアを凹ませてしまった(直した) ⇒ 修復歴にならない

 

 

悪質な業者の中には、「バンパーを交換しているから、事故車(修復歴車)になるね~」とウソを言ってくることがあります。

 

ウソを言われても、定義を覚えておけば、「バンパーは交換しましたが、骨格に影響はなかったので、修復歴車にはなりませんよね」と、不当な査定額の減額を防ぐことができます。

 

修復歴と修理歴は違います

 

修理した明細(修理明細)はしっかり残しておこう

クルマを修理したときは、明細を残しておいたほうがいいです。

 

というのも、査定で「このクルマは事故車かもしれない」と疑われたときに、「事故車ではない」という証明になるからです。

 

 

先ほどお話しした「修復歴の定義」から、バンパーやボンネットなど骨格以外を修理・交換しても修復歴にはなりません。

 

けれど、交換するときに止めているボルトを外します。

 

車の査定をするときボルトを外した跡などをチェックして、外したあとが跡があったら、「修復歴車かも…」と査定にくる人に思われます。

 

査定にきた人が経験豊富なら、ほかの部分もチェックして修復歴車かどうか判断するのですが、経験が浅い人だと事故車にされてしまうことがあるんです。

 

このような修復歴車じゃないのに修復歴車とされた場合に、修理明細があれば、「ボンネットの交換をしたけれど、修復歴車ではない」という証明に使えるというわけなんです。

 

 

クルマのバンパーやボンネットなどを交換・修理したときは、明細や証明書をもらって、売るときまで保管しておいてくださいね。

 

※バンパーなどを交換したときに、事故車じゃないのに、事故車あつかいにする理由

バンパー、トランク、ボンネットの交換は事故車(修復歴)になりません。けれど1つだけ注意

 

修理した明細は、しっかり残しておこう

 

 

もらい事故で修復歴がついたら、「事故原価額証明書」を取得しよう

修復歴車になると、査定額は大幅に減額してしまいます。

 

数十万円以上も下がることもあります。

 

自分で起こした事故で修復歴がついてしまうのは仕方がありませんが、ほかの人からのもらい事故で修復歴がついたら、あきらめきれないですよね。

 

 

もし、”もらい事故”で修復歴がついてしまったら、事故減価額証明書を取得しましょう。

 

事故減価額証明書とは、「交通事故やその他の災害により、下落した自車の評価額を証明したもの」です。

 

 

かんたんに説明すると、事故などで車に修復歴がつくと、評価(査定額)が下がります。

 

評価が下がることを、評価損(事故落ち、事故減価ともいいます)といいます。

 

事故減価額証明書は、事故をして修復歴がついてしまったときに、どのくらい価値が下がった(査定額が下がったか)を証明してくれる書類なんです。

 

 

「信号などで停車していたら、後ろから追突された」など、100%相手に過失がある“もらい事故”をした場合、相手の保険会社は修理費用を出してくれます。

 

けれど、修復歴がついたことによって下がった査定額(評価損)に関しては、保険会社が払ってくれることはほとんどありません。

 

もらい事故なのに、愛車の評価が下がって、しかも保証してくれない(下がった価値の分を払ってくれない)のは悔しいですよね。

 

保険会社が修復歴がついて価値が下がった分(評価損)を払ってくないときに、事故減価額証明書があると、評価損分を払ってくれることがあるんです。

(ただし、現状、保険会社から払われる評価損の保証金額は、修理費の20~30%が多いようです)

 

 

事故減価額証明書は、事故に遭った車を修理した後にJAAIに査定依頼をだせば取得することができます。

 

事故減価額証明書を弁護士や裁判所に提出して利用したり、加害者側の保険会社に提出することで、評価損分も払ってもらえることがありますよ。

 

査定は有料ですが、クルマのサイズによって査定料は変わります。(おおよそ5,400円~15,000円くらい)

 

 

「もらい事故で修復歴がついてしまった。その分も補償してほしい」という人は、事故減価額証明書を取得してくださいね。

 

詳しくは、JAAIの「知って安心!!クルマのQ&Aを参考にしてください。

 

もらい事故をされたら、事故減価額証明書を取得しよう

 

事故をしないのが一番。事故をしない運転のポイント

もらい事故をして修復歴がついてしまっても、事故減価額証明書があれば補償してもらえることがあります。

 

けれど、事故減価額証明書を取得するのは手間ですし、ついてしまった修復歴が消えるわけではありません。

 

事故をしないのが一番です。

 

事故をしないように、もらい事故をされないように「事故に遭わない運転」を行って安全運転をしてくださいね。

 

※事故をしやすい運転、事故をしにくい運転があります

事故に遭わない車の運転方法。慣れた道こそ気を付けて走ろう

 

渋滞の最後尾にならない。洗車はこまめに。事故に遭わない運転術2

 

 

また、2018年は、「あおり運転」に関する悲しい事故や、ニュースがたくさんありました。

 

あおり運転は事故につながる危険な行為です。

 

あおり運転に遭わないように、「あおり運転にあわない運転」をしてください。

 

もし、あおり運転をされたら、事故にあわないように、さっさと前を譲ってしまってくださいね。

 

※あおり運転されたら、道を譲るのが一番

あおり運転に遭遇したときの対処法。高速道路などではマナーを守ろう

 

事故をしない運転を心がけてください

 

まとめ

クルマの修復歴には、JAAIなどで決められた定義があります。

 

査定のときにだまされないように、ぜひ定義を覚えておいてくださいね。

 

また、もらい事故をされたら、「事故減価額証明書」を取得してくださいね。

 

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

5000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ