雪道&凍結した道で、車が滑らない運転方法とポイント

目安時間:約 6分

猛烈な寒波がやってきて、日本中で雪が積もっていますね。

 

毎年雪が積もる地域の人は、車での雪道走行に慣れていることでしょう。ですが、あまり雪の積もらない地域の人は、雪道走行に慣れておらず、事故を起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

なので、『雪道走行のポイントとコツ』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

運転しやすい靴を履こう

雪道運転の極意は“急”が使いない運転操作をすることです。

 

なので、

 

・じわっと加速

・ゆっくり曲がる

・じわっとしたブレーキ

 

が大切です。

 

 

というのも、道路の摩擦係数は、乾燥時とくらべて

 

・雪道では3分の1程度

・凍結した路面では10分の1程度

 

になっているんです。

 

なので、“急”が付かない落ち着いた運転が大切なんです。

 

 

ここで大切なポイント。

 

雪道を歩く時は、スノーシューズなど底の厚い靴を履く場合があると思います。けれど、その靴で運転するのは要注意なんです。

 

 

雪道や凍結した路面を車で走るときは、“急”操作はNGです。ということは、じわっとした運転とアクセルワークが必要です。

 

けれど、靴底が厚い靴は、繊細なペダル操作の妨げになりますし、靴の中がモコモコしていると、足が靴の中で踊ってしまいます。

 

そうなると、とてもじゃありませんが、繊細なアクセルワークはできない可能性が高いんです。

 

なので、雪道走行をする可能性があるときは、あらかじめ運転しやすい靴を車の中に乗せておきましょう

 

 

雪道ではカーブと交差点で事故が多い

雪道での事故は、カーブと交差点で事故が多いのが特徴です。

 

なので、カーブや交差点の手前でスピードを落としておくことが、事故を防ぐ重要なポイントになるんです。

 

また、このとき、乾燥した道路と同じようにブレーキを踏むのではなく、あらかじめじわっと踏み込んでおき、その後、減速具合と路面の状況をみて徐々にブレーキを強めていくようにしましょう。

 

ちなみに、このようなブレーキは、停止するまで距離と時間がかかりますので、雪道走行では

 

・早い段階のブレーキをする

・スピードは出さない

 

ようにしてくださいね。

 

 

また、日中、太陽がでていても、日陰の部分は凍結していることが多々あります。

 

そのような場所では、後ろの車に気をつけながらブレーキングテストを行い、ブレーキの効き具合を確認しながらあらかじめスピードを落としておいてくださいね。

 

 

スタッドレスは万能じゃない

雪道走行といえば、スタッドレスタイヤですよね。

 

今では『雪道=スタッドレス』というほど当たり前になっています。

 

けれど、スタッドレスタイヤは万能ではないことを覚えておいてください。

 

スタッドレスタイヤを履いていても、スリップや滑ることはあります。

 

スタッドレスタイヤは滑りにくくなるだけ』ということを覚えておいてくださいね。

 

 

また、スタッドレスタイヤは、雨の日など道路が濡れているときは、ノーマルタイヤよりもグリップ力が弱くなることがあります。

 

そのため、濡れている道路では、ブレーキ性能が低下するということも覚えておいてくださいね。

 

 

チェーンをつけるタイミングは、道路が白くなり始めたとき

チェーンを巻くタイミングは、かなり迷いますよね。

 

今は道路に雪は無いけれど、これから雪道に行くときなどは、特に迷うと思います。

 

 

チェーンを巻くタイミングは、早いにこしたことはありませんが、道路に雪が無いのにチェーンを巻くのは、いくらなんでも早すぎです。

 

目安としては、雪が本降りになる前で、路面が少しでも白くなりはじめたらチェーンの出番と覚えておくといいですよ。

 

 

遠回りでも除雪された道を走るのも一つの手です

最後に、雪道運転に慣れていないのなら、目的地まで遠回りでも除雪された道を走るのも一つの手です。

 

また、雪が積もったら、運転しないで公共機関を利用するという方法も、事故を防ぐ方法のひとつですよ。

 

 

雪道や凍結した道は、事故が多くなります。

 

“急”が付かない運転をして、安全なドライブを行ってくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ