ディーラーの在庫車は色々な種類がある。値引き交渉のポイント

新聞に入ってくるディーラーの折り込みチラシを見ると、“在庫車”という言葉が書かれていることがありますよね。

 

一般的に、「在庫車=売れ残り」というイメージがあります。けれど、最近は、『売れ筋モデルのストック』の意味合いの方が強いという話を前回しました。

 

※在庫車は売れ残りじゃない

在庫車とは売れ残りなの?抱える理由とメリット・デメリット

 

ただし、在庫車の中には、メーカーから押しつけられて持つ在庫車などもあるそうなんです。

 

なので、『在庫車の種類』と『在庫車を購入する時の商談のポイント』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える無料サービス

 

  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスなら、愛車を数十万円以上も高く売れる可能性があり。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

在庫車のなかには、メーカーから持たせられる“押し込み”もある

最近の在庫車は、各販売店が売れるだろというグレードやボディーカラーを自ら仕入れてストックする“見込みオーダー”が多いです。

 

けれど、在庫車の中には、これ以外の種類のものもあるんです。

 

 

その一つが『押し込み』といわれるもの。

 

押し込みとは、メーカーが決めたグレードやボディカラーなどの仕様などを、一方的に在庫車として持たせることです。

 

また、ここまであからさま押し込みではないものの、メーカー側が売れ筋の特別仕様車などを多く生産することで、ディーラーや販売店側は、ストックとして持つ車を選べることなく、半ば仕様を決められたような感じになってしまうこともあるようです。

 

メーカーがこのようなことをする理由は、生産台数が多くなれば、1台当たりの製造コストが安くなるからなんです。

 

 

ただし、ディーラーや販売店側は、在庫車を持つと、メーカーに代金を支払う必要がありますし、管理コストもかかってしまいます。

 

なので「早く売りさばきたい」という心情が働くので、値引きが拡大したり、自社登録してオークションに流してしまうことも多いんです。

 

 

在庫車の種類としては、販売店が大量に仕入れた結果、売れ残ってしまう『売れ残り在庫車』も存在します。

 

これは、軽自動車やコンパクトカーに多いのですが、モデルチェンジ前に大量の在庫を抱え込み、その結果、売れ残ってしまうことがあるんです。

 

というのも、軽自動車やコンパクトカーの場合、モデルチェンジをするのが分かっていても、「安い方がいい」というお客も多いためなんです。

 

そのため、モデルチェンジ後には、“ワケあり特価車”として販売したり、「実はモデルチェンジ前の車ですが、お安い車が…」という感じで販売したりします。

 

 

そして、在庫車の種類には、長期在庫となってしまった『完切れ車』も存在します。

 

車は、メーカーの生産ラインで作られ検査も終わってラインオフすると、“完成検査終了証”が発行されます。

 

この完成検査修了証があれば、新車を登録するとき(ナンバーをもらうとき)に、実車を持ち込む必要なく、書類だけで手続きを終わらせることができます。

 

けれど、完成検査修了証は有効期限が9ヶ月なので、9ヶ月以上の長期在庫となってしまった車の場合は、登録の際に車を陸運局に持ち込まなくてはいけなくなるんです。

 

そのため、登録手続き代行費用が、高くなってしまうことがあるんです。

 

 

営業マンがオススメしてくる車は在庫車

ディーラーなど販売店に行くと、営業マンが

 

「この車種のオススメのグレードは〇〇です」

「このボディカラーがオススメですよ」

 

など積極的にすすめてくることがあります。

 

また、「この予算でこのグレードを考えています」と伝えても、「予算を少し超えてしまいますが、こちらのグレードの方がオススメです」といってくることもあります。

 

このように、営業マンがすすめてくる車は、ほぼ間違いなく在庫車です。

 

 

また、オススメを聞いたときにすすめてくる仕様の車も、在庫車の可能性があるんです。

 

 

これを知っていると、交渉のときに優位に運びやすいんですよ。

 

 

在庫車を購入するときは、「予算内に収まるように」がポイント

では、在庫車を購入する時のポイントですが、まず、営業マンがオススメしてきた車が予算オーバーしていた場合は、

 

予算内にしてくれるなら、この車にします

 

というと、比較的簡単に値引きを拡大することができますよ。

 

 

また、在庫車を持つことが少ないトヨタ車を購入する場合は、「ライバル車よりも納期が長いですね。納期が長くても待ちますので、もう少し安くしてください」と、好条件を引き出すための材料としても使うことができます。

 

※トヨタ系の販売店は、在庫を持たない代わりに、納期が長くなりやすいです

 

 

“ワケあり特価車”を購入する場合は、すでに値引き額が書かれている場合は、それ以上、大幅な好条件を引き出すのは少し難しいです。

 

けれど、数万円の値引きなどは可能なので、オプション値引きのアップや下取り査定の上乗せなどをメインに交渉するといいですよ。

 

 

ちなみに、納車までに時間がかかるといっていたのに、営業マンが「納期が早く、もっと値引きができる車がありました。オススメですよ」といってくることがあります。けれど、このような車は、“完切れ車”の可能性があります。

 

完切れ車は持ち込み登録となるので、登録代行費用などが高くなります。見積書を見て、登録代行費用が高くなっていたら完切れ車なので、しっかり確認するようにしてください。

 

 

このように、在庫車にも色々な種類があるですよ。

車買取査定サービス ランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。査定額を競合させて、愛車を高く売りたい人にピッタリのサービスです。

 

楽天 無料愛車一括査定

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらうことができます。東証一部上場企業の楽天が運営しているので安心です。

 

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

・電話は1社からだけ

・査定もたった1回だけ

・お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれる

 

という、オークション形式の車買取査定サービスです。全国の5,000社以上の車屋が競って入札するので、あなたの車が高く売れる可能性大です。ただし、最低落札価格以上の入札があった場合は、必ず売る必要があります。

 

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ