各メーカーごと新車取扱ディーラーの特徴【トヨタ・日産・ホンダ】

目安時間:約 6分

新車を購入するときは、ほとんどの人が値引き交渉を行いますよね。

 

そして、値引き交渉の基本といえば“競合”です。

 

競合の方法には、

 

・同士競合

・兄弟車競合

・ライバル車競合

 

の3つの種類があり、同士競合⇒兄弟車競合⇒ライバル車競合の順に効果が薄れていきます(同士競合が一番効果的ということです)。

 

※競合の方法に関しては、こちらで詳しく説明してありますので参考にしてください

車購入時の値引き交渉の競合パターンは3つ。臨機応変な使い分けがポイント

 

 

ですが、同士競合を行うにしても、ディーラーのことがよくわからないという人も多いのでは。

 

なので、『各メーカーの新車取扱ディーラーの特徴』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

トヨタ系ディーラー

トヨタ系ディーラーには、

 

・カローラ店

・トヨタ店

・ネッツ店

・トヨペット店

 

があります。

 

そのため、トヨタ・アクアのように、併売車種の場合は同士競合が可能です。

 

※併売車種:カローラ店とトヨタ店など、資本の違うそれぞれの販売店で売られている車のこと

 

 

それぞれの店舗の特徴は、以下のようになっています。

 

 

《カローラ店》

カローラ店は、オレンジをテーマ―カラーとした販売店で、カローラ系を筆頭に取り扱いながらも、ファリミー層向けなど幅広い車種を取り扱っています。

 

トヨタ系ディーラーの中では、小ぶりな店舗を多く展開してます。そのかわり、拠点数がかなり多いのが特徴です。

 

 

《トヨタ店》

トヨタ店は、トヨタ自動車が最初に作った販売店です。

 

取扱車種は、クラウンシリーズなどの高級車や商用車が多いので、富裕層や法人向けとなっています。

 

トヨタ店ならではの特徴としては、(富裕層が多いので)完全個室の商談ルームを備えているところです。

 

 

《ネッツ店》

ネッツ店は、ミニバンや2BOXコンパクトカーなど、若者や女性向けをターゲットしたラインナップを多くそろえています。

 

ネッツがスタートするときには、店頭販売を中心に考えられていたため、大きめの店舗が多いです。

 

 

《トヨペット店》

トヨペット店は、熟年層向けのセダンをメインとした展開をしています。

 

最近は、アルファードの取り扱いなどもメインとなっているため、店舗の増築に力を入れています。

 

老舗なので、セールスマンのトーク力は抜群なので、そのトークに飲み込まれないようにしてください。

 

 

日産系ディーラー

日産は、かつては4系列のディーラーがありました。

 

けれど、1999年4月から始まった『日産販売店網の再編』により、レッドステージ/ブルーステージの2系列化が行われました。そして、現在では、レッド/ブルーの色分けが中止され、『レッド&ブルーステージ』にリニューアルが行われていっています。

 

このように、店舗は同じになっていますが、販売系列は

 

・日産店

・サティオ店

・プリンス店

 

と3つ存在するため、それぞれで同士競合が可能となっています。

 

ちなみに、サティオ店は、日産店・プリンス店と比べて独自色を出す店舗が多いので狙い目です。

 

 

ホンダ系ディーラー

ホンダもかつてはプリモ店、ベルノ店、クリオ店の3系統があり、それぞれ専売車種がありましたが、2006年に全車種併売に移行。

 

それにともにない『ホンダカーズ』に統一化されました。

 

現在は、メーカー直資系と地場資本系の販売店が混在しています。
(ホンダカーズ〇〇とホンダカーズ△△では、資本が別になります。そのため同士競合が可能です)

 

ですが、圧倒的な在庫量や値引き原資などから、メーカー直資系の方が、大幅値引きが引き出しやすいです。

 

一方、地場資本系は値引きでは勝てないので、手厚いアフターサービスで対抗しています。

 

ちなみに、メーカー直資系かどうか見分ける方法は、ウィキペディアで本田技研工業を検索し、その中の『四輪販売会社の項目の連結子会社』になっているディーラーはメーカー直資系です。

 

 

トヨタ、日産、ホンダのディーラーには、このような特徴があります。

 

次回は、この続きとして、スバル、ダイハツ、三菱、レクサス、スズキ、マツダのディーラーについてお話しますね。

各メーカーごと新車取扱ディーラーの特徴【ダイハツ、スズキ、マツダなど】

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ