SUVのアプローチ角などは大きい方がいい?全幅は広い方がいい?

目安時間:約 7分

車の進化は目覚ましいですね。

 

少し前と比べて大きく性能がアップし、新技術もどんどん出てきます。

 

ですが、新技術の方が絶対に良いのでしょうか?それとも、既存の技術で十分なのでしょうか?

 

そこで、

 

・SUVのアプローチアングルなどは、大きい方がいいの?

・全高は、高ければ高いほどいいの?

・全幅は広い方がいいの?

・ミッションのギア比は小さい方がいい?

 

についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、これまでお話しした『ミッションの段数は多い方がいい?』『サスペンションのリンク数やスピードメーターの数字は大きい方がいい?』などについては、こちらを参考にしてください。

 

※燃費向上には、ミッションの段数は多い方がいいです

車のミッションの段数は多い方がいいの?ATは10速、MTは7速まで登場

 

サスペンションのリンク数や、スピードメーターの数字は、大きいほうがいい?

 

EVのモーター出力は大きい方がいい?出力はバッテリーに左右されます

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

SUVのアプローチアングルなどは、大きい方がいいの?

SUVは、凸凹道など悪路での走りを考慮して作られます。

 

そのため、オフロードでの走りを第一に考えたSUV系の車は、アプローチアングルとディパーチャーアングルが重視されます。

 

これら角度は、前後のバンパー下端などとタイヤ外周の接地が地面と構成する角度のことをいいます。

 

アプローチアングルとディパーチャーアングルが大きいと、荒れ地などに入り込んでも愛車を傷める危険性は小さくなります。

 

 

ただ、一般道の未舗装の悪路なら、クロスオーバーSUVでも十分に走りきることができます。

 

なので、アプローチアングやディパーチャーアングルにこだわる人は、迷わず本格波のクロスカントリーSUVを選ぶといいですよ。

 

車種 アングル
アプローチ ディパーチャー
ジムニー 49度 50度
ランクル200 30度 20度
フォレスター 25度 26度
デリカD:5 24度 22.5度
イグニス 20度 38.3度
エスクード 18.2度 28.2度

(引用元:ベストカー)

 

 

車の全高は、高ければ高いほどいいの?

最近は、全高が高いクルマが増えました。

 

特に、軽自動車は、全高が高い車種が増え、人気になっています。

 

では、全高は、高ければ高いほどいいのでしょうか?

 

 

自動車評論家の鈴木直也さんいわく、軽自動車の全高は、タントくらいで十分だそうです。

 

初代タントの登場のときに感じた疑問です。

 

すでに全高1.65mのワゴンRクラスが大ヒットしてるのに、さらに10cm全高を高くしても「デッドスペースを増やすだけじゃん?」そう思ったわけ。

 

しかし、ぼくのこの予想は大外れ。タントを起爆剤として、その後“モアハイトワゴン”という一大マーケットが誕生したのはご存じのとおり。

 

だから、ダイハツがさらに全校を10cm高めたウェイクを出してきたときには、慎重に市場の反応を注視していたのですが、どうもユーザーの反応はタントのときほど熱くない様子。

 

どうやら、軽の全高はタント級(1・75m)で充分というのが結論のようです。

(引用元:ベストカー)

 

タントが大ヒットした理由は全高だけではありませんが、それでも、タントくらいの全高があると、使い勝手はかなり良いですよね。

 

 

車の全幅は広い方がいいの?

近年、全幅が広い車種が増えました。

 

コンパクトカー級(欧州だとBセグメント)まで、3ナンバー(全幅1700mm以上)くらいの全幅の車種が増えてきています。

 

 

では、なぜ全幅を広くするのでしょうか?

 

それは、側面衝突の安全性を確保しながら、居住性を確保しようとすると、全幅を広げるしかないからです。

 

 

どのくらい全幅を広くできるかは、国や地域の道路事情に寄りますが、日本の場合は、1750mm程度までならストレスなく走れる車幅といわれています。

 

1800mmを超えると、明らかに広い感じがしますね。

 

 

ミッションのギア比は小さい方がいい?

ミッションのギア比を小さくするということは、ハイギアードにするということです。

 

エンジンのトルクに余裕のある大排気量車やターボ車などを搭載した車ならいいです。

 

高速走行をメインとしてクルマを使うや、燃費や静粛性を気にする人には向いているギア比です。

 

 

けれど、(ファイナルギアとに兼ね合いもありますが、)ギア比を小さくしすぎると、走りがかったるくなります。

 

小排気量エンジンや実用トルクが薄いエンジンと組み合わせると、一気に加速仕様としたときに瞬発力がありません。

 

長い登坂路を走るときも、パワー不足を感じます。

 

このように、ミッションのギア比は、小さければ良いというわけではないんです。

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ