乗って気付いたSUVの欠点|ボディ周りは死角が多い、燃費が悪い

目安時間:約 5分

近年、ブームになりつつあるSUV。

 

とくに、小型のプラットフォームを使った都市型SUVが人気で、セダンでは物足りないけど、ミニバンほど居住性は必要ないという人に支持されています。

 

そんなSUVに乗ってみて気が付いた天国と地獄(メリットとデメリット)を、カー雑誌『CARトップ』が実際に乗っているユーザーに調査した結果をいくつか紹介します。

 

 

※SUVは、良いところがいっぱい

実際に乗って気付いたSUVのメリット|走破性が高くて安心

 

乗って気付いたSUVの利点その2|使い勝手や視界が良い

 

 

今回は、続きとして、SUVに乗って気付いたデメリットについて、お話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

SUVの地獄ポイント(デメリット)

SUVに実際に乗ってみて“いまいち”と思った点を紹介していきますね。

 

ボディ周辺に死角が多い、取り回し性はよくない

SUVは、見晴らしが良いので、遠くまで見渡しやすいです。

 

けれど、一方では、ボディ周辺に死角が多いんです。

 

とくに、駐車場での発進や、バックの時には注意が必要となります。

 

CX-5の斉藤さんは「貫禄のあるサイズと流麗なデザインと引き換えに、取りまわしはよくないですね。車体の四隅やタイヤまわりの感覚はほとんどわからないので、周囲の状況を知らせてくれるセンサーなしでは不安で乗れません」と語り、運転支援の電子デバイスが必要不可欠であることを強調した。

(引用元:CARトップ)

 

このように、SUVは、ボディ周りの死角が多くて、取り回し性がよくありません。

 

ハイブリッドでも燃費は思ったほど良くない

昔ながらの本格的なクロカンSUVは、いかにも燃費が悪そうですし、実際に燃費は悪いです。

 

けれど、近年、人気になっている乗用車ベースのSUVは、どれも比較的燃費が良いです。

 

ハイブリッドやクリーンディーゼルエンジンなどを搭載して、エコをうたっているSUVも増えています。

 

それでも、一般的な乗用車と比較すると燃費が悪く、不満の声も出ているんです。

 

「もともと大きな期待はしていなかったけど、ハイブリッドになる分値段が高くなることを思えば、もう少し燃費が伸びてほしい」、「同じパワートレーンを積むセダン系に比べて悪過ぎる」、「巡航燃費は悪くないが市街地燃費がダメダメ」

(引用元:CARトップ)

 

SUVは、ボディが大きく重たいので、どうしても燃費は悪くなってしまいます。

 

近年は、エコを意識する人が増えたので、SUVの燃費性能は、ユーザーにとって不満になってしまうようです。

 

車高が高いので、高齢者は乗り降りが大変

着座位置が高くなることは見晴らしが良くなるなどのメリットがある一方、乗降性を悪くするというデメリットにもなります。

 

近年の都市型のSUVは、よじ上るような乗り方になることは少ないですが、高齢者や子供にとっては、乗り降りが困難になることがあります。

 

「Xトレイルに乗っていますが、普通の大人なら何の問題もなく、むしろ少し高いぐらいの位置がちょうどよかったりしますけど、80歳を超えて足腰が弱くなった母はたいへん乗り降りしづらいようです。前に乗っていたクルマは車高が低めの両側スライドドア車だったので、やっぱり年寄りのいる家族にはミニバンのほうがよかった…」などと後悔する声もあった。

(引用元:CARトップ)

 

SUVの着座位置の高さは、高齢者や子供にとっては、乗り降りをしにくくしてしまうことになるようですね。

 

 

SUVには、このような地獄ポイント(デメリット)があります。

 

実際に乗ってみると、色々な点が見えてきますね。

 

次回は、引き続きデメリットについてお話ししますね。

乗って気付いたSUVのデメリット2|タイヤ交換が高額になる

タグ:  

カテゴリ:車ニュース 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ