左折するときの「あおりハンドル」はかっこいい??危険なので注意

最近、あおり運転が注目され、ニュースなどでよく聞くようになりましたが、新たに「あおりハンドル」という行為にも注目が集まっています。

 

あおりハンドルとは、トラックなど大型車が左折する時に、一度ハンドルを右に切ってから左折する行為ですが、マナーが悪い一般の車が行うとかなり危険なんです。

 

といっても、どんな危険な潜んでいるかイマイチ分からないですよね。

 

そこで、『あおりハンドルはかなり危険。なぜするの?』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

あおりハンドルとは?なんで危険なの?

『あおりハンドル』とは、「左折するとき、いったん右にハンドル切って膨らんでから左折する行為」です。

 

かんたんにいえば、一回、右に車を膨らませてから左に曲がることです。

 

まわりの車や自転車などを巻き込む危険な行為なので、教習所ではやってはいけないと教えられている行為です。

 

 

では、、『あおりハンドル』をすると、どんな危険があるのでしょうか?

 

 

あおりハンドルは、いったん右にハンドルを切るため、後ろの車やバイクは「右に曲がるんだ」と誤解します。

 

あおりハンドルをすると、左に出したウインカーが右に切った段階でキャンセルされてしまうため、ウインカーが出ていない状態にもなってしまうんです。

 

後ろの車やバイクは「そのまま直進するのかな」と誤解するので、前の車が左に曲がってきたときに巻き込まれて事故となってしまうんです。

 

 

また、対向車側の車も、急に右に膨らんでくる車があると、ビックリしますよね。

 

ビックリすると、急ブレーキを踏んだり、急ハンドルを切ったりする可能性があり、最悪の場合、周りを巻き込んで事故をしてしまう可能性もあります。

 

 

このように、「あおりハンドル」は、後ろを走っている車やバイクだけじゃなく、対向車側の車などにとっても危険な行為なんです。

 

 

道路交通法では、左折は自転車などを巻き込まないように、「できる限り道路の左側端により、できる限り道路の左側端に沿って徐行しなければならない」と定められています。

 

いったん右に切って膨らむということは、道路交通法に違反した行為なんです。

あおりハンドルは危険

なぜ、あおりハンドルをするの? 理由にビックリ!!

トラックやバスなどの大型車は、内輪差と外輪差の大きいため、狭い交差点を曲がるときにあおりハンドルを行いますが、さすがプロだけあって、周りの車に配慮しています。

 

大型車の運転手があおりハンドルをするときは、周りをしっかり確認し、徐行しながらウインカーも常時左に出し続けるという配慮を行っています。

 

「細い道なのに上手に曲がるなぁ」「凄いなぁ」と思いますよね。

 

 

 

では、なぜ、普通の乗用車でも『あおりハンドル』をする人がいるのでしょうか?

 

 

まわりの人から見ると、運転が下手な人がやる行為に思えますよね。

 

でも、違うんです。

 

あおりハンドルしている人は、普通に運転が上手い人が多いんです。

 

 

なんと、調査によれば、あおりハンドルを行う理由で最も多いのが、「かっこいいドライブテクニック」とやっているドライバーは思っているんです。

 

衝撃の理由ですよね。

 

まわりの人からみれば、危険な「あおりハンドル」は、やっている本人は“かっこいい”と思っているんです。

 

 

私は、あおりハンドルをやっている人は、

 

・あおりハンドルをやっている人は、巻き込み確認をするときに、無意識に手が動いてしまう

・運転があまり上手じゃないから、車の後ろの側面を擦りそうで怖い

 

のどちらかだと思っていました。

 

なので、「かっこいいから」という理由でやっているというのは、本当に驚きです。

 

 

かっこいいと思ってやっている人は、余裕で左に曲がれそうな場所でスピードを落とさずに行い、しかも、ウインカーをわざと出さない人もいるので、本当に危険です。

 

 

 

ちなみに、あおりハンドルや合図不履行(ウインカーを出さない)は、明らかな道路交通法違反です。

 

警察が、取り締まらなければならない行為ないんですが、現状は、あまり取り締まられていないため、悪い行為だと認識されていない状況なんです。

 

 

日本は、世界で最も運転免許取得が難しいうえ、世界で最も頻繁に免許証の更新を行っている国です。

 

更新の際に、危険な運転行為の啓発を行うのも安全な社会をつくる一つの手ですよね。

 

あおりハンドルは危険です

 

 

あおりハンドル以外にも、危険運転や迷惑運転はたくさん

多くの車が走行する現在では、あおりハンドル以外にも危険な運転や迷惑行為がたくさん存在します。

 

その一部を紹介しますね。

 

 

追い越し車線を走り続ける

片側2車線の道路などで追い越しするときの車線(右側の車線)は、「追い越し車線」といいます。

 

この追い越し車線を、追い越しが終わっても走り続けていて、しかも、後続の流れを乱すペースで走る車をよく見かけますよね。

 

これも迷惑運転・危険運転のひとつなので注意してください。

 

 

高速道路などで追い越し車線を走り続けるのは、「車両通行帯違反」という交通違反です。

 

追い越し車線の走行は最低限にして、追い越しが終わったら、すばやく走行車線(左側の車線)に戻ってくださいね。

 

追い越し車線を走り続けるのは危険

 

 

積み荷をしっかり固定しないで走行

ときどきダンプや平トラックなどで、車の積荷がしっかり固定できていなくて、今にも積み荷を飛ばしそうな車が前を走っていることがあります。

 

このような『積み荷がしっかり固定されていない状況での走行』は、かなり危険な行為です。

 

 

車の積荷を万が一落下させてしまった場合は、「転落等防止措置義務違反」となり、取り締まりの対象となります。

 

転落等防止義務とは、積載物が落下したり、飛散したりしないように適切な対応をしなさいと定めている法律なので、運転手は荷物が落ちないようにしっかり固定しなくてはいけないんです。

 

 

とはいっても道路を走っていると、砂利や泥などを運んでいるトラックがいて、今にも飛んできそうなときってありますよね?

 

そんな車の後ろになったときは、一瞬スピードを上げて追い越すのが一番です。

 

「逃げるが勝ち」というわけではないですが、被害を受けてからでは遅いので、早めに回避してくださいね。

荷台の積み荷はしっかり固定しよう

不必要な時にバックフォグランプを点灯する

バックフォグランプは、雨天や濃霧、積雪など視界の悪いときに、自車の位置を後続車に知らせるために非常に有効的なアイテムです。

 

しかし、天気がいい夜間のバックフォグランプを点灯は、後続のドライバーにまぶしい光を浴びせる迷惑な行為です。

 

 

基本的に、バックフォグランプは他のライトのスイッチと独立しています。

 

正しい操作方法を把握していないと、不要に点灯させていることがあるんです。

 

悪天候でもないのに、バックフォグランプを点けている人は、その行為が迷惑であることわかっていないケースが多いです。

 

 

バックフォグランプが装備されている場合は、しっかり操作方法を確認してくださいね。

 

 

 

無灯火運転

無灯火運転とは、暗いところで明かりをつけずに運転することです。

 

 

ヘッドライトは、自分の視界を照らすのだけでなく、自分以外の人に対して車の存在を知らせるための明かりでもあります。

 

夜間に無灯火で走行することは、対向車や周りを走る車にとって、とても危険な行為なんです。

 

 

無灯火の運転は、もちろん違反行為となり

 

・違反点数 :1点

・違反金 :大型車 7,000円、普通車・二輪車 6,000円、小型特殊・原付 5,000円

 

となっています。

 

 

最近の市街地は、店舗のライトアップや街灯で明るいことが多く、また、自発光式メーター車が増えたことにより、無灯火運転をしている人をよく見かけるようになりました。

 

 

自発光式メーターとは、キーをオンすると常にメーターパネルの文字や針が光るメーターです。

 

昔の車は、ヘッドライトの点灯と同時に、室内のメーターパネルが発光するような仕組みになっていましたが、現在の車はヘッドライドを点灯しなくても、室内のメーター類が光ってみえるようになっています。

 

そのため、「ヘッドライトをうっかりつけ忘れてしまう」なんてことがあるんです。

 

 

無灯火運転は、うっかりミスから大きな事故に発展する非常に危険な行為です。

 

特に冬場は暗くなるのが速いので、夕方4時半を過ぎたらライトオンしてくださいね。

 

 

また、無灯火というのは、ヘッドライトの点灯だけではありません。

 

前照灯、車幅灯、尾灯など、ランプ類はどれが球切れしても危ないです。

 

まめに点検を行ってくださいね。

 

暗くなったら、ヘッドライトをつけよう

 

 

ブレーキ不必要に踏んで、ブレーキランプをやたらにつける

運転免許を取得する時、交差点などで停車する前には、何度かに分けてブレーキペダルを踏む「ポンピングブレーキ」を行うように教えられますよね。

 

ポンピングブレーキは、タイヤがロックしやすい滑りやすい路面において、ロックしたらブレーキペダルを緩め、また踏みなおすというペダル操作を繰り返すドライビングテクニックです。

 

 

そのためポンピングブレーキは、昔の車のようABSがついていなければ有効的な方法でしたが、現在はあまり意味がないんです。

 

車が、前後左右にひしめく現代では、ブレーキランプがチカチカと点灯して迷惑な行為なんですよ。

 

 

また、高速道路などで、ブレーキランプをやたら点けるのもNGです。

 

後続車に迷惑をかけるだけでなく、渋滞の原因になるので注意です。

 

ブレーキはやたらと踏まない

 

 

まとめ

このように、危険運転やイライラを招く運転はたくさんあります。

 

日ごろから、安全運転を心かけてくださいね。

 

あおりハンドルをする人は、危険ですので行わないように気を付けてくださいね。

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ