あおり運転に遭遇したときの対処法。高速道路などではマナーを守ろう

目安時間:約 10分

2017年6月、東名高速道路にてあおり運転による死亡事故が起きました。

 

身勝手な行動による痛ましい事故は大きな話題になり、あおり運転に関するニュースはその後頻繁に報道されるようになりました。

 

では、実際にあおり運転に遭遇したら、どのように対処すればいいでしょうか?

 

そこで、『あおり運転に遭遇した時の対処法』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

あおり運転の定義は存在しない

まず始めに、あおり運転とはどのような行為なんでしょうか?

 

「前方を走行する車に対して、異常に接近すること」と思っている人が多いと思いますが、この行為は「車間距離不保持」で、じつはあおり運転に対する定義は存在しないんです。

 

車間距離の保持とは?

 

道路交通法・第二十六条

 

車両などは、同一の進路を進行している他の車両などの直後を進行するときは、その直前の車両などが急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるために必要な距離を保たなければならない。

【罰則】

5万円以下の罰金または3カ月以下の懲役

(引用元:CARトップ)

 

この車間距離の保持に対しても明確な規定はなく、取り締まりを行う警察官の裁量に委ねられています。

 

 

ひと昔は、車間距離は走行速度と同じ距離だけ車間を取るといわれていました。

 

なので、100km/hなら100m車間距離を取るということなんですが、これは50年以上も前の話で、今はACC(定速走行・車間距離制御装置)の車間距離設定で30mというモデルもあるんです。

 

 

あおり運転の定義ははっきり決まっていませんが、現在では「他の車に対して嫌がらせや危険行為を行うこと」を“あおり運転”いうのが一般的になっていて、

 

・前方を走行する車に対して、異常な距離まで車間詰める

・前方の車を追い回す

・ハイビームやパッシング、クラクション、幅寄せによって威嚇する

 

などの行為をさします。

 

 

個人差はあると思いますが、バックミラーに映る後続車のフロント部分が、自分の車に隠れて見えない距離になると、あおられていると感じると思います。

 

急いでいるときなどに、前方車両がゆっくり走っていたら、イライラしてあおってしまう人が多いんです。

 

 

あおり運転をされたら、迷わず道を譲ること

では、自分が後続車両からあおられていると感じたら、どうすればいいのでしょうか?

 

 

あおり運転をされた場合は、道を譲るのが一番の対処方法です。

 

あおり運転は、高速道路の追い越し車線で起こるのが多いですので、何も考えることなく道を譲れば大丈夫です。

 

 

片道1車線の追い越しできない一般道の場合では、どこかの退避場所で一時停止して道を譲ってください。

 

山道などで、よく見かける光景ですよね。

 

あおられたことに、カッとなってあおり返したりするのは、トラブルの原因にもなるので絶対にやめてくださいね。

 

 

高速道路であおられないためには、スムースに走れるようにマナーを守ることが大切

高速道路の渋滞は、土・日曜日などの休日によく起こりますよね。

 

これは、土・日曜日になると通行量が増えるから渋滞すると思っていると思いますが、平日と土・日曜日では通行量はほとんど変わらないんですよ。

 

 

渋滞の原因は、じつはドライバーにあって、日常的に車を運転するドライバーと、休日にしか運転しないドライバーの技量の差が、渋滞を生んでいるんです。

 

 

ちなみに、追い越し車線を延々と走ることは、「通行区分違反」になります。

 

追い越しが終わったら、速やかに走行車線へ戻らないといけなく、いつまでも追い越し車線で、しかも低めの速度で走り続けるのは、円滑な交通を阻害していて違反していることになります。

 

他の車両に追いつかれた、車両の義務

 

第二十七条

車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となっているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第十八条第一項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄ってこれに進路を譲らなければならない。最高速度が同じであるか、または低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりも遅い速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

【罰則】5万円以下の罰金

(引用元:CARトップ)

 

道路交通法というのは、交通の安全と円滑を図ることを目的としています。

 

運転は、速度さえ守ればいいというわけではないんです。

 

 

最近のエコカーも、渋滞を引き起こす原因のひとつになることもあります。

 

例えば、サグ渋滞(下り坂から上り坂へ切り替わる場所での渋滞)の原因は、上り坂で速度維持ができず、速度が原則してしまうために起こります。

 

エコカーは上り坂で速度維持ができず、しかも中間加速のレスポンスが悪く、急速に速度を失ってしまい「気が付いたら高速道路で70km/h台になっていた」なんてこともあるので注意です。

 

 

日本では、車間距離だけでなく、交通の流れの保持やフォグランプの使用違反といったマナーに対する取り締まりが全くない状況です。

 

ドライバーのマナーを向上させるためにも、厳しい取り締まりが必要なのかもしれませんね。

 

 

海外の運転マナーについて

アメリカでは、あおり運転のことを「テールゲーティング」といい、直前の車にぴったりつけて運転するという意味です。

 

ちなみに、テールゲートは車体の後部を示します。

 

 

テールゲーティングは、アメリカでは日常的に行われる行為で、とくにフリーウエイでは、頻繁に起こっているんです。

 

そのため、大規模な交通事故が後を絶えず、年間で交通事故死亡者数は3万にを越えています。

 

日本の年間交通事故死亡者数は約4000人なので、8倍近く多いことになるんです。

 

 

あおる車はドイツ系の高級車が多いです。

 

「お金持ちだから、身勝手な運転をしていい」なんてことはありません。

 

近い将来、V2V(車車間通信)が義務化されて、テールゲーティングがなくなる日が来るといいですよね。

 

 

一方、世界で唯一、アウトバーン(高速道路)の速度制限解除区域が設けられているドイツの運転マナーは、ヨーロッパ諸国のなかでもかなり優秀です。

 

 

たとえば、アウトバーンの追い越し車線を猛スピードで走るドイツ車の前方を、速度を解さずマイペースで走り続ける他国ナンバーの車がいる場合、ドイツ車はハイビームを一瞬だけ点滅させたり、左ウインカーを短く出したりして、かるく合図だけをします。

 

極端に車間距離を詰めたり、ハイビームを断続的に点灯したりするあおり行為は禁止されていて、処罰の対象となっているからです。

 

 

そして、ドイツでは思いやりのあるドライバーが多く、合流手前になると、走行車線を走っている車は、一旦隣の車線へ移動するのが当たり前のマナーとして定着しています。

 

ドイツのドライバーは、心に余裕を持って運転しているんですね。

 

 

このように、あおり運転はドライバーの心掛けしだいでなくなります。

 

ドライバーみんなが譲り合いの心を持って、安全運転を心掛けることが大切です。

タグ: 

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ