軽自動車とコンパクトカー、買うならどっち?ハスラーとクロスビーを比較しました

現在、国内の自動車販売台数の約4割が、「軽自動車」となっています。

 

昔は軽自動車とえいば、「普通自動車が買えない人が買う」というイメージがありましたが、今ではそんなことはなく幅広い世代の人が乗っています。

 

ここ最近の軽自動車の進化が著しく、性能や安全性は普通車に負けず劣らずの状態です。

 

とくにコンパクトカーと比べると、性能や安全性の違いは少なくなっています。

 

 

性能などが近くなると、「コンパクトカーを買うか、軽自動車を買うか迷う…」となりますよね。

 

そこで、『ほぼ同価格の軽自動車とコンパクトカー。購入するならどっちがおすすめ?』についてお話しますね。

 

 

見た目も価格もそっくりなスズキ・ハスラーとクロスビーも検証しましたので、その結果もお話しますね。

 

 

「かんたんで楽に愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 交渉は苦手だけれど、車を高く売りたい
  • かんたんで分かりやすい方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で40万円以上高く売れることも!

車査定・買取の窓口の公式サイトを見る

そもそも軽自動車とは?

軽自動車は、道路運送車両法によって、

・全長 3400mm以下

・全幅 1480mm以下

・全高 2000mm以下

・排気量 660cc以下

・乗車定員 4人以下

・貨物積載量 350kg以下


と決められている車両のことです。

 

 

軽自動車の自家用のナンバープレートは、黄色地に黒文字となっています。

 

軽自動車のナンバープレート

 

軽自動車の規格は日本独自のもので、限られたスペースを有効的に使う日本らしい車なんですよ。

 

種類は、軽トラックからスライドドアを備えたスーパーハイトワゴンまで、幅広く存在しています。

 

 

【軽自動車の種類】

・軽トラック (例:スズキ・キャリイ、ダイハツ・ハイゼットトラックなど)

・セダン (例:ダイハツ・ミラ、スズキ・アルトなど)

・ハイトワゴン(トールワゴン) (例:スズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーブなど)

・スーパーハイトワゴン (例:ホンダ・N-BOX、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシアなど)

・ワンボックス (例:スズキ・エブリイワゴンなど)

・SUV (例:スズキ・ハスラー、スズキ・ジムニーなど)

・スペシャリティ (例:ダイハツ・コペンなど)

 

 

軽自動車の魅力は、なんといっても維持費の安さです。

 

とくに税金は、普通自動車と軽自動車では大きく違っています。

 

 

スズキ・ハスラーとクロスビーを例にして、新車購入から初回車検までの税金の違いを比べると、ハスラーにはエコカー減税が適用されるので、税金がかなり安く抑えられています。

 

総額を比べると、11万円以上もの差が出ているんです。

 

やはり、軽自動車は維持費が安いですね。

 

クロスビー

MZ 4WD

ハスラー

Xターボ 4WD

車両本体価格218万9160円171万7200円
エコカー減税自動車重量税適応外-50%
自動車取得税適応外-40%
グリーン化特例適応外ー25%
自動車取得税5万3600円1万6700円
自動車税(1年目)2万9500円1万800円
自動車税(2年目)2万9500円8100円
自動車税(3年目)2万9500円1万800円
重量税2万4600円3700円
合計16万6700円5万100円

(引用元:CARトップ)

 

軽自動車とは

 

 

選ぶときの判断基準は?

税金や車検など「ランニングコスト」を軽自動車とコンパクトカーで比較すると、軽自動車の方が優遇されているのはわかりましたが、そのほかの部分に違いはあるのでしょうか?

 

維持費以外の部分を比較します。

 

 

居住性

軽自動車は、全長、全幅、全高に制限があるため、室内空間がコンパクトカーより狭いと思われがちですよね。

 

しかし、最近では、広い室内空間を売りとした軽自動車が数多く発売されていて、居住空間の広さは、軽自動車もコンパクトカーもあまり変わらなくなってきています。

 

 

例えば、プチバンのスズキ・ソリオ(コンパクトカー)とスズキ・スペーシア(軽自動車)を比較すると、長さはソリオのほうが360mm長くなっていますが、高さに限ってはスペーシアの方が高いんです。

 

(室内寸法)

・ソリオ :室内長2515mm × 室内幅1420mm × 室内高1360mm

・スペーシア :室内長2155mm × 室内幅1345mm × 室内高1410mm

 

 

現在、軽自動車は激しい販売競争を繰り広げているため、空間効率を徹底的に高めています。

 

このことからも、軽自動車とコンパクトカーの居住性の快適さに大きな違いはないんです。

 

軽自動車とコンパクトカーの社内寸法は、大きな差はない

 

 

走行性と運転のしやすさ

コンパクトカーは、全幅が広い分、カーブを曲がるときなどの動作が安定しています。

 

さらに、エンジンの排気量は、軽自動車が660ccに対して、コンパクトカーは1000ccから1500ccと2倍近くに増えます。

 

そのため、コンパクトカーは駆動力が高く、高速走路の上り坂や追い越し加速をかける時などは大きな差がでます。

 

 

一方、運転のしやすさとして「小回り」を考えると、軽自動車の方が小さく回転出来るので扱いやすいです。

 

とくに、狭い裏道や駐車場での取り回し性は、軽自動車のほうがかなりいいです。

 

 

安定性と動力性を重視するならコンパクトカー、運転のしやすさなら軽自動車という選び方になります。

 

 

安全装備

最近の軽自動車は、装備が充実しているので、コンパクトカーとの差はほとんどなくなってきています。

 

安全装備に関しても、軽自動車は売れ筋の全車種が緊急自動ブレーキを備えていて、コンパクトカーと同等かそれ以上の安全性能を発揮しています。

 

 

例えば、ホンダ・N-BOXは、ホンダの安全技術「ホンダセンシング」を搭載し、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用して、自動ブレーキは歩行者も検知するんですよ。

 

 

安全装備に関しては、普通自動車だけでなく、軽自動車の装備も当たり前になってきているので大きな差はない状況です。

 

ただ、軽自動車の設定が少ないのが「カーテンエアバック」です。

 

横転時などに身を守るためには、必要アイテムなので、今後標準装備となることを期待したいです。

 

軽自動車もコンパクトカーも、安全装備に差はない

 

 

軽自動車のナンバープレートが黄色から白になる?

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて、特別仕様のナンバープレートを交付することが国土交通省から発表されました。

 

さらに、東京オリンピック特別仕様の他にも、2019年ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートの交付も予定されています。

 

 

これによりナンバープレートの下地が、軽自動車でも白(普通自動車と同じ)になるんです。

 

ナンバープレートが白になったからといって、軽自動車の売行きが大幅に増えるわけではありませんが、黄色ナンバーが嫌な人には大きなメリットになります。

 

 

軽自動車のデザイナーいわく「黄色のナンバープレートは、ボディカラーとのバランスが取りにくい」そうです。

 

車のカタログにも、ナンバープレートが取り付けられていない車が乗っているので、納車された愛車を見て違和感を感じる人も多いんです。

 

外観の見栄えにこだわる人にとっては、白ナンバーを選べるのは嬉しいことですよね。

 

軽自動車のナンバープレートも白になる!?

 

 

トラックと軽トラックはライバル関係?

トラックの世界にも、もちろんですが普通自動車と軽自動車が存在します。

 

軽トラックは、農業をしている方によく使われているイメージが強く、トラックは建築業の方が使用するイメージが強いです。

 

 

到底ライバル関係になさそうなこの2台ですが、実際には法人のお客は、どちらにするかでよく迷うそうなんです。

 

というのも、新車価格がそれほど大きく変わらないからなんです。

 

 

例えば、ダイハツ・ハイゼットトラック(軽トラック)と、トヨタ・タウンエース(普通トラック)の価格は、

 

・ハイゼットトラック :115万200円~139万8600円

・タウンエース :152万6040円~154万7640円

 

となっています。

 

 

上級グレードの差額は、約15万円しかないんです。

 

軽トラックの購入を考えていたけれど、普通貨物を購入しようとするケースも少なくないんですよ。

 

軽トラックとトラックはライバル関係

 

コンパクトカーのクロスビーと軽自動車のハスラーを徹底比較

軽自動車のハスラーのワイド版ともいえるのが、コンパクトカーのクロスビーです。

 

ハスラーとクロスビーは、見た目の顔つきがそっくりで、コンセプトも共通しています。

 

 

価格に関しても、

 

・ハスラーの最高額グレード(Xターボ 4WD 2トーンルーフ):171万72円

・クロスビーのベースグレード(ハイブリッドMX 2WD):176万58円

 

と似通っているんです。

 

 

では、ハスラーとクロスビーでは、どちらがおすすめなんでしょうか?

 

初めにハスラーとクロスビーを紹介し、その後いろいろな角度から比較しますね。

 

ハスラーvsクロスビー

 

 

ハスラーの紹介

ハスラーは、スズキの人気軽自動車です。

 

「遊べる軽」というキャッチコピーを持つ「軽クロスオーバーSUV」で、2014年1月から発売が開始されました。

 

 

背の高い軽自動車で、内外装をSUV風に仕上げているのが特徴です。

 

ワゴンRと共通のプラットフォームを使用していて、前後席の居住性や荷室の広さなどは、ワゴンRと同じになっています。

 

車内が広くシートアレンジも多彩なんですよ。

 

また、荷室には汚れを落としやすい加工が施されているので、アウトドア―や海のレジャーなどにおすすめです。

 

 

駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDがあって、エンジンはノーマルタイプ、S-エネチャージ、S-エネチャージターボの3種類から選べます。

 

 

クロスビーの紹介

クロスビーは、「ハスラーの小型版が欲しい」というニーズ応えて開発され、2017年12月25日に発売されました。

 

ロスビー(XBEE)という車名の由来は、「X=クロスオーバー、BEE=TO BE EXCITING」を組み合わせた造語なんです。

 

 

見た目はハスラーにそっくりですが、実際には、クロスビーとハスラーで共用した部品は一つもないんです。

 

たとえば、ハスラーはワゴンRのプラットフォームを使用して開発されていますが、クロスビーのプラットフォームースは、イグニスやソリオと同じものです。

 

インパネのデザインも、イグニスに似ているんですよ。

 

 

クロスビーは、「みんなで、もっと遠くまで遊びに行きたい」というコンセプトで開発されたため、動力性能に余裕のあるターボだけの設定となっています。

 

パワートレインは、1.0Lターボ+マイルドハイブリッド、6ATの組み合わせのみで、駆動方式は、前輪駆動の2WDと4WDが用意されています。

 

 

実用性はどっちが高い? ハスラーvsクロスビー

ハスラーとクロスビーの室内空間は、

 

【ハスラーとクロスビーの室内寸法】

ハスラー :室内長2160mm × 室内幅1295mm × 室内高1250mm

クロスビー :室内長2175mm × 室内幅1355mm × 室内高1280mm

 

となっています。

 

 

身長172cmの人が乗った場合、各空間には以下のような余裕がありました。

 

【172cmの人が乗った時の空間の余裕】

ハスラー

・運転席頭上高:190mm

・後席頭上高:130mm

・後席膝まわり:270mm

 

クロスビー

・運転席頭上高:240mm

・後席頭上高:190mm

・後席膝まわり:320mm

 

(引用元:CARトップ)

※1.運転席頭上高は、シートを一番下にしたときの寸法

※2.後席頭上高は、シートを一番後ろにスライドしたときの寸法

 

 

数値を比べると、頭上方向の差はあまりありませんが、後席膝まわり空間の広さは、クロスビーのほうが圧倒的に広いです。

 

シート幅もハスラーよりクロスビーのほうが広いですが、シートがより高めにセットされ椅子感覚で座れるのはハスラーです。

 

前席の座り心地はあまり差がありませんが、後席はクロスビーのほうが快適です。

 

 

ハスラーは、前後のスライド機能に加えて、後席の背もたれを前方に倒すと座面も下がり、床の低いフラットな荷室に変更できるようになっています。

 

多彩なシートアレンジが可能なんですが、そのぶん座り心地が快適ではありません。

 

 

しかし、クロスビーの後席は、左右独立の前後スライドは可能ですが、背もたれに連動して座面が下がる機能はありません。

 

シートアレンジは単純ですが、その分座面のボリューム感があるので、座り心地が快適なんです。

 

室内空間はどっちが使い勝手がいい?

 

 

運転席からの視界。 ハスラーvsクロスビー

ハスラー、クロスビーともに、車高はもちろん、着座位置が高めとなっています。

 

しかも、Aピラー、フロントウィングとも立っているので、運転視界が高く見やすいんです。

 

 

ですが、ハスラーとクロスビーを比較すると、「着座位置」「インパネ」「フロントウインドウ下端」の高さに違いがあり、前方の見切り性に差があるんです。

 

 

クロスビーは、乗員の視線に対してサイドウインドウの下端をハスラーよりも約25mm高く設定しています。

 

ハスラーは、インパネの位置が低いぶん視界がいいですが、クロスビーはボンネットが長いので視界が悪いです。

 

視界のよさは、ハスラーのほうが上です。

 

ハスラーもクロスビーも運転席からの視界は良い

 

 

運転のしやすさ、乗降性に優れるのは? ハスラーvsクロスビー

ハスラーの最小回転半径は4.6m、クロスビーは4.7mと大きな差はなく、両車とも運転席からボンネットの端が見えるので、取り回しの良さは想像以上です。

 

また、空から見下ろしたような画像の「全方位モニター」も搭載されているので、駐車のしやすさも文句なしなんです。

 

乗降性もよく、どちらとも適度に高めのシート位置なので、スムーズに乗降できます。

 

 

ですが、左右に車が停まっている白線内に駐車しやすいのは、やはり車幅が狭いハスラーです。

 

しかも、ハスラーはドアをより大きく開けることができるので、太めの体格でも降りやすいです。

 

クロスビーよりハスラーのほうが、ドアが大きいにもかかわらず、小さいボディのおかげで、約11cm外側に大きく開くことができるからなんですよ。

 

 

走行性能に優れているのは? ハスラーvsクロスビー

軽自動車であるハスラーに対して、クロスビーは普通乗用車です。

 

そのため、ハスラーは66ccターボエンジンを搭載しているのに対して、クロスビーは1.0Lターボエンジンを搭載しているので、クロスビーのほうが走りの面で充実しています。

 

 

ハスラーは、ターボモデルとノンターボモデルの設定があるので、ハスラーのノンターボモデルとクロスビーを比較すると、圧倒的にクロスビーのほうが走行性能が高いです。

 

しかし、ハスラーのターボモデルなら、動力性能の余裕、走りのスムーズさ、質感がグッと高まり、遠出などのドライブでも走りのよさを感じることができます。

 

 

クロスビーは、1.0Lターボ&マイルドハイブリッド+6速ATの組み合わせにより、力強い走りが実現しています。

 

 

4WD車の悪路走破性は、両車とも実用的なレベルですので、ターボ車ならどちらを選んでも文句なしです。

 

 

維持費の差は? ハスラーvsクロスビー

走行性能や室内の広さは、やはり普通自動車のクロスビーが優位ですよね。

 

しかし、維持費の面からみると、圧倒的にハスラーのほうがお得なんです。

 

 

維持費シミュレーション

ハスラークロスビー
自動車税(年間)10,800円29,500円
重量税(年間)4,100円11,250円
自賠責保険(年間)13,185円13,920円
ガソリン代40,625円59,098円
駐車場代120,000円120,000円
任意保険46,030円53,790円
車検代30,000円37,800円
消耗品費10,000円20,000円
合計

(年間)

274,740円345,358円
月額平均22,895円28,780円

軽自動車が年間70,618円も安い

▲ガソリン代は年間走行距離1万km、ガソリン単価130円、燃費はハスラーが32.0km/L、クロスビーが22.0km/Lで計算。駐車場代は1万円/月、すべて1年分の維持費として仮定する。

(引用元:CARトップ)

 

※クロスビーの維持費に関しては、こちらも参考にしてください。

クロスビー(XBEE)の維持費は年間&月々いくら?節約する7つの方法

 

 

やはり軽自動車のハスラーは、自動車税が安く、燃費いいですよね。

 

税金やガソリン代などを含めた合計では、年間約7万円の差がついてしまいました。

 

また、高速料金に関しても軽自動車のほうがお得です。

 

 

ハスラーとクロスビーを比較していろいろ見てきましたが、高級感や走行性、積載性、室内空間などすべての面では、クロスビーのほうが優れています。

 

しかし、車両価格と維持費の面では圧倒的にハスラーのほうがお得です。

 

走行性能や居住性の差を踏まえて、維持費の差が大きいとみるか、小さいとみるかで結論は大きく変わります。

 

 

結論としては、街乗りを主として使用するならハスラーのほうがお得ですし、長距離走行の機会が多い場合はクロスビーがおすすめです。

 

クロスビーよりも、ハスラーのほうが維持費が安い

 

まとめ

このように、コンパクトカーも軽自動車もそれぞれメリットが違います。

 

軽自動車かコンパクトカーか迷ったときは、まず使用目的を明確にしてくださいね。

 

そのうえで、自分の予算・用途にあった車を選ぶのがおすすめですよ。

 

※クロスビーを安く買いたいなら、こちらを参考にしてください

クロスビーの限界値引き相場。新車を安く買う10のポイント

 

車買取査定サービス ランキング

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 

ズバッと車買取比較

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4.5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ