カタログ燃費で30km/L超える軽自動車の実燃費。達成率は50%以下に

目安時間:約 10分

近年は、車の技術が発展したおかけで、燃費の良い車が増えてきました。

 

30km/Lを超える軽自動車もとても多いですね。

 

ですが、カタログ燃費(JC08モード燃費)で30km/Lを超えていても、実燃費はどのくらいなのでしょうか?

 

カタログ燃費で30km/Lを超える軽自動車の実燃費は?』についてお話ししますね。

 

最新軽自動車の燃費性能は、どのくらいの実力なのでしょうか。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

JC08モード燃費の達成率が50%以下の車種も

モータージャーナリストの横越光廣さんは、これまでに多くの車を所有してきて、近年は、エコが最大のセールスポイントである以下の3台を購入しました。

 

1.カタログ燃費30.0km/Lの初代ミライース(ダイハツ)

2.カタログ燃費35.5km/Lのアルトエコ(スズキ)

3.カタログ燃費37.0km/Lのアルト(スズキ)

 

では、これらエコが特徴の軽自動車の実燃費はというと、「過大広告だろ」というくらいあまり伸びなかったんです。

 

 

【カタログ燃費30.0km/Lの初代ミライース】

横越さんのミライースの実燃費は、メーターによると15km/L。

 

そのほかの数値は、以下のようになりました。

 

DAIHATSUミライース グレード「X」

 

JC08モード燃費=30.0km/L

実燃費=約14km/L

JC08モード達成率=約46.7%

(実燃費の幅13~15km/L程度)

(引用元:ベストカー)

 

このように、ミライースの実燃費は、カタログ燃費の50%以下になってしまったんです。

 

ミライースは、夏場にエアコンをつけると、13km/L台にダウンすることもありました。

 

 

車の燃費は、乗り方によって大きく違ってきます。

 

横越さんの乗り方は、ジェントルな運転で、近くのストアへの買い物や町内の用事が主で、約50km圏内の郊外路や高速道路を走ります。

 

町内ではストップ&ゴーが多くなるので燃費には不利ですが、軽自動車に乗っている人の多くは街乗りが多いですよね。

 

なので、軽自動車本来の使い方を考えれば、入り組んだ市街地などで真価を発揮してくれなければ意味がありません。

 

 

【カタログ燃費35.5km/Lのアルトエコ】

アルトエコは、ミライースよりも車重が20kgも軽いので、燃費は期待できましたが…、なんと15km/L台に。

 

高速道路を長い時間走っても、最高で18km/Lどまりでした。

 

その後、17.8km/Lを記録することがありましたが、総合的には16km/Lにとどまってしまいました。

 

アルトエコも、ミライースと同じく、達成率は50%以下になってしまったんです。

 

SUZUKI アルトエコ グレード「S」

 

JC08モード燃費=35.5km/L

実燃費=約16km/L

JC08モード達成率=約45.1%

(実燃費の幅15~18km/L程度)

(引用元:ベストカー)

 

 

【カタログ燃費37.0km/Lのアルト】

3台目は、一時期、カタログ燃費日本一となっていたアルトです。

 

横越さんは、2016年1月に購入し、8ヶ月ほど経ちました。

 

その結果、燃費は14.6km/Lとなったんです。

 

やはりカタログ燃費達成率は、50%以下だったんです。

 

SUZUKI アルト グレード「X」

 

JC08モード燃費=37.0km/L

実燃費=約15km/L

JC08モード達成率=約40.5%

(実燃費の幅14~17km/L程度)

(引用元:ベストカー)

 

 

このように、エコが自慢のクルマ3台の実燃費は、カタログ燃費の半分にもならなかったんです。

 

もちろん、乗り方によって大きく違ってくるのは分かりますが、カタログとの違いが大きすぎですよね。

 

軽自動車は、価格もそれほど高くなく、利便性も良いので素晴らしい車種です。

 

だからこそ、カタログ値をもっとどうにかしてほしいですね。

 

 

2018年から、新燃費基準「WLTPモード」が採用されます。

 

新燃費基準で、カタログ燃費と実燃費の差が、かなり小さくなって欲しいですね。

 

※新燃費基準に関しては、こちらを参考にしてください

新燃費計測法WLTPモードとは?輸入車も同じ条件で比較できるように

 

 

30km/L超の軽自動車の実燃費は、20km/L以上の実燃費の車種が多い?

横越さんが、自分の車で行った実燃費テストの3車種以外にも、カタログ燃費が30km/Lの軽自動車は多いです。

 

では、その他の車種の実燃費はどうなのでしょうか?

 

 

投稿による燃費結果を集計して紹介しているウェブサイト『e燃費』の結果をみると、以下のようになりました。

 

e燃費による30km/L超軽自動車の実態

車種 実燃費

(JC08モード燃費)

JC08達成率
スバルプレオ・CVT・FF 23.7km/L(30.0km/L) 79.03%
スズキアルトエコ・CVT・FF 23.04km/L(30.2km/L) 76.29%
マツダキャロル・CVT・FF 27.59km/L(37.0km/L) 74.57%
ダイハツミライース・CVT・4WD 22.92km/L(32.2km/L) 71.1%
ダイハツミライース・CVT・FF 21.34km/L(30.0km/L) 71.14%
日産モコ・CVT・FF 21.24km/L(30.0km/L) 70.8%
スズキワゴンR・CVT・FF 20.28km/L(30.0km/L) 67・6%
スズキアルト・CVT・4WD 21.95km/L(33.2km/L) 66.11%
スズキスペーシア・CVT・FF 20.23km/L(32.0km/L) 63.21%
ダイハツムーヴ・CVT・FF 19.59km/L(31.0km/L) 63.19%
スズキハスラー・CVT・4WD 19.03km/L(30.4km/L) 62.59%
スズキアルト・CVT・FF 22.60km/L(37.0km/L) 61.09%
トヨタピクシスエポック・CVT・FF 18.04km/L(30.0km/L) 60.12%
ダイハツミライース・CVT・FF 21.13km/L(35.2km/L) 60.02%
ダイハツムーヴ・CVT・FF 18.60km/L(31.0km/L) 60.01%
スズキハスラー・CVT・FF 19.07km/L(32.0km/L) 59.6%
スズキアルトラパン・CVT・FF 20.20km/L(35.6km/L) 56.74%
スズキアルトラパン・CVT・4WD 18.61km/L(33.2km/L) 56.07%

(引用元:ベストカー)

 

これをみると、実燃費が20km/Lを超えている車種が多いですね。

 

実燃費が20km/Lを超えてくれれば、ユーザーとしては文句はないかもしれませんが、それでもカタログ燃費との差は大きいですね。

 

 

カタログ燃費の良い軽自動車の実燃費は、このようになりました。

 

やはりカタログ燃費は、参考程度にしておくのがよさそうですね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ