トヨタディーラー、全店舗全車種販売への営業マンの本音は?再編や統合はある?

トヨタ自動車は、日本で唯一、複数の販売チャネル(チャンネル)を持っています。

 

販売チャネルごとに取り扱う車種が違い、専売車種(たとえば、アルファードはトヨペット店だけ、ヴェルファイアはネッツ店でしか買えない)も存在します。

 

 

そのようななか、現在トヨタ自動車は、専売車種をなくして「全系列店で全車種販売する」ことを検討しています。

 

4系列の販売チャネルは残しつつ全車種販売となると、ディーラー同士の潰しあいが起きそうですが、トヨタ系ディーラーで働いている人は、どのように思っているのでしょうか?

 

そこで、『全系列、全車種販売に対して、トヨタ系ディーラーで働いている人の生の声』を紹介しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える無料サービス

 

  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスなら、愛車を数十万円以上も高く売れる可能性があり。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

全系列店、全車種販売に対して、トヨタディーラーは本音でどう思っている?

トヨタ系ディーラーは、現在、

 

・トヨタ店

・トヨペット店

・カローラ店

・ネッツ店

 

の4つのチャネル(チャンネル)が存在します。

 

 

チャネルごとに、以下のように専売車種(その系列店でしか購入できない車種)が、存在しています。

 

    • カローラ店専売 :カローラ系(カローラスポーツ、カローラアクシオ、カローラフィールダー)、ノア、パッソ、タウンエース、プロボックスなど
    • トヨタ店専売 :ハイラックス、アリオンなど
    • ネッツ店専売 :ヴィッツ、ヴェルファイア、ヴォクシー、レジアスエース、ライトエースなど
    • トヨペット店専売 :プレミオ、ハリアー、アルファードなど

 

また、プリウスやCH-R、ハイエースのように、全店舗で販売している車種や、複数のチャネルで販売している車種もあります。

 

 

自動車ディーラーは、「トヨタ●●」など、メーカーの名前がついているので、自動車メーカーの営業所(トヨタ自動車の系列会社)と勘違いしている人は多いです。

 

けれど、ディーラーは自動車メーカーの系列会社ではなく、あくまでも地元の企業が、トヨタなどの自動車メーカーと契約して車を売っているんです。

 

※販売チャンネルが複数あるトヨタは、店舗同士を競わせて大幅値引きを引き出すことができます

↓↓↓

トヨタ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すポイント

 

 

また、ディーラーには、販売テリトリー(販売可能地域)が決められているので、むやみやたらに、いろいろなところで営業活動をすることもできないようになっています。

 

※販売テリトリーがあるのは、アフターサービスの関係から

自動車メーカーの新車販売店にはテリトリーがある。値引きに影響することも

 

 

 

トヨタは、2020年半ばまでに、専売車種をなくて、“全系列店でトヨタブランド全車種販売の実施”を進めています。

 

トヨタ系ディーラーは、専売車種があることで、ディーラーごとの潰しあいを避けることができていますが、全チャネルで全車種販売となったら潰しあいが起こるのは必須です。

 

では、実際にトヨタ系ディーラーで働いている人は、どのように思っているのでしょうか?

 

 

カー雑誌『ベストカー』が、トヨタカローラ某店に聞いたところ、メリットとデメリットがあると考えているようなんです。

 

☎もしもし?’20年代の半ばには日本全国のトヨタディーラーで、同じクルマが売られるらしいですけど?

 

☎全車種を売れることはプラス方向に考えています。

 

(中略)ウチでもクラウンやハイエースバンが売れるわけですからね。今まではお客さまから話があっても、近くのトヨタ店を紹介してたわけだから。

 

☎やっぱりクラウン、欲しいですか?

 

☎ウチのお客さまにも法人の社長とかいますので。

(引用元:ベストカー)

 

クラウンは、これまでトヨタ店のみ(東京ではトヨペット店でも販売)で販売されていました。

 

また、ハイエースバンは、トヨペット店の専売車種だったので、他のチャネルでは販売されていませんでした。

 

 

クラウンもハイエースも人気があるクルマなので、売れるようになるのは大きなメリットです。

 

これまで欲しい人がいても、他店を紹介してお客さまを逃していたのが、今後は、自社で販売できるようになるのはうれしいことですよね。

 

 

カローラ店に限らず、他のチャネルでも「このクルマをウチでも売ることができたらなぁ~」と考えていたのが、実際に販売できるようになるというわけなんです。

 

全系列店、全車種販売に対する、トヨタディーラーの本音

 

 

全系列店、全車種販売に対する不安は?

トヨタ全系列店で全車種販売ができることはメリットもありますが、一方で、デメリットや不安もあります。

 

実際にトヨタ系ディーラーで働いている人が感じているデメリットや不安としては、

 

・専売車種が他店で売られることへの抵抗感

・全車種販売が行われた先で、リストラがあるのでは?

 

があるそうなんです。

 

☎逆に不安に思っている点とかはありますか?

 

☎やっぱり社名にもなっているカローラが、ほかでも売られることですよね。スポーツもそうですが、それより売れてないですけどアクシオとかフィールダーが、他店でも売られるのは引っかかります。

 

(中略)今まで専売で売っていたというプライドというか……。

 

(中略)

 

☎クルマそのものではなく、全店で同じクルマを扱う、その後が不安ですよね。

 

☎と、いいますと?

 

全部の店で同じクルマを扱うなら、こんなにお店いらないんですよ。リストラはしないということになっていますが、いずれどうなるかは……。

(引用元:ベストカー)

 

トヨタ系ディーラー(販売店)の数は、日本国内だけで約5000店舗あるといわれています。

 

日本は47都道府県なので、一つの県(都、府、道)あたり約100店舗もトヨタ系ディーラーがある計算です。

 

全店舗で同じ車種が売られるなら、こんなにたくさんのディーラーはいらないですよね。

 

全車種販売が行われた結果、弱小ディーラーは潰れてしまう……という可能性は十分あり得ます。

 

トヨタ自動車としては、弱小ディーラーを潰して再編することまで考えているのかもしれませんね。

全系列店、全車種販売に対する、トヨタディーラー営業マンの不安

トヨタディーラーの再編の可能性は?系列店の統合はあり得る?

今回、トヨタ自動車が全系列店で全車種販売をできるように検討しているというニュースが出ると、「ディーラーの再編や統合が行われるのでは?」という報道がたくさんでました。

 

けれど、再編や統合は、ちょっと先走った考えです。

 

 

というのも、先ほどもお話ししましたが、ディーラーはトヨタ自動車の営業所ではなく、地元の企業がトヨタと販売契約をしてクルマを売っています。(地場資本系といいます)

 

トヨタ自動車とトヨタ系ディーラーは、何の資本関係もないので、いきなり「チャネル統合するからよろしくね」とはいかないんです。

 

再編や統合するとしても、かなりの時間と労力を必要とするんです。

 

そのため、今のところトヨタ系ディーラーの現場は、再編や統合は実現性が低いと考えているようなんです。

 

 

 

トヨタで全車種販売が行われるようになると、トヨタディーラー同士で値引き競争が行われるのは必須です。

 

たとえば、C-HRを購入しようと考えたとき、最も値引きを引き出すことができるのが、ディーラー同士を競合させること(同士競合といいます)です。

 

同じ車種の見積もりを異なるディーラーで取るとなると、車は同じなので値引きでしか差を出すしかありません。

 

ネッツ店、カローラ店、トヨタ店、トヨペット店でそれぞれC-HRの見積もりをとり、比較することで、大幅値引きを引き出すことができるんです。

 

 

全系列店で全車種販売が行われた場合にどうなるかと予想すると、

 

1.トヨタディーラー同士で値引き競争が行われる

 

2.値引きが荒れる

 

3.トヨタ系ディーラー同士で潰しあいが起こる

 

4.弱小ディーラーがつぶれたり、疲弊したりする

 

5.トヨタ自動車の影響力が上がり、トヨタ系ディーラーの再編や統合が行われる

 

となる可能性があるんです。

 

 

2020年半ばまでにトヨタ全系列店で全車種販売が行われるといっても、今すぐ再編や統合が行われることはないと考えられます。

 

けれど、長い目で見ると、統合が行われて、チャネル廃止となる可能性も考えられるんです。

 

トヨタディーラーの再編や統合

 

各自動車メーカーの販売チャネルの歴史

トヨタ系ディーラーの販売チャネルの歴史

トヨタは、最初は「トヨタ店」で新車の販売を行ってきました。

 

 

1960年代に入り、高度経済成長期に入ると車がたくさん売れるようになり、トヨタ店だけでは対応しきれなくなりました。

 

そこで1956年に「トヨペット店」が登場し、1961年に「パブリカ店」が加わりました。

 

1967年に「トヨタオート店」が登場して、1969年にパプリカ店を「カローラ店」に名称変更が行われました。

 

この時点で、4チャネル体制となりました。

 

 

1980年に「トヨタビスタ店」が登場して、5チャネル体制となりました。

 

 

1998年にトヨタオート店は「トヨタネッツ店」に名前が変わり、2004年にビスタ店をトヨタネッツ店に吸収して、「ネッツ店」となりました。

 

2004年に販売チャネルの再編が行われて、トヨタは4チャネル体制となったんです。

 

そして、2005年にプレミアムカーを扱う「レクサス店」を日本でも展開して、今のようになりました。

 

トヨタ系ディーラーの販売チャネルの歴史

 

 

日産系ディーラーの販売チャネルの歴史

日産は、最初は「日産店」で新車を販売していました。

 

その後、日産は、

 

・セドリックやシーマなどを扱う「モーター店」を1956年に設立

・サニーなどを扱う「サニー店」を1966年に設立。その後「サティオ店」に名称変更

・プリンス車などを扱う「プリンス店」を1966年に設立

・パルサーなどを扱う「チェリー」を1970年に設立

 

と、立て続けに販売チャネルを増やしていきました。

 

 

けれど、経営が悪化したため、1999年に販売チャネルの再編が行われ、

 

    • 日産店とモーター店を「ブルーステージ」
    • サティオ店、プリンス店、チェリー店を「レッドステージ」

 

に統合しました。

(地方では、レッド&ブルーステージも登場)

 

 

レッドステージ、ブルーステージの統合も長くは続かず、2005年にステージ制は廃止されて、今のように全日産店で全車種買えるようになりました。

 

ただし、GT-Rだけは、日産ハイパフォーマンスセンターで販売されています。

 

 

ちなみに日産は、全車種販売が行われていますが、

 

・日産店

・サティオ店

・プリンス店

 

は、今でも残っています。

 

なので、日産店、サティオ店、プリンス店の同士競合を行うことができるんですよ。

 

※日産社を買うときは、同士競合で大幅値引きを引き出そう

セレナの限界値引き相場。新車を安く買う10のポイント

 

日産系ディーラーの販売チャネルの歴史

 

ホンダ系ディーラーの販売チャネルの歴史

ホンダは、最初は「ホンダ販売店」で新車を販売していました。

 

1978年に「ベルノ店」を設立して、1984年に「クリオ店」、1985年に「プリモ店」を設立して、3チャネル体制になりました。

 

 

2006年に統合が行われて、ホンダディーラーはすべて「ホンダカーズ」となり、今のように全車種取り扱いとなりました。

 

ホンダ系ディーラーの販売チャネルの歴史

 

マツダ系ディーラーの販売チャネルの歴史

マツダは、当初「マツダ店」と「マツダオート店」で新車を販売していました。

 

1980年代後半になると、トヨタと張り合って、

 

・1982年に「オートラマ店」を設立(フォード車を販売していました)

・1989年に「ユーノス店」、「オートザム店」を設立

・1991年にマツダオートを「アンフィニ店」に名称変更

 

と、立て続けに販売チャネルを増やしました。

 

 

1996年にアンフィニ店とユーノス店が統合されて「マツダアンフィニ店」となりました。

 

また、オートラマ店は、1994年に「フォード店」に名称が変わり、1999年にマツダが持っていたフォード株をフォードが買取り、マツダのフォード車販売は終了しました。

 

2001年にはオートザム店を「マツダオートザム店」に名称変更が行われました。

 

 

マツダは、1980年後半に販売チャネルを増やしましたが、その後、バブルがはじけて販売が大幅減少。

 

倒産危機に瀕したため、上記のようにチャネルを統合&整理し、2004年に全系列店で全車種販売となりました。

 

マツダ系ディーラーの販売チャネルの歴史

 

 

三菱系ディーラーの販売チャネルの歴史

三菱自動車は、当初はオート三輪やスクーターを販売していた「新菱系」と「菱和系」がありました。

 

1970年後半に新菱系と菱和系が「ギャラン店」になり、1978年にミラージュなどを取り扱う「カープラザ店」が登場して、2チャネル体制となりました。

 

 

2003年に統合が行われて、すべての三菱ディーラーは「ミツビシモータース」になりました。

 

ミツビシ系ディーラーの販売チャネルの歴史

 

スズキ系ディーラーの販売チャネルの歴史

スズキは当初「スズライト販売店」と「スズキ二輪販売店」がありました。

 

その後、スズライト販売店とスズキ二輪販売店は、「スズキ店」に統合されました。

 

 

1983年にスズキは、小型車を専門で販売する「カルタス店」を設立しました。

 

けれど、小型車だけでは採算が取れないということで、2000年に中古車や普通車を取り扱う「アリーナ店」に再編しました。

 

 

スズキディーラーは、軽自動車を専門で扱うのが「スズキ店」、普通車を専門で扱うのが「アリーナ店」となっていますが、どちらでも軽自動車と普通車を取り扱っているので、実質的には区分はありません。

 

スズキ系ディーラーの販売チャネルの歴史

 

 

まとめ

トヨタ系ディーラー全チャネルで全車種販売は、メリットもデメリットもあります。

 

日本国内の新車販売は年々減少しているので、トヨタ自動車としてもディーラーを整理したいと考えているのかもしれません。

 

いまのところ、ディーラーではリストラはしないといわれているようですが、ディーラーそのものがなくなってしまう(潰れてしまう)となったら……。

 

全店舗で全車種販売は、今後のトヨタ自動車やトヨタ系ディーラーを大きく左右することになりそうですね。

 

車買取査定サービス ランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。査定額を競合させて、愛車を高く売りたい人にピッタリのサービスです。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

・電話は1社からだけ

・査定もたった1回だけ

・個人情報を開示するのも1社だけ

・お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心

 

という、オークション形式の車買取査定サービスです。全国の5,000社以上の車屋が競って入札するので、あなたの車が高く売れる可能性大です。ただし、最低落札価格以上の入札があった場合は、必ず売る必要があります。

 

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ