下取り車は最後まで持っていよう。早々と車買取店に売ると損します

新車を購入するときは、だれでも「できるだけ安く購入したい」と思いますよね。

 

最近は、車両本体値引きが拡大しにくくなっているので、商談での値引き交渉では、

 

・車両本体値引き

・用品値引き

・下取り査定の上乗せ

 

の3つをバランスよく引き出すのがポイントになります。

 

なかでも「下取り査定の上乗せ」は、値引き交渉での重要なポジションを占めているんです。

 

 

下取り車の扱いを間違えてしまうと、値引き商談で大きく損をしてしまうことも。

 

そこで、『下取り車の扱いに注意。下取り車は、商談の最後まで手元に置いておこう』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

車の買い取り査定サービス UcarPac

最近は、下取り査定額と買取り額に大きな差はない

昔は、新しい車に乗り換えるとき、今乗っている車は下取りに出すのが当たり前でしたね。

 

しかし、車買取り専門店が登場すると、車買取店に出すケースが多くなりました。

 

 

ディーラーの下取り査定は車両の残存価値のみを判断基準としてるので、年式が古かったり、10万km以上走っていたりすると、査定額はほぼ0円で「ただ引き取ってもらうだけ」という事がよくありました。

 

しかし、車買取り専門店は、中古車市場での人気やそれに伴う相場の動きなどで値付けを行っていたため、低年式車でも高額で買取りしてくれるんです。

 

10年落ちの車でも、人気車だと査定額が50万円を超えることも多いんですよ。

 

 

 

ただ最近は、新車販売店の査定方法も、車買取り専門店と同じようになってきてました。

 

ディーラの下取り査定も、中古車市場の動向なども加味して、査定額が算出されるようになってきたんです。

 

それにより、車買取り専門店の魅力は、薄まってきているんです。

 

 

しかも、車買取り専門店は、一発提示で好条件を提示してきますが、すぐに売却しなければならないケースも多いです。

 

ディーラーの下取り査定は、新車の購入と下取りが一緒になっています。

 

下取が決まっても、新車が納車されるまで乗り続けることができるのも、メリットですよね。

 

 

 

さらに、下取り車は、値引き交渉でのキーアイテムでもあります。

 

下取り査定額は、値引き条件への対応のため、新車の商談が進むにつれてジワリジワリと上がっていきます。

 

なので、商談の最終局面まで、下取り車は手元に置いておく方がいいんです。

 

 

 

とはいっても、車買取店の幸を受けずに、下取り査定額だけ受けると、大きく損をしてしまいます。

 

この後お話ししますが、下取り査定を受けた後に提示される価格は、「あいさつ程度の低い価格」なんですよ。

 

 

新車販売店で最初に提示される下取り査定は、あいさつ程度の低い価格

最近の下取り査定は、中古車としての再販価値を加味して査定が行われるため、傷などの現車チェックは厳しくなっています。

 

 

現役の営業マンによると、初回の下取り査定はかなり厳しくチェックしているんです。

 

「下取り車を引き取った後の、会社による再査定は以前より厳格で、商談時の査定額と再査定額の差額の開き方次第では、営業マンにペナルティが与えられることもあります。そのため初回査定を厳格に行って、これを底値として、そこから商談の状況に応じて会社の判断を仰ぎながらアップしていきます

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、初回に提示される下取り査定は、底値(一番低い値段)なんです。

 

 

下取り査定額の上乗せは、ある意味「値引きアップの調節弁」としての役割があります。

 

そのため、商談の初回に営業マンは、必ず下取り車の有無を確認します。

 

下取り車が有る場合と無い場合では、値引き拡大に大きく違いがでるんですよ。

 

 

なので、初回商談のときに「場合によっては車買取り専門店に売却しようと思っています」などと伝えてしまうと、“下取り車なしの商談”とされてしまうことがあります。

 

こうなると、値引きアップのスピードを緩めて様子を見られてしまう可能性があり、値引き拡大が期待できなくなっちゃうんです。

 

車買取り専門店で提示された価格などは、商談の中盤まで伏せておくほうがいいんですよ。

 

 

 

また、下取り査定を受けるだけでは、高く売ることはできません。

 

愛車を高く売りたいなら、ディーラーの下取り査定を受ける前に、

 

1.車買取一括査定を利用する

 

2.車買取店を競わせる

 

3.車買取店での最も高い査定額を引き出す

 

をするんです。

 

そのあとに、ディーラーの下取り査定を受けて、

 

4.ディーラーの下取り査定額と、車買取店の最も高い査定額を競わせる

 

をすれば、もっともたかく愛車を売ることができます。

 

 

最終的に、新車購入商談で下取り査定額のアップが伸び悩むようなら、その時点で車買取り専門店へ売却するのがおすすめですよ。

 

 

 

SUVやミニバンは、海外バイヤーが高額で買い取ってくれることがある

ディーラーの下取り査定も市場価格を考慮してきているといっても、やはり車買取り専門店のほうが、高額な買取り査定が提示されることもよくあります。

 

とくに、SUVやミニバン、コンパクトカーなどは、海外バイヤーが注目している車種なので、想定外の値が付くことがよくあるんです。

 

 

ただし、海外バイヤーの移り気は早いので、自分の車は人気車だと過信していると早々に値落ちしてしまうことも。

 

新車を購入すると決めたら、車買取店の査定を受けてリアルな相場の動きを確認して、下取りに出すか買取りに出すかを判断してくださいね。

 

 

新車への乗り換えは、下取り車の車検有効期限が半年以上あること

下取り査定では、車検の残存有効期限も加点の対象になっています。

 

新車販売店の営業マンは、ディーラーの駐車場にお客の車が入ったときに、誘導しながら次期車検到来月などをチェックしているんです。

 

 

 

実は、営業マンによっては、納車前に車検がきれる客を、敬遠することもあるんです。

 

納車前に下取り車の車検有効期限が来てしまう場合は、検査ラインを通すだけの車検を通して、納車まで乗り続けてもらうなど面倒が多いからなんです。

 

 

新車は、納車までに時間がかかることが多いですよね。

 

そのため、車検期限は半年くらい残っている状態で商談するほうが、値引きが拡大しやすいんです。

 

 

 

ちなみに、車検が間近になったからとバタバタとあわてて新車へ代替えをしても、良い買い物にならないことも多いです。

 

車検が近い状況で乗り換えを考える場合は、新車代替えの延命策として、できるだけ安く車検を受けるのがおすすめです。

 

仮に商談中なら、「とりあえず車検だけ取る」と伝えれば、商談している営業マンが、安く引き受けてくれることも期待できますよ。

 

 

このように、新車購入時の下取り車はとても重要な存在です。

 

商談の最終局面まで手元において様子を見てくださいね。

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:4.5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)だけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

運営会社見積可能業者数提携買取店数
ユーカーパック(株)オークション形式全国2000社以上

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社見積可能業者数提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル最大10社全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社見積可能業者数提携買取店数
(株)ウェブクルー最大10社全国200社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ