警察の交通取り締まり事情。覆面パトカーは動きなどに特徴がある

高速道路の覆面パトカーやネズミ取りなど、警察の交通取り締まりに捕まった人は少なくありません。

 

交通取り締まりをやっているところを見ると、「なんでこんなところでやってるんだろう」と思うこともありますよね。

 

このように、いろいろ分からないことだらけの警察の交通取り締まり事情ですが、実は、覆面パトカーなどは少し観察するだけで分かるそうなんです。

 

そこで、『警察の交通取り締まり事情』について、カー雑誌「ベストカー」が特集していましたので紹介しますね。

 

ちなみに、覆面パトカーなどの判別ができるようになっても、スピードの出しすぎはしないで安全運転を心がけてくださいね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

覆面パトカーは、観察すれば特徴が見えてくる

高速道路にも、一般道にも、覆面パトカーが走っています。

 

普通に走っていても覆面パトカーかどうかは分かりませんが、慣れてくると雰囲気で分かるようになるそうなんです。

 

 

まず、全国くまなく配備されているのは、クラウンの覆面パトカーです。

 

クラウンを見かけたら、すべて覆面パトカーと思っておけばいいほど配備されています。

 

 

特徴としては、まず、自分がいる場所の『管轄ナンバー』を意識することです。

 

都内を走っているのに(千葉県の)習志野ナンバーのクラウンだったり、埼玉県熊谷あたりで練馬ナンバーのクラウンなど、管轄外のクラウンは覆面パトカーから除外してもOKです。

 

 

また、警視庁と神奈川県警の覆面パトカーは、基本的にヘルメットを着用しています。

 

というのも少し前に、覆面パトカーが、高速道路の路肩で違反処理をしているときに、後続車が突っ込んできたという事故があったからなんです。

 

他の県警は、白黒パトのときはヘルメットをかぶっていますが、覆面パトカーのときは脱いでいます。

 

交機(交通機動隊)の青い制服も目立つので、ジャンパーなどを羽織っていることもあるんです。

 

 

昔は、交機や高速隊といえば男性が多かったですが、今は若い女性隊員も増えてきているんですよ。

 

 

高速道路の覆面パトカーは、動きとナンバーで判別できる!?

覆面パトカーには、外見的な特徴だけでなく、走行中の動きにも特徴があるんです。

 

走り方に特徴があるんです。高速道路であれば、基本的には左寄りの車線を制限速度をちょっと下回る速度で流しています。遅いトラックなどを抜く場合、しっかりと3秒ウィンカーを点滅させて安全確認をするとスパッと車線変更抜き去ると再びキビキビした動きで元の車線に戻っていきます。普通のドライバーでこんな基本に忠実な運転をする人はまずいません。

(引用元:ベストカー)

 

このように、高速道路を走っている覆面パトカーは、走りにも特徴があるんです。

 

地元ナンバーや隣接県ナンバーで基本に忠実な走りをしているクラウンを見たら、覆面パトカーと判断した方がいいんです。

 

 

また、高速道路の覆面パトカーは、隣接県も管轄に入っています。

 

例えば、埼玉県にある関越道の本庄児玉以北ならば、群馬県警のパトカーも入ってきます。

 

東名高速道路の大井松田から御殿場の間なら、神奈川県警と静岡県警が共同で管轄しています。

 

なので、昔から「パトカーに追いかけられても、県境を越えれば逃げ切れる」といわれていますが、これは都市伝説で、ずっと追いかけられるんです。

 

違反を確認した地点が管轄内なら、検挙する場所は他府県でも問題ないからです。

 

 

ただ最近は、追いかけられた車が無謀運転しないように、深追いしない傾向になっています。

 

パトカーの前後に動画撮影のカメラが搭載されているので、それで証拠画像を撮影し、後でナンバーから所有者を割り出して検挙するんです。

 

 

警察の交通取り締まりには、“ノルマ”がある

クラウン以外にも、覆面パトカーの車種はあります。

 

全国的にマークXの覆面パトカーの配備が進んでいて、大阪府警にはステージアやレガシィツーリングワゴン、埼玉県警にはR33GT-RやR34GT-Rなどが配備されています。

 

さらに、最近は、シルバーのハイエースで交通取り締まりや、アリオンの覆面で取り締まりを警視庁が始めたんです。

 

 

では、警察の交通取り締まりには、“ノルマ”があるのでしょうか?

 

ウメキ 月間目標は掲げられていますね。取り締まりの内容でポイントみたいなのがあって、月初にガーと取り締まり件数を上げる人もいれば、月末になって慌てて追い込みをかける人もいます。

 

鵜飼 そんな時は小さな違反でもバシバシ取り締まるんだな!?

 

ウメキ 交機隊員にはそれぞれの『狩場』があってそこに出かけていきますね。交機の白バイと所割交通課の白バイが相次いで同じ『狩場』で取り締まりをしている場面などよく見かけます。

 

鵜飼 やっぱり捕まえやすい場所はあるんだな。

 

ウメキ 好意的にいえば「違反を犯しやすく、交通上危険な場所」だから警戒の意味もあり取り締まりに出る、ともいえますが、本当に危険な場所であれば事故防止のために交通整理などをするべきですよね。

(引用元:ベストカー)

 

このように、警察の交通取り締まりにはノルマがあり、捕まえやすい『狩場』もあるんです。

 

狩場は、違反を犯しやすいところや、交通上危険な場所なので、そのような場所では安全運転をしてくださいね。

 

また、狩場以外にも、車を運転するときは、事故を起こさないように気をつけて運転してくださいね。

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ