未使用中古車は得なの?デメリットは?最近はニュータイプ中古車も登場

近年は、未使用中古車の存在が当たり前になっていて、中古車のチラシなどにもよく掲載されるようになりました。

 

「未使用中古車だけを販売する専業店」も多くなってきました。

 

 

一方で、「そもそも、未使用なのに中古車なの?新車なの?中古車なの?」と不思議に思う人もいますよね。

 

そこで、『未使用中古車ってどんな中古車?新車よりお得なの?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

未使用中古車とは? 未使用中古車が生み出される理由

未使用中古車とは、その名の通り「使用されていない中古車」のことです。

 

 

昔は“新古車”といわれていました。

 

けれど、「新古車」という表現がユーザーに誤解を与えてしまうということで、今は使用が禁止され、代わりに「未使用中古車」が使われるようになったんです。

 

未使用中古車と呼ばれるようになった当初は、「新古車=未使用中古車」ということがユーザーに浸透していなかったため、「胡散臭い中古車」「あやしい中古車」と思う人が多かったんですよ。

 

 

未使用中古車は、メーカーの都合で生み出される

新古車と呼ばれていた時代は、ナンバー登録が終わった新車を何らかの理由によってキャンセルとなったものや、販売店がオーダーミスしてしまったものなどが新古車として販売されていました。

 

一方、今の未使用中古車は、販売店がストックしている問題もない在庫車を、自社名義で登録(軽自動車は届け出)を行い、その後、中古車市場に流通させたものが多くなっているんです。

 

 

では、なぜ新車販売店は、何の問題もない車を未使用中古車にするのでしょうか?

 

それは、

 

    • 販売実績の上乗せ
    • 生産工場の工場稼働率維持

 

を狙っているからなんです。

 

 

軽自動車は諸経費の負担が軽いことや車庫証明が不要(必要なところでも後から申請すればいい)なことから、未使用中古車とすることが一般化しています。

 

N-BOX(ホンダ)やスペーシア(スズキ)、タント(ダイハツ)などの販売ランキング上位の軽自動車は、日々販売競争を繰り広げています。

 

そのような中で、「販売実績NO.1」や「売れ筋モデル」などのフレーズは、販促効果が高くなるため、新車販売店は自社登録を行って販売実績の上乗せを行っているんです。

 

 

また、自動車メーカーの生産工場は、稼働率維持のために見込み生産を繰り返していいます。

 

この見込み生産で作られた車が在庫となって、未使用中古車として流通されることもあるんです。

 

 

さらに最近は、軽自動車だけでなく、コンパクトカーやミニバンでも未使用中古車の存在が目立ってきています。

 

一部の人気車種以外は新車の在庫が多すぎる傾向になっていて、放っておけば在庫が増えるばかりなので、在庫処分の意味合いからも未使用中古車の発生が増えているんです。

未使用中古車は、メーカーの都合で生み出される

未使用中古車は、しばらく寝かせてから市場に流されます

未使用中古車は、自社登録してからすぐには中古車市場にださず、数ヵ月たってから中古車市場に流通させるのが特徴です。

 

 

最近は、軽自動車でも「利益が出ているの?」と思うような値引き額が、新車の商談で提示されます。

 

なので、ナンバー登録をしてからすぐに未使用中古車を中古車展示場に並べても、値引き額や用品の特典次第では、新車で購入したほうが買い得感が高くなってしまうため、未使用中古車を購入するメリットが少なくなってしまいます。

 

そこで短くても半年間ほど寝かせることで、減価償却が進んで未使用中古車の価格が安くなるので、新車を購入するときよりお買い得感が高くなるというわけなんです。

 

 

 

未使用中古車は、

中古車オークションへ出品

中古車専業店や未使用中古車専門店に並ぶ

 

というケースが多いんですが、最近では、メーカー系新車ディーラーの敷地内にある中古車展示場に並ぶケースも増えてきました。

 

スズキやダイハツのディーラーでは、敷地内に中古車の展示場が充実していて、未使用中古車がずらりと並んでいる店舗も多いんですよ。

 

 

また、生産工場近くのディーラーが、自社登録車の管理などを一手に引き受けるケースもあります。

 

管理を引き受けたディーラーは、全国のディーラーへナンバープレートの取得を割り振り、工場出荷の時点で出荷車両にナンバープレートと名義変更関連の書類を積み、未使用中古車として配送するんです。

 

工場集荷の時点から未使用中古車になっているなんて驚きですよね。

 

 

 

ちなみに、未使用中古車の販売は、日本車よりも輸入車のほうが積極的に行われています。

 

輸入車は、海外の生産工場から日本に出荷するときには、売れ筋モデルを中心として車両を出荷していて、人気の高いボディカラーやグレードはすぐ売れます。

 

ただ、売りにくいボディカラーや、オプションてんこ盛りで価格が高い売れにくいモデルもあります。

 

この不人気モデルが、長期在庫化する前に自社登録を行い、お買得感の高い未使用中古車として店頭に並べ販売するんですよ。

 

※輸入車を安く買いたいなら、未使用中古車もチェックしよう

⇒輸入車も商談で大幅値引きを獲得できる。狙い目とは?

未使用中古車は、しばらく寝かせてから市場に流されます

未使用中古車を選ぶメリットは楽

未使用中古車を購入するメリットは、

 

    • 値引き交渉など煩わしい商談を行わなくても、お買い得な価格で購入できる
    • 中古車や未使用中古車専業店なら、各メーカーの展示車を一ヵ所で見比べることができる
    • 納車が早い


ことです。

 

 

 

一方、未使用中古車にはメリットだけでなく、購入時の注意点もあります。

 

それは、専業店で未使用中古車を購入するとき、新車購入時にはない“不透明な諸経費”がかかる場合があることです。

 

 

未使用中古車は、購入後にメーカー系ディーラーで車両チェックを行い、問題がないことを確認してから、メーカー保証の移譲手続きを行います。

 

この手続きの代行費用が、販売店によってかなり差があるんです。

 

また、販売店によっては「週末納車費用」と称し、土曜日や日曜日などの繁忙日の納車は、引き取りに行っても特別な諸経費を徴収されることがあります。

 

 

未使用中古車の販売利益は少なく限られているため、諸費用が儲けのひとつになっています。

 

「諸費用がどれくらいかかるのか」という点を契約前にきちんと確認してくださいね。

 

 

未使用中古車を購入するときは、

 

    • 未使用中古車の見積もり
    • 新車の見積もり

 

両方を取得して総額の価格を比較すると、お得かどうか判断することができます。

 

 

ほかにも、未使用中古車は半年間ほど寝かしてから、中古車販売店に並ぶので、その間に改良が行われ、同じ現行型でも装備に差が出ることがあるので注意してください。

 

 

未使用中古車のメリット&デメリット

 

 

メリット

◎専業店なら多くのメーカー車が一堂に会する

◎面倒な値引き交渉なしでそこそこに買い得

◎名義変更だけとなるので納車も早め

 

デメリット

●現行型でも改良前だったりするので注意

●専業店では意味不明な諸費用に要注意

●業者間で価格設定の開きが大きいときがある

(引用元:CARトップ)

未使用中古車を買うときは、新車と見積もりを比較させよう

最近は、ちょっとだけ使用した中古車も登場

近年、新車の販売値引きが拡大傾向にあり、未使用中古車のお買い得感が以前より薄くなってきています。

 

年度末などの増販期に、新車販売店で用品無料サービスなどのキャンペーンが行われれば、新車を購入した方がお買い得になることもよくある話なんです。

 

 

そこで、目立ってきているのが「ちょっと使用中古車」です。

 

ちょっと使用中古車とは、ディーラーが試乗車や代車などで、半年間ほど社用車として使ってから中古車として販売するものです。

 

 

試乗車や代車として使用しているときは、セールスマンもむやみに使用することはないので走行距離も数千kmですし、社用車として使用したぶん未使用中古車より割安になるためお買い得感が高くなります。

 

未使用中古車は、もともと半年間寝かせてから販売するので、その寝かせる期間を有効活用する目的もあるんですよ。

 

 

 

また、レンタカーやカーシェアリングなどで、少し使用してから中古車として販売するケースも目立ってきています。

 

レンタカーの場合は、1シーズンだけ観光地などで使用し、その後、中古車として販売します。

 

たとえば、夏のシーズンに北海道で夏用のFF車を多数レンタカーとして使用し、雪が降り始めるころ北海道から引き揚げて本州で販売するんです。

 

 

カーシェアリングは、近年、競争が激しくなっていて、長期間同じ車だけを使っていると、利用者が不満になって別のシェアリング会社へ乗り換えられてしまうことがあります。

 

そこで、短期間で車両を入れ替えている会社も多くなっています。

 

入れ替えた車を、中古車として売るというわけなんです。

 

 

レンタカーやカーシェアリングで使用した車は、不特定多数の人が使用しているとうデメリットがありますが、それを隠さず販売することで、割安感を強調しているのが特徴なんですよ。

 

 

最近は、ちょっとだけ使用した中古車も登場

 

 

新車ディーラーの営業マンが中古車を売る時代に

新車ディーラーの営業マンは、新車を売るのが仕事です。

 

けれど未使用中古車やちょっと使用中古車の存在が大きくなるにつれて、新車ディーラーのセールスマンは、新車の販売だけでなく中古車販売のノルマも課せられるようになりました。

 

そのため、中古車を売ることもあるんです。

 

 

「新車の営業マンが中古車を販売するの?」と疑問に思えますが、中古車販売のノルマは新車販売ほど厳しくないです。

 

お客と新車の商談を進めていて、値引き条件が合わなかったときに中古車を勧める程度で、それほど無理しなくても売れているんだとか。

 

 

 

実は、新車を販売するよりも、中古車を販売するほうが儲かることも多いんです。

 

というのも、新車販売店の営業マンが売る中古車は、店頭で試乗車や代車として短期間使った車両を中古車として販売します。

 

展示車や試乗車は、社用車としてディーラーが買うとき、メーカーからかなり割安な価格で購入できます。

 

メーカーから安く購入した車を、一般の販売価格ベースで中古車価格を設定するので、儲けは新車販売よりはるかに多くなるんです。

 

購入側も試乗車は、管理がかなり厳しいので状態がいい中古車をお得に購入できるメリットがあるんですよ。

新車ディーラーの営業マンは、中古車を売ることも

 

まとめ

このように、現在の中古車市場には、「未使用中古車」と「ちょっと使用中古車」など、いろいろな中古車があります。

 

未使用中古車は、ほどんと使用されていない車なので状態はいいですが、お得じゃない場合もあります。

 

未使用中古車を購入するときは、(購入予定の未使用中古車と同じ車種の)新車の見積もりも取得して、しっかり価格を比較してくださいね。

 

そして、お得かどうかを見極めて、購入を決めてくださいね。

 

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

5000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ