梅雨の日の運転は危険&要注意!事故数は4倍に!コツと対策

雨の日が多くなる梅雨の時期は、交通事故が多発する季節でもあります。

 

雨が降ると視界が悪くなるだけでなく、路面が滑りやすくもなるからです。

 

「雨の日は滑りやすい」ということを忘れて晴天時と同じ運転していると、思わぬ事故につながる可能性もあるんです。

 

そこで、『梅雨時ドライブは事故に注意!気を付けたいポイントと対策』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

雨の日の事故は、晴れの日よりも4倍多くなる

交通事故が最も多い月は、11月から12月の年瀬がピークで、次に3月や10月行楽シーズンに事故はよく起こります。

 

そして、意外にも交通事故が多発する時期が、6月~7月の梅雨時です。

 

6月~7月は、大型連休などが無いにも関わらず、交通事故の件数が多いのは、やはり“雨”が主な原因なんです。

 

 

実際に、首都高速道路の調査による1時間あたりの事故件数は、

 

・雨天の日 4.52件/時間

・晴天の日 1.08件/時間

 

となっています。

 

なんと雨の日は、晴れの日よりも4倍も多く交通事故が起きているんです。

 

 

さらに、雨の日の夜間は視界が悪くなるため、晴天時の約7倍も多く事故が発生しているんですよ。

 

雨の日に多い交通事故パターン

 

  • カーブの手前で急減速してスリップしてしまった
  • 直線だったが水たまりに入った時にバランスを失ってスリップした
  • 追い越しする時に車線変更しながら急加速してスリップした
  • 前方の車両に急接近したのを避けるために、急ブレーキを踏んでスリップ
  • 夜間に照明がない暗い道路の横断歩道のない場所に歩行者がいた
  • 交差点で右折する際、対向直進車がくるのがよく見えなかった
  • 夜間に交差点で右折しようとした時、横断歩道上の歩行者を見落とした

(引用元ベストカー)

 

雨の日の交通事故は、「スリップによる事故」「雨による視界の悪化」が原因となっていることが多いんです。

雨の日は事故が起こりやすいので注意

 

雨の日は視界が悪くなるので、速度を落として走行しよう

梅雨の時期に交通事故が多いのは、「雨による視界の悪化」「スリップによる事故」が主な原因となっています。

 

また、「視界の悪化」「路面の悪化」以外にも、「歩行者や自転車の行動」も事故を起こす要因となっているんです。

 

そこで不要な事故を起こさないために、雨の日の運転の注意点と対策をお話しますね。

 

 

雨の日は視界の悪化に注意する

梅雨の時は、空が曇天となり日中でも薄暗い状態が続くため、視界が悪くなります。

 

しかも、雨が降ると雨粒でさらに視界が悪くなり、周囲の様子も分かりにくくなってしまいます。

 

 

雨水の水滴はワイパーで除去できますが、雨量が多くなって水たまりができると、並走する大型トラックの水はねで、視界が見えなくなってしまうことがあったり、ワイパーの能力を超えるほどの水量になると、ワイパーを動かしていても前が見えなくなったりすることもあるので注意です。

 

 

対策としては、やはり「スピードを落とす」「車間距離を長くあける」を意識して運転することです。

 

 

スピード(速度)を落とせば、狭まった視界の中でも周囲を把握しやすくなりますし、他の車の動きにも対応しやすくなります。

 

また、車間距離を空けることで、前車の水はねを受ける心配もなくなるんです。

 

対向車や大型トラックの水はねは、できるだけ左に避けて回避するほうがいいです。

 

路肩などがなく左に寄れにときは、速度を落としてすれ違うタイミングをズラすのも効果的ですよ。

 

 

また、夜間は、「グレア現象」(対向車と自車のヘッドライトが反射し合って歩行者が見えなくなる現象)などもよく起ります。

 

雨が降ると、路面の雨水にライトの光が乱反射し、センターラインや停止線、横断歩道といった道路標示が見えなくなることもあるんです。

 

ハッと気が付いた時には、「目の前に歩行者が・・・」なんてこともあるので、信号機のない交差点や横断歩道などでは特に注意が必要です。

 

 

「グレア現象」を雨粒で増大させないためには、ウィンドウの油膜をしっかり取り除いておくことが大切ですよ。

 

 

路面悪化に用心する

雨の日の交通事故で、最も多いのが「スリップ事故」です。

 

・速度が高いままカーブに進入

・直線での追い越し時や車線変更時に急加速

・轍の水たまりを走り、ハイドロプレーニング現象が起こる

 

このようなシチュエーションでスリップ事故が多く起こっています。

 

 

スリップ事故は、路面の摩擦係数が減少して起こりやすくなるものです。

 

乾いたアスファルト路面の摩擦係数を1.0とすると、雨天時の摩擦係数は、約半分の0.5~0.4くらいに低下して、非常にスリップしやすくなってしまいます。

 

これは、路面の泥などが雨に濡れて混ざり合ってきて、タイヤと路面との間の摩擦力がなくなってしまうからなんです。

 

ちなみに、雨で濡れたマンホールの蓋や道路工事で使われている鉄板は、氷の上と同じくらい滑りやすくなっているんですよ。

 

 

では、スリップ事故を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

 

スリップ事故を起こさないためには、「走る、曲がる、止まる」に対して、“急”が付くような行動を行わないことです。

 

「急いで走る」「急に曲がる」「急ブレーキをかける」などです。

 

 

いつもより速度を落として、カーブはゆっくり走行し、余裕も持ってブレーキをかけるように心がけることです。

 

また、周囲の交通環境を先読みした「予測運転」をすることも、スリップ事故防止には大切なことなんですよ。

 

 

歩行者や自転車の動きに気を付ける

雨の日、歩行者は傘をさして歩くため周囲が見えにくくなりますし、水たまりを気にして下を向いて歩くので、前方への注意もおろそかになります。

 

また、雨音で車の音も聞こえずらくなってしまうため、車が近づいていることに気が付かず、急に道を飛び出したり、道路を横切ってしまうことがあるんです。

 

 

自転車に乗る人も合羽を着るため、やはり視界が悪くなります。

 

なかには、傘をさして自転車に乗る人もいて、視界が悪くなるだけでなく、片手で運転することになるので不安定にもなってしまうんです。

 

このことからも、雨天時には接触事故が増える傾向にあります。

 

 

雨の日の運転では、ドライバーは、普段よりも歩行者や自転車など周囲に注意はらい、安全運転を心がけてください。

 

速度を十分に落として、「信号があるから横断歩道があるかもしれない」「歩行者が道路を横断するかもしれない」と予測しながら運転を行うことが大切です。

 

 

山道では落石なども発生する

梅雨の時期は、長雨の影響によって地盤が緩むことがあります。

 

山道を走行中、落石によって道路に転がった大きな石に突然遭遇することもありえます。

 

落石などの危険を避けるには、迂回路を選択するか、迂回できないときは自治体が発表する災害情報をチェックしてから出かけるようにしてください。

 

 

また、長雨が続くと大きな水たまりができたり、普段できない場所に水たまりが発生することもあります。

 

車だから大丈夫と思いがちですが、思いのほか深水が深かったり、大きな凹みや溝があったりする可能性もあるので、大きな水たまりはできるだけ避けて通る方がいいです。

 

やむ得ず通る場合は、速度を十分に落としてできる限り端を通過してくださいね。

 

雨の日は視界が悪く、事故が起こりやすいので注意

 

 

ゲリラ豪雨に遭遇したら、無理に走行しないで安全な場所で待機しよう

梅雨が終わって夏が来ると、今度は「ゲリラ豪雨」が発生するようになります。

 

ゲリラ豪雨は、梅雨の長雨とは違って予測するのが難しいため、思わぬ被害に遭ってしまうことがあります。

 

もし、運転中にゲリラ豪雨にあってしまった時、何に気をつければいいかお話しますね。

 

 

アンダーパスに進入しない

鉄道の高架橋の下をくぐる道路(アンダーパス)などは、大雨が急に降ると、排水機能が降水量に追いつかず、道路に大きな水たまりができることがあります。

 

そして、冠水した道路に車が入ってしまうと、車は全く動かなくなってしまうので注意です。

 

 

JAFによる「冠水路走行テスト」では、60cmの水位で多くの車のエンジンが止まってしまい、ドアを開けることも困難になることが確認されています。

 

一般的に車は、ドアの下端までの冠水であれば走行可能とされていますが、車種によって違いがあります。

 

SUVなどの車高が高い車でも、60cmの水位で30km/hで進入すると、エンジンが止まってしまうんです。

 

 

ゲリラ豪雨に遭遇した場合は、アンダーパスのある道路を通らないよう迂回するのが一番の対策です。

 

車だけでなく、ドライバーや同乗者を危険にさらすことになるので注意してくださいね。

 

※冠水した道路に出会ったら、引き返そう

↓↓↓

車で冠水路に出会ったらどうすればいい?どこまで走行できる?

 

※JAFによる冠水路走行テスト(電気系統はどうなる?)

 

 

※JAFによる車が冠水したとき、ドアは開けれるの?テスト

 

 

緊急自動ブレーキが作動しない可能性がある

緊急自動ブレーキは、交通事故を防ぐ安全装備としてとても重要な機能です。

 

しかし、緊急自動ブレーキも完璧な技術ではなく、条件によっては作動しない場合もあるんです。

 

緊急自動ブレーキが利かなくなるときのひとつが「ゲリラ豪雨の時」なんです。

 

 

1時間の雨量は、20mm以上から30mm未満の雨を、「強い雨」「どしゃ降り雨」といい、ワイパーを早くしても前方が見ずらくなるレベルです。

 

雨量が50mm以上は、車の運転が危険な「激しい雨」で、バケツをひっくり返したような降り方のことをいいます。

 

そして、ゲリラ豪雨は、1時間に100mmを超えるほどの雨で、まともに視界を確保できない状態のことなんです。

 

 

まともに視界が確保できな状況では、車はかなりゆっくり走行するしかありませんよね。

 

また、歩行者も濡れないように必死に傘で頭を覆うにして歩くので、お互い前方が見えない状況下にいます。

 

そうなると、信号ない交差点などで接触事故を起こしてしまうなんてことも・・・。

 

最近の車には、衝突事故を未然に防ぐことができる「衝突被害軽減ブレーキ」が搭載されていて、性能が高いものは歩行者も検知してくれるので、豪雨の時でも事故を防いでくれそうです。

 

 

しかし、ゲリラ豪雨などの悪天候の時には、衝突被害軽減ブレーキは役に立たない可能性があるんです。

 

というのも、「ドライバーがまともに前方が見えない状況下では、緊急自動ブレーキのカメラも見えていない」からなんです。

 

国土交通省が製作した動画「衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!」で実証されています。

 

「自動ブレーキが搭載されているから大丈夫」と思ってはいけないんです。

 

 

※衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!の動画

 

 

外れたマンホールに注意。落雷時には車内で過ごす

大雨の排水が追い付かなくなると、道路のマンホールや外溝のふたが外れてしまう事がありますが、冠水した道路では、どこで蓋が取れているかわからないですよね。

 

 

最近では、冠水対策用のマンホールが導入されはじめています。

 

それでも、全てが変更されているわけではないので、冠水時にマンホールが浮き上がって外れてしまう危険があります。

 

万が一蓋が外れたマンホールに、タイヤがはまったら大変な事になるので、安全確保のために水が引くまで立ち入らない方がいいです。

 

 

 

また、ゲリラ豪雨と一緒にやってくるのが「雷」です。

 

車の運転をしているときに、外で雷が鳴ったら車内にいるのが一番安全といわれています。

 

なぜなら、車のボディに落雷しても、車体やタイヤに伝わって地面に逃げるので、車内の人間に伝わることがないからです。

 

雷が発生しそうな積乱雲が見えたり、雷の鳴る音が聞こえたら車内で待機してくださいね。

 

 

※運転中に雷に遭遇したら、車内にいよう

↓↓↓

車を運転中にかみなりに遭遇したら、身を守る安全な方法は?


このように、ゲリラ豪雨の中での運転は、危険なことがたくさんあります。

 

ゲリラ豪雨に遭遇した時は、できるだけ安全な場所に駐車し、雨が小降りになるまで待機してください。

 

また、最近はリアルタイムで見ることができる気象情報もありますので、危険回避のために活用してくださいね。

 

ゲリラ豪雨にあったら、車の運転は要注意

 

 

梅雨時期のお役立ちグッズ4選

梅雨に役立つ最新アイテムを紹介します。

 

グッズをうまく活用して安全なドライブを楽しんでください。

 

 

ツーフィット ラストストッパー(価格:1万7000円~3万円(税抜))

梅雨の時期は、車のボディにサビが発生しやすくなります。

 

ラストストッパーは、バッテリーから断続的に電子をボディに送り込むことで腐食を抑えてくれるものです。

 

電子の力がサビ防止に効果があることは、化学的に証明されていて、地下パイプラインや橋桁などのサビ防止策として長年利用されています。

 

それを応用して車用として開発したのが、ラストストッパーなんです。

 

12V用と24V用があります。

 

 

ソフト99 ガラコブレイヴ(実勢価格:1480円(税込))

雨の水滴を弾くカーメンテナンス用品です。

 

フロントガラスの撥水効果を持たせて、運転中の視界確保をしておくのにおすすめです。

 

ガラコブレイヴは、目に見えない凸凹面に撥水成分がしっかり結合します。

 

乾燥の待ち時間が不要のスピード施工です。

 

フロントガラスはもちろん、ヘッドライトやサイドバイザーなどの透明樹脂パーツにも使用できるんです。

 

 

呉工業 ストーナー・カーケアクリーン&リペル(実勢価格:1300円(税込))

全米NO.1のガラスクリーナーです。

 

油膜や頑固な汚れを素早く取り除きつつ、さらに強力な撥水コートを形成してくれます。

 

拭いた後に、ギラつきや拭きスジがほとんど残らないんです。

 

ガラスクリーナーと撥水コートが一度にできる優れもので、面倒くさがりな人には、とくにおすすめです。

 

 

イチネンケミカルズ クリンビューEX(実勢価格:320円(税込))

外窓、内窓のどちらにも使用できるガラスクリーナーです。

 

油膜などによるギラつきを解消したり、雨水で視界がぼやけたり、対向車のライトが乱反射するのを防いでくれます。

 

くもり止めの効果もあるんです。

 

雨の日に便利な車グッズ

 

 

まとめ

梅雨時期の長雨やゲリラ豪雨を「たかが雨」と思って油断していると、気付いた時には大変な事になっていることもあります。

 

交通事故に遭わないためにも、安全運転に心がけてくださいね。

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ