空力で最終的に目指すところとはどこ?「ゼロリフト」がゴール

目安時間:約 6分

近年、燃費が重視されるようになり、それにともなって“空力”や“Cd値”という言葉も注目を浴び始めました。

 

空力やCd値は、車の燃費だけでなく走行性能にも大きくかかわってきます。

 

そこでこれまでに、空力やCd値についてお話ししました。

 

※空力は車の進化に必要なことです

最近、自動車界で注目の空力とは?燃費や走行性能に大きく関係

 

※Cd値は、数字が小さい方がいいです

Cd値とは何?空気抵抗は、車の速度や前面投影面積も影響します

 

※空力は、車全体で考えることが大切です

空力は車のボディの横や後ろも重要。空気の流れが悪いと抵抗が発生する

 

 

今回は続きとして、『空力で最終的に目指すところとは?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 私の住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

最終的に空力で目指すところは「ゼロリフト」

現状、各自動車メーカーは、かなり高いレベルで空力の解析を行っています。

 

とくに新型プリウスは、セダンの形状ではありえないほど良いCd値(0.24)を達成しています。

 

 

各自動車メーカーは、空力を良くするためにさまざまな技術を駆使していますが、最終的に目指すのはどこなのでしょうか?

 

それは、「ゼロリフト」なんです。

 

最終的に目指すのはゼロリフトだろう。ゼロリフトというのは、以前からレース車両の世界では意識されているもので、その名のとおり、ボディに掛かる力が上下方向で同じという状態。そうなれば走りがよくなるだけでなく、燃費にも有利になる

 

簡単なように思えるけど、基本的に走行時はボディが浮き上がろうとするので、それをエアロなどで押さえつけてバランスを取らなくてはならないので、空力を煮詰める必要がある。1999年のル・マン24時間レースでメルセデス・ベンツが浮き上がる事故があったが、ゼロリフトを実現したとはいえ、路面からの影響でその均衡が崩れたことが原因とされている。

(引用元:CARトップ)

 

このように、空力の目指すところは「ゼロリフト」なのですが、路面からの影響も考えると、かなり難しいんです。

 

 

空力を考える上で、

 

・抗力(ボディを引き戻す力) :車の全面から後ろに向かってかかる抵抗

・揚力(ボディを浮かせる力) :車の下から上にかかる力

・横力(ボディを横向きにする力。サイドフォース)

 

などを考慮する必要があります。

 

抗力だけを小さくすればいいのではなく、これらをバランスよく良くするすることが大切なんです。

 

車の挙動を安定を考えれば、回転軸も関係してくるんですよ。

 

バランスを取りつつ、ゼロリフトを実現するというのが、空力の目指すところなんです。

 

 

ただ、市販車は、そこまでシビアにする必要はないので、ゼロリフトに近いところで充分で、もし実現すれば、走行時の抵抗が大きく減り、燃費や走行性能が良くなるんです。

 

今後、各自動車メーカーが、どこまで実現することができるか楽しみですね。

 

 

空力といえばエアロ…。エアロって効果があるの?

空力といえば、「エアロパーツ」を思い浮かべる人は多いです。

 

では、エアロは、効果があるのでしょうか?

 

 

結論をいえば、純正装備のエアロなら効果があります。

 

純正エアロは、トータルで開発されているので効果があります。

 

一方、社外の後付けエアロは、風洞実験(人工的に風を発生させて、実際の空気の流れを再現・観測する実験)を行っていないので、“そこそこ”効果が期待できるという具合です。

 

 

たとえば、リアスポイラーの効果は大きいのですが、リアスポイラーだけが大きいと、フロントが浮いてしまうこともあるんです。

 

また、トラックのルーフに付いているエアロも効果絶大で、なんと5~8%も燃費が向上するんです。

 

 

このように自動車メーカー純正品は、エアロを含めて開発されているので、効果が期待できます。

 

もちろん、社外エアロは、空力の効果だけでなく、ファッション的なメリットもあるので、つける価値はありますよ。

 

今後、自動車は、どのくらい空力が良くなり、それによりどのような形になっていくのか楽しみですね。

タグ: 

カテゴリ:車のマメ知識 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法
サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ